【薪拾い】斧とノコギリを持って河原をフラつくと怪しいのか試してきた

shizuwaです、こんにちは。

よい天気ですが、今週は残念ながらキャンプはお休み。

そのかわり、いつもの河原に薪拾いに行ってきました。

妻さんと子供も連れて行って協力してもらい、ちょっとした検証が目的なのです。

目次

薪拾いの様子

怪しい・・・のか?

こちらの記事で、「不審者に間違われないか不安」と記した薪拾いですが、今回は妻さんと子供も一緒なので、その心配はありません。

あわせて読みたい
冬の焚き火と薪拾い こんにちは、shizuwaです。 早いもので、もうすぐ師走です。 そう、冬。雪の季節。 雪見だいふくと、そしてやっぱり焚き火ですよね。 【冬の焚き火は格別】 まぁ、焚き...

丁度良い機会なので自身の怪しさを客観的に判断すべく、子供に写真撮影をお願いし、意見を求める事にしました。

場所は、ぼくがよく薪拾いしている河原。隣接して芝生の公園(広場)が広がっています。

あれ、意外と大丈夫じゃね?

心配したほどの怪しさは感じない...気がする。

ちょっと離れれば凶器は分からないかも。

流木へ向かう。

ノコギリは畳んでおけば意外と目立たない。でも斧は、シルエットがもう『斧』だからなぁ。

作業中。うん、大丈夫っぽい。

この後、子供は河原に隣接した公園に向かい、妻さんとボール遊びに興じていました。

そしてぼくは30分くらい、一人で河原をふらふら徘徊しながら薪を集めるのに夢中です。

その姿を公園の方から眺めていた妻さんの意見も、「河原ならそんなに怪しくない」との事。

いや~よかったよかった。「通報されそうだから止めて」なんて言われたらどうしようと思っていましたが、どうやら杞憂に終わったようです。

斧は微妙

ぼくの使っているノコギリは折り畳みです。なので、畳んでおけば目立たず問題ありません。

ですが斧。カタチがもう『斧』って叫んでいるので、公共の場で持って歩くのはちょっと微妙かも。

薪を家に持って帰ってから庭で割れば良いだけなので、斧を持って行くのはやめようかな。

心配なら作業服でカモフラージュ

さて、薪を切るのは結構たいへん。持ち帰れる大きさにするために、何度も何度も、ノコギリの刃を入れます。

帰る頃には腕がプルプル。

「チェーンソー欲しいなぁ」

恐る恐る、妻さんに伺うと、

「作業服を買って着てれば怪しまれないんじゃない」とニコリ。

その手があったか!

で、チェーンソー買っていいの?とは聞けませんでした...。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる