キャンプギアの定番 モーラナイフに惚れ直した!

モーラナイフといえば、キャンプでは大定番のギア。

かならずオススメに出てきますよね。

もちろん、ぼくも持っています。

手持ちのナイフが充実してきた今では2軍落ちし留守番が増えましたが、それでも、たまに持ち出してはガツガツと使っている一振りです。

思い返せば、もうずいぶん長いことお世話になってきたこのモーラナイフ。

個人的レギュラーギアの座を退いた今だからこそ、定番としてオススメされる理由が分かってきました。

目次

定番おすすめモーラナイフ

モーラナイフと一口に言っても、色々なラインナップがあります。

キャンプシーンで人気なのは、コンパニオン・ヘビーデューティーというモデル。

その名の通りヘビィな使い方に向いたタフさ、

それでいてお求めやすいリーズナブルなお値段、

さりげなくブレードに刻まれたMADE IN SWEDENの文字、

見た瞬間『キャンプ用ファーストナイフはこれしかない!』と、勢いでポチッてしまう手を後押しする要素の塊みたいな、オススメされるのも納得のナイフです。

ぼくが持っているのは鋼材が炭素鋼(カーボンブレード)のモノですが、ステンレスの方が手入れが楽で使い勝手はいいです。

created by Rinker
モーラナイフ(Morakniv)
¥2,992 (2024/06/19 01:06:21時点 Amazon調べ-詳細)

このナイフの特徴は

  • リーズナブルな価格
  • 使いやすいサイズ感
  • 頑丈

という3点のバランスがとても良いこと。

安いだけなら他にも色々ありますが、トータルで見てみると、モーラのコスパは群を抜いて素晴らしいです。

外見はプラスチッキーで安ナイフそのものですけど、実際に使ってみると良さがよくわかります。

サイズやブレードの厚さ、グリップの握り具合など、キャンプでの扱いやすさは抜群。

手に取ってみると、驚くほどしっくりきます。

刃厚3.2mmはハードな使用にも耐えてくれるうえ、いちおう調理もこなせます。

『いちおう』というのは、けっしてやり易くはないから。

とはいえ、皮むきなんかも出来ますし、ラフなアウトドア料理くらいなら大丈夫。

刃厚4mm以上あるような重くてゴツいフルタングナイフと比べたら、ずっとマシです。

ラフに使えるタフさに惚れ直す!

モーラのコンパニオン・ヘビーデューティーは、いろいろな用途にちょうどよく、最大公約数的な使いやすさのナイフ。

はじめは、そういう印象でした。

現在ぼくのモーラは、すでにレキュラーギアの座を退いた身。

たま~に気まぐれで持ち出すような、いわゆる2軍的な存在です。

だからこそ『壊れてもいいや』くらいの気持ちで、気兼ねなくガンガンとハードにラフに使いまくっているのですが、そしたら・・・

まぁ便利なこと!

どんなに太くても、

堅くても、

フシがあっても、

まったく気にせずバトニングしまくるし、

刃先で火種をいじったりするし、

土を掘ったこともあります。

とにかくラフに、というより、もはや乱雑に扱っているけれど全然平気で、いつも

「それがなにか?」

みたいな顔してシース(ケース)から出てきます。

いっこうに壊れる気配がない。

もちろん刃は痛みますけど、ちょっと研いでやれば元通り。

『ちゃんと仕上げよう』なんて思わず適当に研いでいるだけですが、ラフに扱うならじゅうぶん。

研ぎの練習のつもりでやってます。

2軍落ちしてからは、破損や傷をぜんぜん気にせず、手入れは必要最低限。

モーラは僕の中でもはやナイフというよりも、『便利道具』にカテゴライズされてしまいました。

ところが皮肉にも、そういう使い方をするようになってから、僕のモーラに対する評価はまさにうなぎ上り。急上昇。

とにかく便利で使いやすく、しかもラフな扱い方を受け止めてくれる、しっかりとしたスペックもある。

それでいて、このお値段ですからね。

気取らない道具としての優秀さこそが、モーラ・コンパニオンヘビーデューティーの真骨頂!

破損に注意

ここまで書いといでなんですが、大事に使いたいなら真似してはいけませんよ。

とくにバトニングは、注意が必要。

そもそもナイフでのバトニングって、薪を作るものではなく、薪から小割を作るためのテクニックです。

太く堅い薪を無理に割るのは禁物。

そうでなくとも破損の危険はつねにあるので、バトニングの際は丈夫なグローブと長袖の着用をオススメします。

created by Rinker
東和コーポレーション(Towa Corporation)
¥1,273 (2024/06/18 11:48:45時点 Amazon調べ-詳細)

被っても気にしない!

モーラの欠点としてよく耳にするのが、『人と被りやすい』ことと『見た目が安っぽい』こと。

まあ確かに、それは事実。

でもね、最初の1本として選ぶなら気にすることもないかなと、モーラを使ってきたぼくは思います。

ナイフはキャンプに必須ではありません。

どちらかといえば、趣味性の高いロマン枠です。

だからこそ皆こだわって、高価な『お気に入りのひと振り』を持っていたりする、そんなギアです。

そして同時に、適切な使い方や手入れがひときわ重要なギアでもあります。

最初から高くて良いものを手にするより、まずは安くてそこそこ良いものを選ぶのも手です。

買い換える前提なら、ほかと被るのも、それほど欠点ではないんじゃないかと思います。

まとめ

こんな僕でもモーラを買ったばかりの頃は、無理せず、ちゃんと適材適所的な使い方をしていました。

毎回手入れもしていたしね。

でもそのころの印象は、あくまで普通のナイフ。

もちろんコスパの良さは感じていたし、とても使いやすい印象でしたが、それだけです。

ところが、何も気にせずラフに扱うようになってから、その印象は一変。

『とても使いやすい』が『とにかく使いやすい』に変わりました。

なにせ壊れないんですから。

細かいことは気にせず、使いたいように使える。

そしてそれを受け止めるだけの懐の広さがある。

良い言い方じゃないかもしれませんが、壊れたってそれほど惜しくない価格ですし。

ナイフの使い方や限界を知るという意味でも、最初に選ぶ一本として、モーラはやはり優秀なナイフです。

created by Rinker
モーラナイフ(Morakniv)
¥2,992 (2024/06/19 01:06:21時点 Amazon調べ-詳細)

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次