長く使える子供用寝袋【コールマン・キッズマミーアジャスタブル/C4】レビュー

子供用の寝袋ってどうしてますか?

ウチの2人の息子には、幼稚園のときに子供用の寝袋を買ってあげました。

選んだのは コールマンの【キッズマミーアジャスタブル/C4】。

大人用で代用しても良かったんですが、 やっぱり自分専用の道具はうれしいものだし、せっかくのキャンプをより楽しんでもらいたく購入しました。

結果、大正解だったと思います。

今回は、7年間お世話になったキッズマミーアジャスタブル/C4のレビューです。

目次

子供に専用寝袋を買ってあげよう

子供の寝袋って大人用で代用はできます。

足先の隙間には、フリースやタオルでも詰めてやればそんなに冷えることもないですしね。

でも、もし子供が「キャンプ楽しい!」って言ってくれるなら、専用の寝袋を用意してあげるのがオススメ。

『体格に合っているほうが良いから』ってのはモチロンなんですが、なによりも、子供が大喜びするからです。

自分専用の道具がうれしいのは、大人も子供も一緒なんですね。

ウチはコールマン【キッズマミーアジャスタブル/C4

ウチが使っていた子供用寝袋は、コールマンの【キッズマミーアジャスタブル/C4】。

これを選んだ理由は

  • 安心のメーカー製
  • 3シーズン使える
  • アジャスタブル機能(全長調整)で成長しても使える

の3点。

コールマンだけあり、安心感のあるしっかりした造り。

マミー型なので暖かく、肌寒い季節でも対応可能。子供用としては寒さに強い寝袋です。

暖かい時期はどうにでもなるので、寒さを基準に選ぶほうが安心です。

顔周りのドローコードも飾りではなく、ちゃんと機能しますよ。

全長を2段階に調整できるので、長く使っていけるのも特徴です。

個人的な感想ですが、身長155cmくらいまでが快適に眠れる範囲だと思います。

幼稚園~小学校卒業くらいまではじゅうぶん使っていけるでしょう。

160cmまでいくとちょっとキツいかな。

ちなみに、小学校6年生の2021年度の平均身長は【男子145.2cm・女子146.6cm】です

キッズマミーアジャスタブル/C4 レビュー

  • サイズ : 約140/170×65cm
  • 収納時サイズ : 約直径24×37cm
  • 重量 : 約1.25kg
  • 材質 : 表地/ポリエステル、裏地/ポリエステル、中綿/ポリエステル
  • 使用可能温度 : -1度以上
  • 快適温度 : 4度
  • 付属品 : イージーキャリーケース
  • 仕様 : 洗濯機丸洗い
  • 対象者 : 小学生用サイズ

カラーはオレンジとネイビーの2色。

内側はナホバっぽい柄になっていて、ちびっ子のキャンプテンションを上げる効果があります(我が家調べ)。

生地は丈夫なポリエステルで、サラサラとして気持ち良い手触り。

パフォーマーなど、他のコールマンの寝袋と同じような触り心地です。

暖かさ

3シーズン用の寝袋で、快適温度は4度。

マミー型ということもあり、子供用としては暖かい寝袋です。

顔周りのドローコードもしっかりと機能するので、肌寒い春や秋でも大丈夫。

でも4度はちょっと無理かな。

ウチの場合、この寝袋単体で快適に眠れたのは、気温12~3度くらいまででした。上に毛布などを掛けて8~9度。

もちろん、装備や服装・個人差がありますので、あくまで目安ですけどね。

ファスナーの裏には、冷気の侵入を防ぐドラフトチューブがついています。

足元がガバッと開くので、暑いときは温度調整が可能。

良く出来てます。

アジャスタブル機能が便利

キッズマミーアジャスタブル/C4には、サイズを2段階に調整できるアジャスタブル機能がついており、全長を140cm/170cmに変えることができます。

やり方は簡単で、寝袋の足元を内側に折り込んでファスナーで閉じるだけ。

それぞれの適正身長は、

  • 170cmモードで、だいたい身長155cmくらいまで
  • 140cmモードは足元に折り返した部分が入っているので、110cmくらいでまで

このあたりが、快適に眠れる目安だと感じました。

子供でも使いやすい

キッズマミーアジャスタブル/C4は、子供でも使いやすい工夫がしてあります。

まず、大きくて掴みやすいファスナー。取っ手のコールマンマークがカワイイ!

もちろん寝袋内部にもあります。

動きはスムーズで、とても噛みずらいファスナーです。

ちょっとナンガに似た使い心地。

そのファスナーが寝袋の中心にあるセンタージップタイプ。

子供に言わせると、ファスナーが横にあるより使いやすいそうです。

寝袋のサイドには、折りたたむ用のトグルが2か所ついています。

これを使えば寝袋を半分に折ったままの状態がキープできるので、このあとクルクルと丸めるのがとてもラク。

丸めたあとは、寝袋の足元に縫い付けられているバンドを『パチン』とはめれば出来上がり。

収納袋も口が大きく開くので、簡単に入れられます。

ただ寝袋自体がわりとボリュームがあって、子供が自分で畳めるようになるのは小学生3~4年生くらいからじゃないかな、と思います。

キッズマミーアジャスタブル/C4でぼくがいちばん感心したのは、 収納袋に持ち手が付いていること。

結構大きな寝袋なので、小さな子供が脇に抱えるのは大変。

なんせ子供の胴体くらいのサイズですからね。

でも持ち手が付いているおかげで、持ち運びはラクラク。

地味だけど、「考えられてるな~」って感じたポイントです。

がっちり縫い付けてあるので、振り回しても大丈夫w

まとめ

こんな感じで、 キッズマミーアジャスタブル/C4は子供でも使いやすい工夫が随所に見られる寝袋です。

面白味はないけれどスキのないデキは、さすがコールマンだなって感じ。

そんなに高価でもないし、成長にあわせて使っていけるのでコスパは抜群。

ウチは幼稚園~小学校5年生までお世話になりました。

子供用の寝袋はこの【キッズマミーアジャスタブル/C4】以外使ったことがないから他と比較はできないけど、約7年間使用してなんの不満も出ないくらいには良い製品です。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる