良コスパで軽量コンパクトなソロ向けポール!【FIELDOORアルミテントポール】

バックパックで持ち運べて、

質も優れてリーズナブルで、

さらにカラーも豊富。

そんなソロキャンにベストなポール、あるんです。

FIELDOORのアルミテントポールは、軽量コンパクトなキャンプにうってつけのギア。

バックパックに荷物をまとめるぼくのキャンプで、もう5年もずっとレギュラーを務めています。

未だに不満も不具合も、ただの一つもありません。

今回はそんな間違いのない優良ギアFIELDOORアルミテントポール】のレビューです。

目次

FIELDOOR アルミテントポール 直径16mm

こんなギア

  • リーズナブルで、品質も良い
  • コンパクトな収納サイズ
  • カラーが豊富でいろんなスタイルに合わせやすい
  • 小型タープのメインポールに、大型タープのサブポールにと、活躍の幅がひろい
created by Rinker
FIELDOOR(フィールドア)
¥3,800 (2024/07/14 13:00:19時点 Amazon調べ-詳細)
長さ【有効長】180cm(30cm×6本連結)
16cm
収納サイズ約35cm×7cm
重さ約600g(180cm×2本)
材質A7075超々ジュラルミン
カラーゴールド/シルバー/ブラウン/ブラック/レッド

今回レビューする【180cm/6本連結】の他に、【150cm/5本連結】も差額500円(2024年6月現在)でラインナップされています。

どちらか迷ったら、1本単位で買い足しが出来ないことを考えると、絶対180cmタイプがオススメ

その理由はこちら

  • 買い足しが出来ない
  • 汎用性が増す
  • 値段の差が大きくない

長く使うことと汎用性の向上を考慮すれば、500円の差は安いものです。

もし『180cmを買っても結局150cmでしか使わなかった』としても、いいじゃないですか。スタバ1回分ですから!

余談ですが・・・

いつも思うんだけど、ポールの名称って、どこのメーカーも商品名なのか商品説明なのか、いまいち分からないと思いませんか?

分かり難くないですかっ!?

もうね、一目で「あのポールだ!」と分かる固有名称を考えてあげたい!

余計なお世話?

安心の日本メーカー

販売するFIELDOORは、さまざまなキャンプギアを扱う日本のメーカー

テントやタープ、小物類など、多くの商品を揃えています。

比較的新しいブランドで、全体的にリーズナブルなのが特徴です。

そういう意味ではDODと似ているかもしれませんね。

ただ、あちらほどブッ飛んだ(褒め言葉!)製品はなく、シンプルで正統派なアイテムが多い印象です。

低価格でありながら【質・デザイン・使い勝手】などは優秀

コスパの良いギアを求める場合、激安中華メーカーなどは地雷を踏み抜く可能性があるけれど、FIELDOORなら安心して購入できてオススメです。

レビュー

しっかりした収納ケース付き

180cmタイプは6本連結。

2本分で計12本のセットになります。

本数が多いため、専用の収納袋があるのは本当に有難い

収納袋って、格安中華やULギアだとペラッペラの低耐久だったりするんですけど、FIELDOOR アルミテントポールには普通にしっかりしたものが付いています。

もう5年以上使っていますが、破れやほつれ等はまったくありません。

この、普通を普通にやってくれる日本メーカーのありがたさよ。

携帯性が良い

収納サイズがコンパクトで、とても携帯性にすぐれています。

約35cm×7cm】は想像以上に小さく、一見すると「本当に12本も入っているの?」と疑問に思ってしまうほど。

全長約35cmは、ポールの収納サイズとしてはかなりコンパクトな部類。

350ml缶や500mlペットボトルと比べるとこのくらい。

径のサイズ約7cmをくらべるとこんな感じ。

収納袋が黒いため分かりずらいですが、ほぼ同サイズです。      

中身が動くので、収納場所に応じて多少は形を変えられますから、携帯性はかなり優秀

バックパックの中でもサイドポケットでも、楽に収納できます。  

重量も、全12本で600gと、ボリュームのわりにとても軽量

アルミ製なので意外なほど軽く感じます。

持つと驚く!

実際、ほぼ同サイズのスチール製ポールは、約1.3kと倍以上の重さ。

軽量なFIELDOORアルミテントポールは、バイクや徒歩のキャンプにピッタリです。

選べるカラー5色!

最近は様々なカラーが増えてきたとはいえ、【銀・黒・ガンメタ・赤】あたりがほとんどのポール業界。

派手か地味の2択状態!

ところが、FIELDOORアルミテントポールには、カラーバリエーションが5色用意されています。

  • シルバー
  • ブラック
  • レッド
  • ブラウン
  • ゴールド

嬉しいですね!

ぼくがこのポールを選んだ理由は、コスパやコンパクトさもあるけれど、じつはこのカラーの要素がとても大きい。

購入したゴールドはへんにピカピカせず、自然の中でも悪目立ちしないシックな色合い。

とても気に入っています。

ポールは、テントサイトの中で意外と目に付きます。

面積からするとそれほどの大きさじゃないんですが、ワンポイントというか、アクセントになりやすい。

なので、選べる色が多いのは重要なのです。

あと、ロゴが控えめなのも個人的には高ポイント。

長さ調整は30cm単位

FIELDOORアルミテントポールは、全長180cmの6分割(150cm/5分割もあり)。

連結は差込タイプ。

精度は良く、グラつき無くきっちりとハマります。

不意に抜けてしまうこともありません。

ポール間はコードで繋がってませんから、使う本数により長さを調整することが可能。

1本あたり30cmなので、180cmのほか、150・120~と用途に応じて変えられます。

最短で2本/60cm。

「60cmなんて何に使うの?」

と思うかもしれませんが、タープの片方を低くしたいときとか、意外と出番はあるものです。

ちなみに、本数を増やして180cm以上にすることもできますが、強度の問題であまり実用的ではないです。

耐久性が高い

とてもリーズナブルなので、「すぐ壊れるんじゃ?」と不安に思う人がいるかもしれませんが、大丈夫。

とても頑丈です。

もう5年くらいメインポールとして使っていますが、まったく問題ありません。

  • 差し込み式のシンプルな構造
  • ガタつきの無い精度
  • 素材の良さ(A7075超々ジュラルミン)

などが耐久性の高さに繋がっています。

以前、猪苗代湖の強風に吹かれ

「釣り竿かッ!?」

ってくらい反り返ったことがあったけれど、折れることもなく、持ちこたえてくれました。

びっくりするほど弓なりになったよ!

小回りの利く使い勝手

このポールは径が16cmと細いので、メイン使用なら【軽量・小型のタープ】と合わせるのが通常です。

ナイロン製のタープなら、3m×3mあたりのサイズまでなら問題なく支えられます。

見た目的にもバランスがとれて、とてもしっくりとしますよ。

それ以上のサイズや、重たいTCタープにメインポールとして使うのはやめた方が良いです。

支えるだけならけっこう大丈夫なんですが、風が吹くと怖いので。

ただ、サブポールとしてなら全然大丈夫

その場合、長さ調整もできるからいろんな使い方が可能で、とても便利です。

ポール先端部のピンは、長さ5cm。

ちゃんとシボ加工もしてあります。

風でタープがバタついても、不意に外れてしまうような事もありません。

安い割に、細部までよく出来ています。

伸縮式カーボンポールと比較

アルミテントポールのコスパは最高

キャンプギアって、軽量コンパクトになるほど値段が上がり、比例してお財布も軽量コンパクトになっちゃうって業界です。

ポールも例外ではありません。

最近だと伸縮式のカーボンポールなんてのが良いらしく、FIELDOORからも【アルミテントポール】と同じく180cmの製品が発売されています。

でもかなりお高い。

created by Rinker
FIELDOOR(フィールドア)
¥14,900 (2024/07/14 19:02:24時点 Amazon調べ-詳細)

それのアルミバージョンもあります。

カーボンほどじゃないけど、やはりちょっとお高い。

created by Rinker
FIELDOOR(フィールドア)
¥7,780 (2024/07/14 19:02:25時点 Amazon調べ-詳細)

これらを比較してみると、アルミテントポールの安さカーボンポールの軽さが際立ちます。

潤沢な資金をもってバックパックキャンプをするならば、やはりカーボンポールが理想でしょうか。

しかし、アルミテントポールにも優れた点があります。

〇値段の安さ
〇構造が単純で耐久性が高い
〇カラーが豊富

この3点に魅力を感じるなら、むしろカーボンポールよりオススメです。

携帯性だってカーボンポールには劣るものの、十分軽量コンパクト。

実際、ぼくは不満なくバックパックで運用していますから。

まとめ

『コスパが良いバックパックキャンプ用のポールが欲しい!』

となったら、この【FIELDOORアルミテントポール】で間違いないです。

コスパを考えなければ、先に紹介した伸縮式カーボンポールも捨てがたいところですけど、個人的にロックナット式はあまり信用していないもので・・・。

三脚とトレッキングポールが壊れた経験あり

アライのコンパクトポールという選択肢もありますが、銀色だけだし、やっぱりお高い。

created by Rinker
ARAI TENT
¥5,830 (2024/07/14 22:01:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Ripen
¥6,710 (2024/07/14 22:01:58時点 Amazon調べ-詳細)

ということで、ぼくはまだ暫く、FIELDOORアルミテントポールを愛用します!

created by Rinker
FIELDOOR(フィールドア)
¥3,800 (2024/07/14 13:00:19時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次