セリア【折りたたみスコップ】はバックパック向けのコンパクト装備!

こんにちは、シズワです。

キャンプに行けないフラストレーションを買い物で発散したいところですが、只今資本が不足しております。

家って高価だよね。

そんなわけで100均に行く機会も増えたこの頃ですが、セリアさんのキャンプコーナーで折りたたみスコップを見つけました。

ちょうど

「バックパックでも持って行けるコンパクトなスコップが欲しいな」

と思っていたので、これは僥倖!と買ってみましたよ。

ぎょうこう【僥倖】思いがけない幸い・偶然に得る幸運。

目次

セリア【折りたたみスコップ】レビュー

  • 使用時全長:約22.8cm
  • 折り畳み時:約13.5cm
  • 幅:約6.5cm
  • 材質:スチール
  • 重量:97g(実測)

その名の通り、持ち手が折りたためるタイプのスコップです。

ちょうど欲しかったんですよ、コンパクトなスコップ

キャンプ場ではあまり出番がありませんけど、野営の時は心強い道具です。

今はよくある園芸用のスコップを使っていまして、機能的には何の不満もないのですが、まったく気分が出ないという大きな欠点を抱えています。

そこらへん、このセリアの折りたたみスコップは、見た目的にはじゅうぶん合格。

質感もまあまあ。よく見るとちゃっちい感はあるけれど、100円の割には良いと思います。

カラーは黒と赤の2色。

アピールするような物でもないので、汚れの目立たない黒にしました。


折りたたむと結構コンパクト。

厚みはともかく、大きさ自体はスマホくらいです。

手のひらに収まるサイズ。

ザックに色々ぶら下げるのは好きではないので、隙間に入るこのコンパクトさは良いです。

スコップの厚みは、いちばん大きな部分で約2cm。

携帯用の道具として考えれば、じゅうぶん実用性はある大きさです。

計量してみたところ、重さは97gでした。

ワリと軽いです。

バックパック用としては合格かな。

ハンドル(持ち手)の可動部も、途中で止まる程度の硬さはあります。

畳んだ状態でプラプラするような事はありません。

ただ「ここはちょっとなぁ」というか、やっぱり100円だなと感じるところは、ハンドルのロックの強度。

ハンドルをグッと握るとロックが外れて折りたためる構造なのですが、少し力を込めてやれば、握らなくても無理やり畳めてしまう。

ロックの部分も薄い鉄板なので、「そのうちユルユルになるか、壊れてしまうんじゃないかな?」という予感がします。

あまりハードな使用には向きませんが、普通にペグが打ち込める地面であれば、じゅうぶんキャンプでも使えるスコップです。

まとめ

地面を掘り返してみると、フォールディングナイフでバトニングするような不安定さは感じるものの、ちょっと掘るぶんには全然OK。

アウトドア用途のスコップとしては、「とりあえずは使えるかな」といった印象です。

100円ならアリ!

アウトドア用のスコップって、探すとカッコイイのがいろいろあるんですよね。

それこそ『持ってると気分が上がるっ!』ってやつが。

けど、野営の時でもないと、キャンプでスコップってそんなに出番のある道具じゃないです。

もちろん人によるでしょうが、ぼくの場合はユニフレームのステンレスペグで代用できちゃう場面が多いんですよね。

あわせて読みたい
【抜けない!】ユニフレーム・ステンレスペグの効きがスゴイ! こんにちは、シズワです。 ユニフレームから発売されているステンレスペグ。 同じくユニフレームのジュラパワーペグをゴキゲンで使っていたところ、アマゾンのおすすめ...

だから、コンパクトなスコップを使ってみたいと思ってはいたけど、数千円だして買う気にはなれなかった

そんなとき、100円で売っていたのを発見して「まさに僥倖!」と思った次第です。

このセリアの折りたたみスコップは、キャンプ用にコンパクトなスコップを試してみたい用途にピッタリな製品です。

これで実際に何度か使ってみて「コンパクトなスコップ良い!」となれば、カッコイイのを買おうかなと思っています。

created by Rinker
シートゥサミット(SEA TO SUMMIT)
¥1,300 (2022/12/02 12:20:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
モンベル(mont-bell)
¥2,199 (2022/12/02 12:20:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
バーゴ
¥2,871 (2022/12/02 12:30:10時点 Amazon調べ-詳細)
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次