お蔵入りしてしまった道具 Motomoタープ “ペンタ”シールド

買ってはみたものの、結局使わなくなってしまった道具。

いわゆる、お蔵入り。

沼に足を踏み入れたキャンパーなら、誰しもひとつやふたつ、持っているのではないでしょうか?

Motomoの軽量タープ『”ペンタ”シールド』は、アマゾンでの評価も高いソロ向けのタープです。

スノーピークに同名の商品がありますが、何の関係もないようです。

おいそれと買えるお値段ではない本家(?)と違い、こちらは大変リーズナブル。ときどき品切れになるなど、結構人気があるようです。

その安さと、タープとしては独特の形状が面白そうで、購入してみたのです。

ぼくのタープの使い方は、主にテントの前室です。

小川張りと呼ばれる張り方をしてテントの前部分に屋根を作り、そこでゴロゴロと過ごすのです。

基本ソロがほとんどなものですから、さほど大きなスペースは必要としません。

軽量でコンパクト、焚き火で穴が開いても惜しくないお値段と、まさにこのタープはピッタリでした。

ところが買ってはみたものの、まったく出番がありません。

理由は簡単。

メインで使っていたUST(アルティメイトサバイバルテクノロジー)のヘキサタープが優秀すぎて及ばなかったことと、実物の色が好みではなかったから。

肝心の軽量コンパクトさでもUSTに軍配があがり、形状が面白そうという購入の動機も、色が気に入らない不満を覆すには至りませんでした。

結果、いちども使わずじまい。

アマゾンのお気に入りにいれて、半年以上も吟味していたんだけどなぁ・・・。

結論 用途のカブる協力なライバルがいたうえ、色が好みじゃなくお蔵入り。

いやホント、好みって大事。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる