冬キャンプに最適!ネイチャーハイク テントシューズが抜群のコストパフォーマンス

こんにちは、shizuwaです。

すっかり寒くなってきました。キャンプの季節ですね!

冷えは足元からと言いますが、確かにシュラフで寝るときも足先の防寒が肝心です。

皆さん、ダウンソックスの出番ですよ。

目次

ネイチャーハイク テントシューズ

最近、勢いのあるアウトドアメーカー、ネイチャーハイク。テントが『安いわりに使える』と有名です。アマゾンでも、取扱う商品をどんどん増やしていますね。

テントばかりに目が行きがちですが、実はいろいろと扱っているメーカーです。

今回のテントシューズ(ダウンソックス)も、そのネイチャーハイク。

相変わらずの価格の安さで、気になったので購入してみました。

自身、初ネイチャーハイクです。

テントシューズ レビュー

スペック
  • メイン素材 : ポリエステル
  • 表地 : 20D/400Tナイロン
  • 重量 : 80g
  • フィルパワー : 700
amazon.co.jp

購入したサイズはM。足の実寸25.5cm、靴は26cmのぼくが履いて余裕があります。Mで28cmくらいまでは大丈夫そう。

まずは収納状態から。なにより、その小ささに驚きです。

マジでこの中に入ってんの?って。一足だけだったらどうしよう...なんて。

手に持つとホント小さい。収納袋はペラペラのナイロン。なんかゴミ袋みたいだなぁ。

かなりパンパンに詰まっています。

袋から中身を出すとぺっちゃんこ。でもすぐに空気を含んでどんどん膨らむ

『お~!ちゃんとダウンだ』と一安心です。

表面は収納袋と同じ素材でペラペラのナイロン。パッと見はホント『ゴミ袋』っぽい。

ネイチャーハイクの製品は、ウルトラライトを意識した軽量なものが多いので、このテントシューズのナイロンもその志向なのだろう。生地の薄さは軽量化の表れだ。

実際、強度に問題はありません。

口の部分にはドローコードが付いていて、これを絞れば不意に脱げてしまう事もないでしょう。シューズ内の暖まった空気も外に出ていかず、快適です。

足裏にあたる部分は、違う素材が使われています。これなら歩いてもツルツルしません。

縫製のほつれなども見当たらず、品質は問題ありません。

テント内の気温が1度くらいの環境で使ってみましたが、ちゃんと暖かいです。寝ている時も、足先に冷えを感じることはありませんでした。

まとめ

値段の安さもあって、ぼくはネイチャーハイクっていうメーカーに懐疑的な部分もあったのですが、それを見事に払拭してくれました。

確かにチープさはありますが、実際に安いんだから仕方ない。それより抜群のコストパフォーマンスです。

性能も、極地ならともかく、キャンプ程度なら十分かと思います。

テントも買ってみたくなったなぁ。

このテントシューズは、お手軽に冬キャンプの心強い味方になってくれるでしょう。

オススメです。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる