ダイソーのドライバッグ【レジャー用防水バッグ】がキャンプのゴミ入れにイイ!

ダイソーから発売されているドライバック【レジャー用防水バッグ】が、『キャンプでのゴミ箱として丁度いい』という話を聞いて試してみたら、これが確かに使いやすい。

ドライバッグとしてはかなり分厚く硬いのですが、おかげで口を開いたまま自立が出来る。

ちゃんと密封されるので匂いも漏れず、動物対策にもなる。

それでいて、わりと小さく畳めて持ち運びも楽。

さらに悪目立ちしない控えめな見た目と、なかなか優秀なゴミ箱っぷりでした。

目次

ダイソーのドライバッグ

ドライバッグっていうのは、防水機能付きのバッグのこと。

バッグとは言ってもカバンではなく、口をキッチリと締められる収納袋です。

着替えや電子機器のように、濡らしたくないものを入れるのが一般的な使い方。

また、濡れたものを収納して周りまで濡れてしまわないようにする、といった使用法もあります。

雨キャンプの撤収時、ビチャビチャになったテントやタープを入れるのにとても重宝するアイテムです。

ダイソー【レジャー用防水バッグ】

そんな便利アイテムなドライバッグが、ダイソーからも出ています。

それがこの【レジャー用防水バッグ】。

15リットルと3リットルの2サイズ展開です。

15Lは500円商品
折り畳み時の本体部分の実寸サイズは【約52cm×36cm】

3Lは200円商品
折り畳み時の本体部分の実寸サイズは【約33cm×23cm】

使用するときは、口をクルクルと3回くらい折りたたみ、バックルで固定します。

この状態での荷室の実寸は

  • 15L:(約)高さ31cm×直径22cm
  • 3L:(約)高さ20cm×直径14cm

くらいです。


ゴミ箱に良い理由

このダイソーのドライバッグ。キャンプでのゴミ箱として使ってみたら、とても良い具合でした。

その理由はコチラ。

  • 自立する
  • 密閉できる
  • 折り畳める
  • 安い

自立する

開口部を2~3回ほど折り返してやると口を開いたまま自立するので、中にビニール袋をセットすればホラもうゴミ箱!

しかも、あまり生活感のしない色とデザインなので、キャンプサイトで変に主張せずいい感じなのです。

中に石でも入れておけば、風で飛ばされたりもしません。

15Lはゴミ箱として定位置にセット。

3Lはチェアの周りやテント内など、移動に合わせ持ち運んで、ちょっとしたごみ入れとして便利です。

密閉できる

もともとドライバッグなので、口を締めてしまえば密封できます。

そうすれば匂いも漏れないので、夜間など野生動物を引き寄せる心配もなくなります。

テントや車の中に入れておいても匂いが充満することがないので、ゴミのお持ち帰りも安心快適。

折り畳める

薄く折り畳めるので、荷物になりません。

ぼくはバックパックでキャンプに行くことが多いため、荷物になるゴミ箱は持たずビニール袋で済ませていました。

手軽だしそのまま捨てられるし、それはそれで良いんですが、気分が最高に盛り下がるんですよねぇ、アレ。

ビニール袋の欠点です。

その点、ダイソーのドライバッグはコンパクトに畳めるので、バックパックでも持って行けるのがとてもイイ!

厚みがあるのでビニール袋よりは嵩張りますが、それでもまだまだ許容範囲。

多少荷物になることよりも、ゴミ箱のある快適性のほうが勝ち!

安い

大事ですよね、お値段。

同じサイズのアウトドアメーカー製ドライバッグだと、普通1000円以上はするものです。

そんな値段のもの、ちょっとゴミ箱に使おうとは思わない。

ダイソーなら、汚れようが破けようが気にならないのは大きな利点。

まとめ

100均のアウトドアグッズは、最初1~2回使って、あとは結局お蔵入りになるパターンが多いです。ぼくの場合。

いろいろ買っているけれど、ずっと使っているのはほんの一握り。

このドライバッグは、その一握りに入りそうな気がしています。

というのも、本来のドライバッグとして考えたら、安いけれどそのぶん分厚く硬いので使い勝手は悪いです。

まぁ『何を入れるか?』にもよりますが、ぼくだったら多少高くてもメーカー製を選びます。

ところがゴミ箱として使うなら、ダイソーのドライバッグはすごくちょうどイイ。

メーカー品は生地が薄く、自立なんて出来ませんからね。

要は、ゴミ箱としての使用ならば、ダイソーのドライバッグには上位互換がほとんど存在しないんです。

それに特に不満もないので、上位互換を探す気にもなりません。

まさに『ちょうどイイ!』です。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる