必ず持って行くレギュラー装備!TOMSHOO チタンウッドストーブ

キャンプでは、だいたい焚き火で調理しているshizuwaです。

燃え盛る炎へ豪快にフライパンを突っ込むのは本当に楽しいし、熾火でじっくりと料理に向き合うのも好きです。

出来上がるのは、いつも焼肉か鍋ですけどね。

焚き火調理の神髄は『なにを作るか?』じゃありません。行為そのものが楽しいのです!

直火調理をする時の、お気に入りの焚き火台は【ユニフレーム・薪グリル】ですが、天気や状況によっては使えない場面も出てきます。

そんな時のため、軽量コンパクトなウッドストーブを常に荷物の中に忍ばせています。

それが「TOMSHOO チタンウッドストーブ」。

あわせて読みたい
キャンプ道具 必ず持って行くレギュラー装備【焚き火編】 こんにちは、shizuwaです。 知らず知らずのうちに増えていくキャンプ道具。ふと気付けば、いつの間にか収納棚の一段が埋まっていたり。・・・恐ろしい。 そうやってお蔵...

チタンなだけありとても軽く、畳むと非常にコンパクトなので、キャンプのときは常に携帯しています。

約一年半使ってみて、これはよい道具だと思いました。

今回は「TOMSHOO チタンウッドストーブ」のレビューです。

目次

【TOMSHOO】チタンウッドストーブ レビュー

概要

  • 上部サイズ:98×98mm
  • 下部サイズ:125×125mm
  • 高さ:160mm
  • 収納サイズ:177×150×27mm
  • 総重量:278g(パッケージ含む)
  • 材質:チタン

TOMSHOO・チタンウッドストーブは、手に乗るサイズのコンパクトな製品です。

収納時も非常に薄く、バックパックの隙間にスッと入ります

まったく荷物になりません。

チタン製なため大変に軽く、重量は約270グラム。

荷物に加えても、重さの違いは全然分からないレベルです。

組み立て式になっており、パーツは以下の通り。

  • 側板×4
  • 底板×1
  • ゴトク×2

これらを組み合わせて箱型のストーブになります。

組み立ては少々コツがあるものの難しくはなく、すぐに慣れることでしょう。

最初はきついかもしれませんが、恐れずに『グイッ』とはめ込むのがポイントです。

上部には五徳が付きます。

X字になっているので、小さなクッカーやカップでも安定感はバッチリ。

不安なく調理に使えます。

注意点としては、底板の下に灰受けが無いので、そのままでは燃えカスが落ちてしまう事です。

なんらかの対策が必要です。

100均で売っているステンレスのトレイが、ピッタリのサイズでおすすめ!

収納時もこれまたピッタリです。

中華アイテムではあるものの、加工精度が高くカッチリ組みあがります。バリもありません。

いわゆる、『安かろう悪かろう』の製品ではない印象です。

この辺は個体差があるのかもしれませんが、少なくとも自分が持っているものは、まったく問題のない品質でした。

火熾しと燃焼性

着火はとても簡単で、適当な細い枯れ枝・枯葉・松ぼっくり・またはティッシュなどを火種にすれば、あっという間に炎が上がります。

いったん火が点けば、あとは煙突効果でどんどん燃えてくれるストーブです。

燃焼効率が良く、すぐ灰になってしまうのでちょっと忙しいけど、入れた傍から燃えるから火の維持も実にラク。

ただ、使う薪が小さいという事もありどんどん燃えていくので、燃料はある程度の量をあらかじめ準備しておく必要があります。

薪を切ったり割ったりしながらでは燃えるスピードに追い付かず、調理まで手が回らなくなってしまう程です。

火力調整は苦手

調理に使う場合は、インスタントラーメンのように湯を沸かして短時間煮るだけといったメニューは得意ですが、反面、火力調整を要する料理は苦手です。

強火の維持は薪をくべれば良いだけなので簡単ですが、弱火を維持するのは難しいです。

とはいえ出来ない訳ではなく、十分な薪を準備し、火の前にずっと居られるなら大丈夫。

火力を強くしすぎないよう、また消してしまわないよう、一心不乱に少しづつ薪をくべ続けるのは、それはそれで楽しかったりします。

また、スキレットや鉄板は火力の変化を高い蓄熱性でカバー出来るので、割と相性のよい調理器具です。

2台体制も便利

メインの焚き火台で調理中、このウッドストーブは炭や熾火で保温、といった使い方も便利です。

日本酒を燗で呑むときなど重宝します。

耐久性

ぼくの持っている個体は、使っているうちに底板が少し歪んできましたが、組み立てに問題はありません。

それ以外の側板やゴトクには歪みは見られません。

ちゃんとピッチリ組みあがります。

隙間もなし!

もし歪んだとしても、手で曲げて直せるので問題なしです。

こんな人にオススメ

焚き火台というよりは、『一応焚き火も出来る調理用のストーブ』といった製品です。

箱型なので風にも強い。

そこらへんに落ちている小枝でも十分な火力がでるので、大きな薪を準備する必要がなく、ナタや斧がなくても問題ないのも利点です。

コンパクトさを活かし常に携帯しておいて、通常の焚き火台が使えないときのピンチヒッター、という運用も便利。

サブとしての活躍が主ですが、荷物を軽くしたい時や、暖をとる必要がない夏場などはメインとして活躍します。

荷物を軽量コンパクトにしたい

枯れ枝を燃料とする場合、ナタ・斧・ノコギリやナイフすら無くても大丈夫なので、荷物が軽くなります。

サブ焚き火台がほしい

邪魔にならないので、サブとして持って行くのにピッタリです。

夏場の火に

暑くても焚き火をしたい時に。


注意点は、火床が低く地面に近いので、そのままでは確実に大地にダメージを与えてしまう事。

安全に使うには、100均のステンレスプレートやスパッタシートを併用しましょう。

下面はかなり熱くなるので注意が必要です。

まとめ

その辺に落ちている枯れ枝だけで充分な火力を出せる、手軽にアウトドア感を楽しめる道具です。

いろいろと中華アイテムを買いましたが、これは当たりでした。

簡単に使えて燃料も少しで済み、あっという間に燃え尽きるので、朝の焚き火に使うことが多いです。

本体が軽いうえ、ノコギリもナイフも、火バサミすら無くても焚き火ができると、荷物の軽量化にはかなりの威力を発揮するストーブです。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる