軽量なソロ用テント!ノースフェイス・ストームブレーク1

暖かい時期をメインに使っているテント、ノースフェイスのストームブレーク1。

軽量コンパクトで設営が簡単、安くてカッコイイとお気に入りなのですが、ネットを見ても意外とレビューが見当たりません。

なのでここは僕が!という訳でもありませんけど、使ってみた感想なぞ、ちょっと書いてみたいと思います。

目次

ノースフェイス・ストームブレーク1

ストームブレーク1は、ノースフェイスから発売されている、1人用エントリーモデルのテントです。

いろいろとお高いイメージのあるノースフェイスにしては割と買いやすいお値段で、だいたい2万円前半で手に入ります。

ネイチャーな中国メーカーを除くと、この価格帯のダブルウォールテントとしてはとても軽く、ちょっとした山岳テント並み。実際に山で使う人もいるようです。

ベーシックなドームテントの中にあっても、まさにシンプルの極みといった感じのモデルで、それ故に信頼性も高いのでしょう。

特徴は

  • 安い
  • 軽量コンパクト
  • 長辺入り口による使い勝手の良さ
  • ノースフェイスのカッコよさ

といったところでしょうか。

スペック

幅:221cm
奥行:86(最小66)cm
高さ:86cm
前室:64cm
重量:1.4k
収納サイズ:56×15cm
出典:GOLDWIN

軽量化のため、台形になったフロアが特徴的です。

自立式のフルフライ付きダブルウォールで1.4kは、最新の軽量テントには敵わないけど、けっこう軽い部類。

背が低いので、タープ泊の蚊帳として、ワンポールテントの寝室としても使いやすい。

吊り下げ式で設営は簡単。本体がコンパクトなこともあり、馴れれば5分程で立てられます。

ゴールドのポールがたまらない!

バックパックなどで、ミニマムにキャンプしたい人にはぴったりのモデルです。


収納サイズは56×15cmとありますが、実際はずいぶん違います。

ポールのサイズに沿って畳んでやれば、40×15cmくらいです。

インナーはハーフメッシュ

インナーテントはメッシュ部分が多く通気性を確保しています。

地上から37~38cmくらいは普通の生地になっており、寝転がった時、風が体に直接あたらないようになっています。

よく、「メッシュテントは寒くないの?」という疑問を聞きますが、ストームブレーク1は寒くないです

もちろん時期にもよりますが、肌寒い秋口や春先など気温が一桁台のときでも、テント内はだいたい外気温よりプラス3度くらいを維持しています。

居住性

「テントで快適に過ごすならプラス1人サイズ」、とはよく聞きます。

ソロで使うなら2人用ですね。確かにその通り。

あえて1人用テントを選ぶ理由と言えば、居住性よりも、軽さやコンパクトさを優先させたい場合です。

ですので、多少の狭さは仕方ありません。

ストームブレーク1は、そういった1人用テントのなかでも、さらにコンパクトな部類です。

中で寛ぐ、といった使い方には向いていません。

タープを併用しリビングは外にして、テントは寝るだけの場所と考えましょう。

サイズ感

身長173cm・体重62k、やせ型体系成人男性の感想です。

長辺は約220cmなので余裕があります。

対して短辺は、頭側86cm・足側66cmとややタイトです。

それでも、上半身付近は多少の小物を置くスペースはあります。

高さ方向は、テント内で背筋を伸ばして座ると、頭が天井にがっつり着きます。

中でなにか作業をするには、すこし狭い。

頭と足元に2か所、小物を入れるポケットが付いています。

足元

それぞれけっこう大きく、大概のものは入るので1人用としては十分です。

天井にはハンギングループが2つ。細引きなどを通すのも可能です。

ただ全高が86cmと低めなので何か吊るすと邪魔に感じ、ほとんど使っていません。

意外と広く感じる前室の奥行きは64cm。

湯沸かし程度は問題なし。簡単な調理もなんとか出来ますが、高さがないので外に出た方が無難です。

夜間、靴や荷物を置くスペースとしては不足ありません。

けっして広くはありませんが、窮屈ではありません。メッシュなので、視覚的な圧迫感をさほど感じないのも一因かな。

ほどよい押入れ感で、ゴロゴロしてるととても心地いい空間です。

ただ、頭と足を入れ替えると・・・。

こんな感じで使っています

ざっくりとではありますが、ぼくの運用方法です。

使用時期

ストームブレーク1を使うのは主に5月~10月。最低気温が10度以上ある時がほとんどです。

冬でも使えなくはないのですが、内部空間が小さいので結露がでるし、寝るとき以外は外で過ごすことになります。

なので、冬季はテント内で寛げる2人用を持ちだし、ストームブレーク1は暖かい時期用として使っています。

タープと併用

中で1日過ごせるようなテントではありません。

雨が降っても外で活動が出来るよう、タープを併用して運用しています。

コンパクトを追求して小型タープで前室を作ってもいいし、ストームブレーク1自体の小ささを活かし、大型のタープでテントごと覆ってもいい。

3×3のサイズがあれば、余裕で屋根ができますよ。

どちらも快適で楽しいです。

インナーテントのみで

小型軽量なうえ設営も簡単なので、夏場はタープの下にインナーテントのみ、というスタイルにも使いやすいです。

テント内に持ち込むものは少なく

就寝時テント内に持ち込むのは出来るだけ少なくしています。

〇前後ポケットに小物

  • ティッシュや小型ナイフなど小物を入れたバッグ
  • 飲料水ボトル
  • 小型照明+ヘッドライト
  • スマートフォン

〇足元にドライサックに入れた着替え

他の道具は前室です。


ロケーションを取るか快適性を取るか

入り口が1か所なので、設営するとき、ロケーションを取るか快適性を取るかの選択を迫られる場合があります。

うまい具合に、妥協点を見つけられる時ばかりじゃないのがアウトドア。

いちど狭い方を頭にして寝たことがあるのですが、まぁ棺桶でした。

まとめ

狭い狭いと書きましたが、そもそも1人用ですからね。

そこを理解したうえで選ぶなら、何も問題ありません。

ストームブレーク1のポイントは、値段と軽量コンパクトさ&カッコよさです。

それでもドームテントなので、ビビィやトレッキングポールで設営するシェルタータイプのテントと比べたら、居住性は良いと思います。

中で寝転がり、ぼうっと景色を眺め、本を読んだりするにはとても快適なテントです。

シンプルなのにカッコいいデザインは、さすがノースフェイス。

もし個人輸入できるなら、ストームブレーク1は海外サイトから買った方が安い場合が多いです。ぼくもアメリカのamazon.comから買いました。カラーが違うのはその為です。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる