ソロキャンプは難しくない

1990年代にもキャンプブームがありました。

ただ、今と違ってソロキャンプなんて分野はなく、ファミリーやグループがメインだったと思う。

もちろんお一人様はいたけれど、キャンプ目的というよりは『ツーリングでの宿泊手段のひとつ』みたいな感じじゃなかったかなぁ?

当時のブームを楽しんでいたのは、ぼくよりちょっと上の世代のオヤジたち。

現在は50代、60代が多いかな。

自分の周りにも何人かいて、

「今は一人でやる『ソロキャンプ』っていうのが流行っているんですよ」

なんて話していると、

「そうみたいだねぇ。でも一人なんでしょ?」

と、意外と興味はあるけれど、お一人様な部分にハードルを感じるらしい。

まぁ、当時は仲間とワイワイやるもんだったからね。

でも、そのハードルは心理的なモノ。

ひとり焼き肉や、ひとりカラオケに感じるそれと同じです。

ソロキャンプなんて、『登山みたいに入念な準備しないと危険』って訳でもないし、とりあえずやってみりゃあ楽勝ですよ。

目次

ソロキャンプは簡単

だって、すべてが自分のペースで出来るから。

場所だって自由に決められるし、なに食べても良いし、あっちこっち動き回って目の離せない子供もいない。

好きなだけお酒飲んで、ソロテントですごす夜の解放感たらもう!

ぼくなんて未だに、テント張って焚き火で鍋を煮てビール飲んで、あとは寝る。それだけで楽しいし満足です。

最低限それさえこなせればキャンプはとりあえず形になる。

一人なんだから、上手にカッコよくこなす必要もないしね。

良い意味で適当でOK。

ちゃんとしたキャンプ場なら、常識さえあればたいして危険もない。

だからソロは難しくない。

初心者の場合は道具選びとかちょっと迷うかもしれませんが、ぼく的には、買い替え前提で安いのを揃えればいいと思っています。

今はリーズナブルで使える道具がたくさんありますからね。

などど言って、当のオヤジたちを沼に引きずり込んでやろうか、なんて企んでいるこの頃です。

意外と身近なトコロに、ソロキャン予備軍っているもんだ。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる