結局、準備がいちばん楽しいのかも知れない説

週末キャンプに出掛けてきます。

そう宣言したところで、反応を返す人は我が家にはいない。

行先すら聞かれない。

別段ぼくに冷たくしている訳ではなく、ほぼ隔週で行っているから「いまさら」といった感じなのだろう。

・・・多分。

黙って行ったところで、ひと晩帰って来なければ

「ああ、キャンプかな」

で済まされそうだ。

それでも一応、行ってくると声をかけるのは「挨拶」の意味合いがひとつと、もうひとつ「食糧事情」がある。

世間一般のお父さんの例にもれず、ぼくもお小遣いが多いほうではないので、キャンプの食事も少なからず家の台所に依存している。

1人で過ごすときくらい好きなものを好きなだけ食べたいけれど、毎回そうも言っていられないのだ。

妻さんにキャンプに行く旨を告げると、冷蔵庫を開け

「アレとアレを持って行って」とか

「コレ食べていいよ」

と提供してくれる。

期限間近の食材を消費するのに、どうやらぼくのキャンプは都合がいいらしい。


蒸し暑い日が続いている。

7月も半ばを過ぎたなら、もう夏と言っていいだろう。

今回はおでんを食べる。

賞味期限はたっぷり残っている。

これは渡されたのではなく、食べたくて自分で買ってきたからだ。

ふと無性に、季節外れのものを食べたくなること、ありますよね。

予想はしてたけど、この時期おでんはなかなか見つからない。店員さんに尋ねると、売り場の片隅にひっそりと置いてあった。

しかし今は袋入りだけで、単品は扱っていないとのこと。

このメンツではちょっと物足りない。

牛すじとか、つくね串とか、肉っ気のあるのも食べたいなぁ。

でも、どれも売っていない。

仕方なく袋入りおでんだけ買って帰り、この残念な気持ちを妻さんに打ち明けると、

「焼き鳥を入れたらどう?」

!!ッ

あなた神か!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる