裏磐梯屈指のロケーション 細野ママキャンプ場 

2021年6月現在、何度か様子を見に行っていますが、営業している気配はありません。閉業したようです。

連日の雨が続いた梅雨も明け、今度は猛暑の日々が続くここ会津です。

今年は日本全国どこでもそうみたい。

8月2日、3週間ぶりにキャンプに行けることになりました。けどこの暑さ!外に居たら暑死してしまいそうです。

こんな時、行先は裏磐梯一択です。 だって涼しいんだもの。

真夏のキャンプは暑いし虫は多いしであまり好きではないのだけれど、 今年から仕事の関係でたまの週末しか行けなくなってしまいました。

なので、行けるときはなるべく行く!という訳で涼を求め裏磐梯へ出発です。

目次

裏磐梯屈指の景色 ママキャンプ場

今回は桧原湖畔の風光明媚なキャンプ場。景色ならここが裏磐梯イチじゃないかと思ってます。常連が多く、あまり積極的に新しいお客さんを入れる気もないような所です。安いし良くやっていけるなココ。

でもおかげでいつも静か。ぼーっとするには最高の場所です。

裏磐梯とはいえ日差しはキツイ。けど木陰の下は快適です。高原の風が心地よい。

このところのキャンプは雨模様か曇天かって感じだったので、青空がいっそう眩しく映ります。なんだかんだ言って、やっぱり晴れが一番だね。

天気予報は晴れマークのみ。雨の心配がないので、今回は高床式ではなく「地べた時々イス」のスタイルです。荷物も少なくなるし、僕はこれが一番好き。

シートの上をいろんな生き物が横切って行きます。アリもデカいので噛まれると地味に痛い。ザトウムシは群れるとキモいけど、一匹二匹なら結構カワイイ。羽虫系はパワー森林香でなんとかなる。

ザックの下に大きなミミズが忍び込んでて、気付かず素足で踏んでしまった。不意を突かれ
「ぅわおう!」
と思わず叫んでしまった。

ホント、夏の草原はいきもの天国。

テントや蚊帳も張らずにタープ泊をしている動画をよく見かけるけど、「よくできるな~」って感心します。マジで。

今回はノースフェイス ストームブレーク1

今回は暑さ対策に、所有している中で唯一のメッシュテント、ストームブレークにしました。というより、いつものマーモットのオレンジ色は暑苦しくて夏に使う気にはなれません。好きな色だけど、この時期だけは勘弁です。

クローズドセルマットは乗ってるだけで暑いので、クライミット・オゾンを持ってきました。こいつはコンパクトで良いんだけど、空気抜くのが面倒で実はあまり好きじゃない。でもまぁ、寝苦しいよりはマシです。背に腹は代えられない。

翌朝テントの外からカメラマンたちのカチャカチャという音が聞こえてくる。どうやら日の出が近いようだ。泊まったことのある人には分かるはず、このキャンプ場あるあるだ。

いつもは構わず寝ているのだが、今年の僕はブログを始めた身。ちょっとそれっぽい事でもしようかと朝日を撮影してみました。

(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!撮れるもんだねと自画自賛。

夏キャンプの良いところは乾燥撤収が容易という事。夜露もあっという間に乾いたので、暑くなる前に帰ってきました。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる