不思議と落ちつく雨キャンプ 非日常感を楽しもう 【裏磐梯みちのくキャンプ場】 

雨のキャンプは嫌いではない。

降ると分かってて行くのであれば、僕はわりと嫌いじゃない。

タープの下で焚き火をしてお酒を飲んで、本を読んで。まぁ、やってることはいつもと変わらないけれど、そこに雨音が加わるだけで、非日常感がグッと3割増しくらいになる気がするのです。

落ち着くんだけど、ワクワクするというか。リラックスしてるんだけど、どこかでちょっと興奮してるというか。

子供のころ、ものすごい雨のとき外に出るのが好きだった。大粒の雫が勢いよく傘をたたくリズムが、心地良いんだけどドキドキした。

あの感じに近いのかな?

だからだろうか。

降ると分かってて行くのであれば、僕はわりと嫌いじゃないのです。

ということで、この辺りも梅雨入りした6月22日、今年2度目の裏磐梯みちのくキャンプ場へ、雨キャンプしに行ってきました。

この日は午後から雨の予報。いつもなら飲みながらのんびり設営するのですが、さすがに濡れるのはイヤなので、さっさとタープを立てていきます。

そのままの勢いでテントも張って一息つくと、ちょうど雨の音が聞こえてきました。

わりと強めに降ってきたので、タープに雨水が溜まらぬよう傾斜を付けて、ロープも1本足して水の逃げ道を作ります。

雨除けに使うのはバンドックのミニヘキサゴンタープ。定番品として有名ですね。大きすぎず小さすぎず、使いやすいサイズです。

お手頃な値段なので、気をつかわずラフに扱いたいときはこのタープの出番です。

下で焚き火をしたり、濡れたまま畳んだり、手入れもせず雑に使ってもう4年くらいになりますが、まだまだ大丈夫。

最近アマゾン限定でカーキ色が発売されたので気になってます。

今回は雨を愉しむために出てきました。ですので本も雨にちなんだ一冊を用意。

created by Rinker
集英社
¥748 (2021/10/18 05:46:18時点 Amazon調べ-詳細)

内容は、雨というより車にまつわる恋愛のお話ですが、さらりと読める軽さが雨模様のくすんだ景色に対比して、妙に心地よい読後感でした。

雨の日に、外で雨音を聞きながら本を読む。コーヒーを飲む。

傘をさして散歩する。

わざわざ雨の日になんて言わないで、雨だからこそやってみると、いつものキャンプに非日常感が増してちょっと愉しい。

場内にたくさんあったアジサイはこの時はまだ蕾。だんだん咲いた頃でしょうか。

さすがに拾った薪は使えないから、家にストックしてある分を持ってきました。妻さんから邪魔と言われているので、すべて焼き尽くす所存です。

前回のフォレストパークでお金を使ったので、今回の夕食は家にあったもので間に合わせです。別に凝ったものでなくとも、焚き火で調理して外で食べるだけで十分おいしい。

夜になって雨が止み、一気に雲が引いていく。見上げると、雨上がりの夜空に満天の星が見えていました。流れ星が2個、3個と続けて落ちる。

「そうだ」と思い立って星空の撮り方を検索してみる。その情報通りにカメラのISOとシャッタースピードを合わせ、撮影してみると・・・

撮れた!ちょっとうれしい。

でもこのあとすぐ、夜は再び雨音に包まれてしまいました。

翌朝は曇り。流れる雲のすきまから磐梯山が見えてきました。

時折さす朝日も手伝い、朝食を食べている間にタープとテントもあらかた乾いた。雨と分かって出てきたので、まさか乾燥撤収できるとはうれしい誤算です。

久しぶりの雨キャンプ、心行くまで愉しめました。

目次
閉じる