直火!ニトリの単層ステンレスボトルを焚き火で使ってみた感想

こんにちは、shizuwaです。

先日、『直火に掛けたりしてカンティーンのように使えるか』と思い購入したニトリの単層ステンレスボトル。さっそくキャンプに行ってガッツリ焚き火で使用してきました。

ケトルとして使えるのか?

湯たんぽとしての使いごこちはどうか?

結果として、とてもいい感じのカンティーンっぷりでしたよ。

目次

ニトリ・単層ステンレスボトルの使用レビュー

焚き火でカンティーンみたいに使えんじゃね?と思って買ってきた、ニトリの単層ステンレスボトル。

あわせて読みたい
【カンティーン風】ニトリの単層ステンレスボトルが直火で使えそう こんにちは、shizuwaです。 ニトリで見つけたステンレスのボトルが、なんだか直火で使えそうな感じだったので確保してきました。 焚き火の相棒として活躍していたステン...

ちょうどキャンプに行けたので、ケトルの代わりになるかと期待して直火で炙ってきました。

使用した焚き火台は、我らがキャプテンスタッグのカマドB6。

さっそく薪を使った焚き火をして、ニトリのボトルを乗せお湯を沸かします。入れた水の量は8分目くらい。

程なくして湯気が立ってきました。あとは火力の弱い場所に移動して、蒸発した分の水をつぎ足しながら3時間くらい火に掛け続けました。

ケトル代わりに使ってみて

いいですよ。いいんじゃないでしょうか。

ちゃんとお湯も沸くし、もともとが水筒だからか注ぎやすい。変形や穴あきも見られず、十分ケトルの代わりになりました。

背が高いので少し怖いですが、水が入っていると自重で多少は安定感が増します。底部もちゃんと平らなのでグラついたりはしません。

ケトルと違い場所を取らないのが良い。

気になった点

『ニトリだから』という訳ではなく、ボトルをケトルとして使ってみて気になった点です。

・熱い
まぁ当然ですよね。持ち手があるわけじゃないですから、ヤカンをそのまま持つようなものです。とはいえ、耐熱グローブをしていれば大丈夫。ぼくが使っているのは溶接作業用の安い皮手袋ですが、湯を注ぐくらいなら問題ありませんでした。

不安定
グラついたりはしないんですが、細長い形状はゴトクの上に置いて使うと少々気をつかいます。吊った方がいいかもしれませんね。ただ鍋と違って口が細いぶん、万が一ひっくり返しても『バシャーッ』とはならなそう。

湯たんぽ代わりに使ってみて

ボトルをまず新聞紙で包み、その上からタオルを巻いての使用です。

お湯が漏れることもなく、一晩暖かく眠れました。今回テント内の最低気温は1℃でしたが、朝でもぬるま湯の状態を保っていました。

気になった点

・ススをどうするか
直火で使用した場合ボトルが真っ黒になるので、それをどうするか、です。今回は布で拭いてから使いましたが、100均でちょうといいカバーが見つかりそうな気がします。

これも『ニトリだから』という訳ではありませんね。

まとめ

直火で使用しても大丈夫でした。歪みも見られないので、耐久性も問題ないようです。

『ニトリだから』という理由でのマイナス要素も見当たりません。

黒くはなりましたけど。

もっとも、ニトリさんは『火に掛けて使ってね!』なんて言ってはいないので、壊れても保証は出来ません。

ただ、この900mlが値下げで税込み約600円。ぼくの様にカンティーンに興味はあってもその価格で躊躇している人がいたら、試してみるという意味でも、このボトルはオススメです。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる