【裏磐梯】予報が外れて風と雪。テントお籠り雪中ソロキャンプ

2月半ばに行った裏磐梯の雪中ソロキャンプ。

天気予報が外れ、ず~~~っと風アンド雪でした。

仕方がないので、テント内で本を読み、前室で食事をつくって、お籠りキャンプを過ごすことに。

焚き火も出来なかったけど、これはこれで楽しいモノです。

こうやって過ごすキャンプもたまには悪くない。

天気予報も絶対じゃないですからね。

そんなソロキャンプの記録です。

目次

予報を信じて裏磐梯へ!

2月も半ばのある日。

朝から横殴りの雪が舞っていました。

スマホに表示された天気予報によれば、午後から翌日の午前にかけて風も収まり、どうやら晴れ間が広がるらしい。

ここのところ荒れ模様が続いていたけれど、これはキャンプチャンスの到来か!?

というわけで、書きかけのブログを切り上げて、いそいそとバックパックに荷物を詰め込みはじめました。

妻さんに「裏磐梯にキャンプ行ってくる」の旨をメールで連絡し、ポケットに財布とキーを入れたら準備は完了。

窓の外は依然、冷たい風がときおり『びゅぅ』と吹いて庭の木を揺らしているけど、そのうち止むはず。きっと止むはず。

さあ、出発だ!

向かうは『みちのくキャンプ場』

冬真っ盛りのこの時期、裏磐梯の湖は完全凍結の状態になります。

湖上に出れば、見渡す限りの雪原が広がる。

ここをトレッキングするのも冬ならではの楽しさで、そのまま端っこの方で湖上テント泊の流れも悪くありません。

「今回はそれで行くか」

と方針も決まったところ、なんと、いつもの無料駐車場が今年は除雪されてない!

背丈をゆうに越える雪に埋もれ、道の両脇は白い壁が続くのみで入り口すらわからない有様です。

・・・仕方ない。

別の駐車場に行くのも面倒だし、いつもの『みちのくキャンプ場』へ向かいました。

あそこなら間違いない!

風と雪の、お籠り雪中ソロキャンプ

馴染みの『みちのくキャンプ場』は安定の雪まみれ。

イイねぇ〜!

入り口付近は除雪するようになったけど、奥のほうは深い雪に阻まれて、入ってくるキャンパーは誰もいない。

こういう場所をキャンプ地と出来るのが、身軽なバックパックスタイルの魅力です。

風はまだ強いけれど、流れる雲の隙間から希望の光がチラチラ見える。

びっくりするようなスピードで、空が表情を変えていく。

この様子なら、夜には星が見れそうだ。


テントをたてたら、とりあえずコーヒーがいつもの流れ。

気温は-1〜-2℃位だからそんなに低くないんだけれど、吹き抜ける強い風で、体感的にはとにかく寒い。

見え隠れしていた晴れ間の陽光は、いつのまにかどこかへ行ったしまったようだ。

空は完全に鉛色。

寒っ!

けれどまぁ、-10℃でも耐えられる装備で来てますから、しっかりフードを被って肌の露出を減らしてやれば、行動にはなんの問題もありません。


ぶらぶらと散歩の開始。

すっかり雪に埋もれた炊事場に潜り込む。

当然、水は停止中。

う〜ん、すごい光景だ。

密度濃く枝を広げた低木は、天然の雪だるま状態になっていました。

無性に叩き落としたくなったけど、雪の量が多すぎて無理!

場内の積雪は2mくらいかな。

雪上にちょこんと顔をだした小さな小枝は、実はぼくの身長より高い木のてっぺん部分。

雪中キャンプは積雪の分だけ視点の高さが変わるから、こういうのを間近に見れて面白い。


夕方に差し掛かろうという時間になっても、天気は一向に良くなりません。

予報、外れたかな?

あらためて確認してみると、午後から並んでいたハズの晴れマークは、ひとつ残らず姿を消していました。

ナンテコッタ。

代わりに夜半から雪マークが出現し、それがしばらく続いている。

風も止まない・・・。

こりゃあ、焚火も無理だな。

仕方がないので、あとはテントに籠ってすごそう。

なに、本もある。

こういうキャンプも悪くないものです。


本とラジオでゴロゴロと、それはそれはリラックスした時を過ごしていると、不意にアナウンスが午後5時を知らせてきた。

あわせて読みたい
キャンプで楽しむラジオは雰囲気重視! 短波ラジオ【ELPA・ER-C74T】を購入 突然ですが、キャンプで聴くラジオって、なんだか風情がありませんか? 焚き火や夕食の準備をしながら、ときおりノイズの混じる音で懐かしい曲なんか流れると、何とも言...

もうそんな時間かぁ・・・。

テントの中に閉じこもっていると、時間の経過は意外とわからない。

外はまだ風と雪。

小さな前室で、夕食の支度を始めました。

クッカーに水と食材をぶちこんでガスバーナーで沸騰させたら、あとは固形燃料でコトコト煮込み。

本を読みながら出来上がりを待つ。

普段は焚き火調理だから滅多にやらないけど、この空間での料理って、ちょっとしたママゴトみたいでけっこう楽しいんだよね。

夕食はモツ鍋です。

インスタのフォロワーさんに触発されて決めたメニュー。

でも・・・なんか違うなぁ?

美味しそうに見えないぞ。

写真か?

それとも料理そのものか!?

はたまた色みが足りないか!?

ニラ忘れたからなぁ・・・。

ま、全部なんだろうけど、食べたら美味いから良しとする。

いや~暖まる!

あとは活動することもなく、このまま就寝のながれです。

空は依然として、雲がすごい勢いで流れていた。


翌朝。

テントには降り積もった雪。

でも、やっぱりそんなに寒くない。

雪は上がり、風はすっかり止んでいた。

朝食は簡単に済ませようと、お湯を注ぐだけのアルファ米のドライカレーです。

そのままだと大して美味くもない食材だから、ここへさらに、レトルトのキーマカレーを追加するのだ。

追いカレーってやつですよ!

初めての試みだったけど、これはイケるね。

なかなか美味い!

非常食ってイメージのアルファ米も、一工夫すれば美味しく食べれるモノだなぁ。

食事もすんで、「さぁ帰ろうか」って頃にようやく空が晴れてきました。

20時間ばかし遅えんだよ!

なんてボヤいても、こればっかりは仕方ない。

思い通りに行かない事柄にこそ妙味を見出さないと、人生なんてやってられないと感じるこの頃。

気持ちの良い天気の中の撤収で、今回も、素敵なソロの時間をすごせたと思うのでした。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる