焚き火用手袋【EXTRAGUARD TAKIBI】抜群のコスパと性能のキャンプグローブ

焚き火用途につかう革手袋をあたらしく購入しました。

作業用手袋メーカー・東和コーポレーションの【EXTRA GUARD TAKIBI EG-014】です。

キャンプグローブってのは身に着けるものだし、ダイレクトに作業性に直結するアイテムなので、こだわりを持って選んでいる人も多いのではないでしょうか?

ぼくはと言えば、そんなこだわりはぜんぜん持ち合わせていないつもりでした。

ところが昨年に愛用の手袋を紛失して以来、いまだ「これだ!」と思える製品に出会えず、実はこだわりがあったのだと実感した次第です。

『耐熱性』

『作業性』

『価格(安さ)』

『デザイン』

このあたりの要素の両立やバランスが、なかなか難しい。

理想の一双をもとめ、今回購入したのがこの手袋です。

【EXTRA GUARD TAKIBI】は、名前にふくまれた『TAKIBI』から分かるようにアウトドア向けの製品。

老舗の手袋専業メーカー、東和コーポレーションの実力を思い知る【EXTRA GUARD TAKIBI EG-014】のレビューです。

目次

EXTRA GUARD TAKIBI EG-014

東和コーポレーションは、福岡県に本社を置く手袋製造メーカー。

作業用やガーデニング用など様々な用途、さらにプロ向けの製品も扱う手袋専門の会社です。

そんな東和コーポレーションが、満を持してアウトドア用の手袋を発売しました。

それが【EXTRA GUARD TAKIBI

2020年9月に発売になった製品です。

ラインナップは全部で3種類。

  • イエローカラーのEG-012
  • イエローカラーでミトンタイプのEG-013
  • カーキベージュで上位タイプのEG-014
出典:TOWA

今回レビューするのはEG-014になります。

スペック

全長27.0cm
中指の長さ8.5cm
手のひら周り24.0cm
素材[牛床革][裏:ポリエステル][当て:表革]
サイズフリー
生産国バングラデシュ
参考販売価格1,450円(税抜)

まず手に取った第一印象は、非常にしっかりした手袋だということ。

なのに新品の革特有の硬さはなく、しっとりと柔らかいです。

ロゴはプリントではなく、エンボス加工。

いたずらに目立たず、さりげない主張が素敵。

ぼくは好みです。

とても1,000円台の手袋には見えません。

EG-014の外見は特徴的なカーキベージュ。

渋くもあり可愛くもある、良い色です。

皮手袋ではちょっと見ないカラーなので、他と被らず良いアクセントになりそう。

対して裏地は鮮やかな紫。

紫っていうと派手なイメージだけど、ケバケバしさはなく優しい印象のキレイな色です。

カーキベージュとの組み合わせがとても可愛い。

このEG-014だけ裏地がメッシュになっており、汗ムレに強いそうです。

実際に手を入れた感じは、サラサラしていて良い感触。

内側にはタグが付いていたフラップがあります。

ここに細引きなどを通しておけば、カラビナでバックパックに外付けできるんじゃないかな。

親指付け根の当て布も、しっかりしたのが付いています。

縫製もガッチリ。

EG-014には、燃えにくいケブラー繊維製の糸が使われています。

ワークマンの【ワークグローブWG-800】と比較。

手首部分が少し長めになっていて、焚き火用途として安心感があります。

ここが長すぎると、防御力は上がるかわりに取り回しがしづらくなるのですが、EG-014は長すぎず短すぎず、絶妙です。

手を入れた感じは、ワークマンより若干ゴツめ。

でもオイル加工で最初から柔らかく、着け心地はとてもイイ!

厚みがあり、細かい作業は苦手。[作業性]<[耐熱性]のグローブです。

とは言っても、クッカーやスキレット、ダッチオーブンなどを掴むのは問題なし。

シェラカップもいける。

マグも大丈夫。

ただ、蓋のツマミはさすがに掴みずらいです。

細かな作業には向いていないので、設営などには使えません。

『TAKIBI』の名の通り、焚き火で使ってこそ真価を発揮する手袋です。

ただ、サイズがFreeの一種類しかないため、手の小さな女性には使いづらいかもしれません。

ウチの妻さん(身長160cm)も、「大きすぎる」という感想でした。

手を下げると手袋が脱げて落ちてしまうそうです。万有引力ですね。

最近はキャンプを楽しむ女性も多いので、できれば女性用のフリーサイズもほしいところです。

まとめ

ちょっと前にワークマンで購入した【ワークグローブWG-800】に不満があった訳ではないんです。

あわせて読みたい
ワークマンで焚き火用の皮手袋を【ワークグローブWG-800】 今年の初めに、焚き火用のグローブを新調しました。 購入先はおなじみの『ワークマン』。 熱や火の粉から手を守るだけでなく、薪を集めたり、ナイフや斧で怪我したりし...

サイズがね、Mじゃ少しキツかったので

「Lも買おうかな」

って思ってたんですが、どうせなら違う種類にしてみようかと選んだのが、【EXTRA GUARD】です。

以前から気にはなっていたんだけど、1,000円オーバーなので躊躇していました。

それでも全然安いんですけどね。

作業用皮手袋なら7~800円で買えるし、十分使えていたから、それ以上の金額を出す気にならなかったのです。

ということで購入した【EXTRA GUARD】ですが、もうコスパがすごい!

以前の安い作業用皮手袋とは別物です。

この手袋が1,450円(税抜)、ちょっとおかしくない?ってくらいのレベル。

『スノーピーク』とか『グリップスワニー』とか、ブランドを気にしないなら、焚き火用途のグローブは【EXTRA GUARD】一択でいいんじゃないだろうか?ってくらいです。

これが東和コーポレーションの実力かっ!

ただ細かい作業はできないので、『腰を据えてじっくり焚き火を楽しみたいとき向け』という感じかな。

東和コーポレーションの【EXTRA GUARD TAKIBI 】は文句なく、オススメの焚き火用グローブです。

created by Rinker
東和コーポレーション(Towa Corporation)
¥1,309 (2021/10/17 12:06:10時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる