キャンプの虫対策は大丈夫? 毛虫に刺された体験談

こんにちは、shizuwaです。

今は6月、夏は間近。

夏のキャンプは、色々な虫たちを目にする機会が多くなります。

虫好きさんにも虫嫌いのあなたにも、その機会は平等に訪れることでしょう。

そして虫大好きの僕はといえば、この前のキャンプで毛虫に刺されてしまいました。

今回は、その時の体験談です。

目次

キャンプで毛虫に刺された

やつらは意外と神出鬼没なので気を付けていたつもりなのですが、まさかあんなところに居るとは。

完全に不意をつかれました。

僕は昔、野宿で寝ているときにクモに噛まれた事がありまして。

音もなく近づいてくる虫って怖いんですよね。クモとかムカデとか毛虫とか。

蜂なんかは羽音ですぐ分かるから警戒のしようがあるんだけど、やつらはまさにサイレント。しかも結構な機動力で立体的な動きをするし。気付いたときにはそこに居るという。

個人的に生き物は好きなので、前述の虫も普段は平気で触ったりもできるのですが、寝ているときはさすがにね。シュラフに潜り込まれたりしたら、もうね。

僕がタープ泊をしない理由です。

話が逸れました。

で、その毛虫が潜んでいた場所というのが

ブーツの中!

In the boots !

He was in the boots!

僕は朝の焚き火が好きなので基本的に早起きです。

その日も早朝、テントの外に出ようとブーツに手を伸ばしたら、何かが指に当たるのですよ。薄暗いテントの前室、ブーツの中を見たら灰色の何かがあるのです。

僕はてっきり、枯葉とか枯枝とか何かのゴミかと思って、捨てようと掴みました。

その瞬間、「痛!」っと。よく見たらかなり巨大な奴が

pixabay.com

ブーツの中で猛り狂っているではありませんか。

いきなり掴まれてビックリしたのでしょうが、いや驚いたのはこっちだよ、と。

指を見たら毛がいっぱい刺さってる。

「やっちまった~」と。

とりあえず種類を判別するため観察することに。うん、「マツカレハ」だな。この時期よくいる大型の毒持ち毛虫だ。とりあえず、早めに刺さった毛を抜くことにします。

毛虫に刺された時の応急処置

刺さった毛を抜く

むやみに掻いたり触ったりしてはいけません。刺さった毛が広がったり、より深く刺さったりしてしまいます。

まずは粘着テープで丁寧に取り除きます。

車にいつも積んでいるシート用のコロコロが役に立ちました。

あとはビクトリノックスに付いているピンセットを使って、ヘッドライトで照らしながら残りの毛を一本づつ抜いていきます。深く刺さって掴めない毛は、ナイフで指の皮をちょっとほじくりながら抜きました。

水で流す

目で見えにくい細かい毒毛を、水で洗い流します。できるだけ冷たい水が良いそうです。

こうして流水で毛を洗い流し、患部が拡大するのを防げるのだそう。

薬を塗る

使ったのはムヒアルファEX!

ぼくのキャンプの常備薬です。もっててよかった。

その後の経過

その後、少し痒みはありましたが、結果カブレた程度で済みました。

いや~大事にならなくて良かったです。

そんなことがあって、改めて思いました。

備えって大事だなと。

ビクトリノックスなんて、いつも「念のため」持っていくけど、使ったことなんてほとんどありませんでした。たまにビールの栓抜きくらい。ましてやピンセットなんて、購入して20年、初めて使いました。

車のコロコロにしてもそう。めったに使わないけど、何に役立つかわからないもんだね。

まさに、備えあれば憂いなし、を体感した出来事でした。

そんな事があったので、先延ばしにしていたポイズンリムーバーの購入を決めようかと思います。

しかし、ブーツの中にはヤツが残した毒毛がいっぱい。さて、どうしたものか。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる