【雪っ子ちゃんカンジキ】手軽に雪上さんぽが楽しめる格安スノーシュー!

雪っ子ちゃんカンジキは、プラスチック製の『簡易スノーシュー』みたいな製品です。

すごくオモチャっぽくて「子供用かな?」と思ってしまう見た目なんですが、実は結構しっかりとした作りで、大人が雪上歩行を楽しめるアイテム。

軽量コンパクトで取り回しもいいので、ぼくも雪中キャンプのお供に使っています。

とても安いので、「スノーシューを体験してみたい」なんて人にもオススメです。

目次

ちゃんと使えるの?雪っ子ちゃんカンジキ

「スノーシューを使ってみたい、けど買うにはちょっと高いよなぁ・・・。」

って思っている人、けっこう居るんじゃないでしょうか?

どんなモノでもそうですが、続けるかどうか分からないものに、数万円はなかなか出せないですよね。

ぼくも雪中キャンプでの移動と散歩に使いたかっただけなので、お高いスノーシューの購入はためらっていました。

そこで『物は試し』と買ってみたのが、雪っ子ちゃんカンジキです。

正直なトコそんなに期待はしていなかったのですが、なかなかどうして、しっかりと楽しく雪の上を歩けました。

雪っ子ちゃんカンジキの使い勝手

履き方は簡単。

ゴムベルトを靴に巻き付け、フックで止めるだけです。

ベルトの長さは靴に合わせて調整できますが、けっこう固いので、あらかじめ調整しておいた方が良い

雪っ子ちゃんカンジキの裏面にはプラスチック製の突起があって、爪の役割をしています。

これが結構よく効いて、圧雪や凍結でツルツルになった路面でも、靴だけの場合よりはるかに滑りません。

アスファルトなどは高価なスノーシューだと行きたくない場所ですが、安価な雪っ子ちゃんカンジキなら問題なし!曲がってしまうような金属製の爪もないですしね。

前日に雪が降り、靴のままだとスネの中ほどまで沈む場面でも、雪っ子ちゃんカンジキを履けば足首程度で止まりました。

まぁそれほどサラサラの雪ではなかったのもありますが、靴のままより数倍マシです。

見た目からオモチャみたいな印象を持ちがちだけど、けっこうしっかり浮く!

コンパクトで軽いので取り回しがよく、手軽に雪上さんぽの楽しさが味わえます。

各種ブーツに装着レビュー

スペックは以下のとおり。

  • 材質 : 本体/ポリエチレン、バンド/エラストマー
  • サイズ : 長径/340×短径/235mm、使用可能靴幅/119mmまで(ワイドタイプは130mmまで)
  • 重量 :650g

雪っ子ちゃんカンジキは2種類あって、違いは色と、装着できる靴の幅です。

  • オレンジ:通常タイプで、靴幅119mmまで対応。
  • イエロー:ワイドタイプ。靴幅130mmまで対応。

装着可能な靴のサイズに関しては、通常タイプ・ワイドタイプどちらも同じです。『~cmまで』という説明はありませんが、靴底の実寸で28cm位までが快適に使えるサイズだと思います。

ぼくの靴サイズは26cmで、オレンジ色の通常タイプを選びました。

長靴や防寒シューズなどは問題なく履けますが、大柄なソレルのブーツ(パックナイロン27cm)は、すこしきつく、履けないことはありませんが、装着が大変です。

参考に、手持ちのいろいろな冬用の靴に装着してみました。

ワークマン・ラークス

まずはワークマンの防寒ブーツ【ラークス】

サイズはLです。

靴裏の実寸は、約【長さ:27cm】【幅・10.5cm】

問題なく装着できます。

歩き回っても、靴が浮いたりはしません。しっかり使えます。

ゴム長ぐつ

普通の防寒長ぐつ。いわゆるゴム長です。

サイズはL。

靴裏の実寸は、約【長さ:26.5cm】【幅:10.5cm】

はい問題なし。もっとも簡単に雪歩きを楽しめる組み合わせです。

これで、そこら辺の公園や川沿いを散歩するだけでも楽しいですよ。

ソレル・パックナイロン

今や防寒ブーツの代名詞、ソレルです。

モデルはパックナイロン。

サイズは27cm。

靴裏の実寸は、約【長さ:29cm】【幅:12cm】

かなり無理やりです。

まず甲の部分が厚すぎて、ベルトにつま先しか入りません。だからカカトがはみ出ちゃってる。

でもまぁ、なんとか履けることは履けます。

ちょっと大変だけど。

履いてしまえば、動き回っても外れることはありません。

ただ、幅が完全にオーバーしちゃってて、金具と靴が干渉してます。

ソレルなどゴツめのブーツは、通常タイプでは無理なようです。

使ったことないのでハッキリとは言えないけど、ワイドタイプなら大丈夫じゃないかな?

子供用 防寒長ぐつ

子供用のゴム長ぐつです。

サイズは23cm。

靴裏の実寸は、約【長さ:23.5cm】【幅:9cm】

ベルトを調整すればバッチリ。

ちょっと靴の長さが足りない感もありますが、外れたことはありません。

子供用スノーブーツ

モコモコのスノーブーツ。

サイズは21cm。

靴裏の実寸は、約【長さ:24cm】【幅:10cm】

これもバッチリです。

飛んだり跳ねたりしても大丈夫でした。

子供用の靴は、このあたりのサイズが普通に使える限界かなって感じです。

これより小さいと外れやすいかも知れません。

まとめ

まさしく『簡易スノーシュー』という呼び名がぴったりの雪っ子ちゃんカンジキ。

雪遊びをするには、とても良い道具です。

雪山登山や40~50cmの新雪などはさすがに無理ですが、里山で遊ぶくらいなら十分に楽しめます。

スノーシューを試してみたい人にもオススメ!

なんと言っても2,000円程度で買えるので、後でもっと本格的なモノが欲しくなっても、ぜんぜん惜しくないのがイイ。

軽量コンパクトなので、子供が使うのにも丁度いいです。体の大きさにもよりますが、小学校4~5年生くらいになれば問題なく歩けますよ。金属製の爪がないのも安心です。

これを履いて雪に埋もれた広い公園に行くと、子供は大喜びします。

ちょっと気軽にスノーシュー、雪っ子ちゃんカンジキはそんな道具です。

created by Rinker
Belmont(ベルモント)
¥3,558 (2021/10/20 10:06:12時点 Amazon調べ-詳細)

ゴツい靴には入らないかもしれないので、ご注意くださいね。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる