冬キャンプの装備はシュラフが重要 3シーズン寝袋で乗り切る方法 

こんにちは、shizuwaです。

冬キャンプは、暖かい時期とはまた違った魅力がありますよね。まぁその辺はあちこちで語られているので割愛しますが。

しかし冬用寝袋の高いこと!

化繊はともかくダウンになると、気軽に買える値段ではありません。年に数回しか出番がないなら、高価な冬用寝袋の購入はちょっとためらいますよね。

ぼくは、3シーズンのダウンシュラフにさらに寝袋を重ねることで、-8度くらいまでなら冬のキャンプを楽しんでいます。

正直、さほどリーズナブルな方法ではありませんが、それでも冬にしか使えない寝袋に5~6万も出すよりは、同じくらいの金額で各シーズン使いまわせる分お得だと思います。

今回は、そんな冬の寝袋事情のお話です。

目次

冬のキャンプ 寝袋は重要アイテム

冬のキャンプでもっとも重要な装備は寝具です。

寝具とは、寝袋とマットです。

日中、暖をとる焚き火やストーブも大事だとは思いますが、寒さの厳しい冬の夜を越せなければ意味がありません。

逆に、しっかりした寝具で夜を越せさえすれば、あとはどうにかなるものです。極端な話、寒くてどうしようもなければ、寝袋の中に入ってしまえば良いのですから。

大丈夫、寝具がしっかりしていれば寒くて死ぬことはありませんよ。

寝袋を重ねて寒さ対策

よく言われる手だけど、寝袋を重ねて耐寒を上げるのは有効な手段です。

ただ、冬に使うことを考えると出来るだけ暖かい、最低でもコンフォート温度が0~5度くらいの3シーズンをベースにすることが必須です。

さらに複数の寝袋を持つことになって必然的に嵩張るので、1つはダウンだとベストです。

ぼくが組み合わせて使うのはこの3つ。ここにSOLエスケープヴィヴィが加わる。

  • モンベル・バロウバッグ#0
    これがすでに冬用というツッコミは無しでお願いします。猪苗代・裏磐梯エリアの真冬は#0だけではちょっと寒いです。
  • ナンガ・ダウンバッグ450STD
    現在のメインシュラフ。ダウンでも比較的安価に買えるモデルで、一年中をコレで過ごしています。 単体でつかうのは気温3~4度くらいまで。
  • オフフ・夏用封筒型
    アマゾンでよく見る格安シュラフ。快適温度は15度と記載があるけど、無理。夏用です。非常にコンパクトで何かと便利に使える。

~マイナス3度くらいまで

ダウンバッグ450+夏用シュラフ+SOLエスケープヴィヴィ

夏用シュラフとSOLは場合によって使い分けたり、両方使ったりします。

それほど嵩張らず、持ち運びもしやすい。

~マイナス8度くらいまで

ダウンバッグ450+モンベル・バロウバッグ#0

スペック的には、この組み合わせならもっと気温が下がっても大丈夫なはずですが、経験はありません。

バロウバッグがデカいので持ち運びが大変かと思いきや、この組み合わせが必要となるような時は大抵雪中キャンプなので、荷物はソリに乗せて移動できるからむしろ楽チンだったりします。

それに冬のキャンプ、とくに雪中になるとテント内も結露してどうしても寝袋が濡れるから、化繊だとその点、扱いが楽でいいんだよね。

おそろしくモコモコ。

インナーシュラフという方法も

メインの寝袋の中に入れるインナーシュラフという手もあります。しかし、就寝中によく寝相を変える人だと、インナーシュラフも一緒に動いてしまってうっとうしい。

気が付くと、右側にあるはずのファスナーがあらぬ方向に行っていたり、ちょっと窮屈だったりと個人的にはあまり好きではありません。

なので、メインの寝袋の中に入れるより、外にかぶせる方法が好みです。

まとめ

冬用の寝袋って高い。とくにダウンだと、まいっちゃうくらい高い。年に数回しか使わない物に何万円も出すのはちょっとなぁ。

と、ぼくと同じように考える人は、3シーズンの寝袋を重ねて使えばいいと思うよ。

服装に気を使って湯たんぽ、カイロも併用すれば、マイナス5度くらいなら十分イケるから。

『キャンプのシーズンは冬だぜ!』と胸を張って言えるような変人を目指しましょう。

最後に、ココは雪国なのでバイクでの冬キャンプは考えておりません。積載無視の方法です。ゴメンナサイ。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる