想定外は突然に! キャンプにかならず靴を2足もっていく理由

とくだん珍しくもない話なんですが、ぼくはキャンプに出かけるさい、靴を2足もって行きます。

春から秋にかけての3シーズンは、アウトドアブーツかトレッキングシューズと、サンダルの組み合わせ。

冬はSORELのウインターブーツと、車の運転がしやすい靴。

行先がどこであろうと、季節がいつであろうとも、かならず2足準備するようにしています。

もはや、春夏秋冬適用のマイルール。

その理由は、キャンプ先での『行動用とリラックスタイム用』。

・・・ではないのです。

違うんだヨ!

イヤ、そういう用途もあるにはあるんですけれど、どちらかといえば万が一、何かあったときの為の保険とか予備とかの、所謂そういう位置づけ。

ぼくはメンドクサガリでありながら、意外と用心深いのです。

目次

靴が使用不能になると詰む

キャンプの最中に何かトラブルがあって、道具が使えなくなって『さぁ困ったぞ!』という事態。

経験したくはないけれど、あり得ないことじゃないですよね。

その道具は例えばガス等の調理器具だったり、ランタンだったり、マットや寝袋、もしかしたらテントかも知れません。

どれもこれも、キャンプの継続が難しくなるものばかり。

使用不能になったら『まさに一大事!・・・でもないかな、と僕は思っています。

だって、帰ってきちゃえばいいんですから。

場合によっては、数カ月前から予定していることもあるキャンプ。

中止になるのは、それはもうショックなのは分かります。

しかし、『帰ってくる』という選択肢が取れる時点で、一大事ではないと考えています。

突き抜けて悲しいけどね!

けれどもし、使えなくなったのが靴だったら?

履くものが無くなってしまったら、そう簡単な話じゃない。

裸足の無力さは想像以上

なんせ身動きが取れないわけで、事態はまさに一大事。

ちょいと大自然を相手に素足で歩いてみれば分かりますが、リアルな大地ってのは、ヤワな現代日本人の足裏じゃあとても太刀打ちできません。

普段ならなんでもないような小枝が、恐るべき凶器に様変わり。

いつもなら歩きやすい整地された砂利道も、一歩ごとに悶絶する有様。

人の身の軟弱さを思い知ることとなるのです。

猫でさえ、あんなプニプニの肉球で動き回っているというのにね。

キャンプ場であれば人もいるし、だいたい電話も通じますから、まだ何とかなるかと思います。

けれど、これが人気のない野営だったら。車も近くになかったら・・・。

ほんと怖い!

文面で読んでいるだけならば『なんだかたいしたコトなさそう』って感じしますけれど、実際に野営でこのシチュエーションを思い描いてみると、想像以上に怖いですよ。

なんなら、パンツ一丁で助けを求めるほうが、まだマシかも。

キャンプで靴がダメになった経験

けれどそもそも、『キャンプをしていて靴が使えなくなる状況なんてあるの?』ってハナシですが、まぁ滅多にないです。

そんなの、そうそうあったら困っちゃう。

しかし油断は禁物で、ぼくは過去に一度だけ、そんな状況を経験しています。

朝起きたら、ブーツの中に巨大な毒毛虫が潜んでいたことがありました。

あわせて読みたい
キャンプの虫対策は大丈夫? 毛虫に刺された体験談 こんにちは、shizuwaです。 今は6月、夏は間近。 夏のキャンプは、色々な虫たちを目にする機会が多くなります。 虫好きさんにも虫嫌いのあなたにも、その機会は平等に訪...

アイツら結構しがみつくチカラが強くて、靴を逆さにしようが振り回そうが、まったく剥がれません。

最終的には焚き火トングで強引に退場願いましたけど、おかげで靴の中は残された毒の毛だらけ。

とても履ける状態じゃありませんでした。

幸い近くに車があったのと、車内にサンダルが積みっぱなしになっていたので助かりました。

あのとき『血の気が引く』という言葉をリアルに実感できたのは、刺されて毒毛だらけになった自身の指のせいだけでなく、『靴なしでどう帰る?』って問題に現実に直面したからだろう。

まとめ

屋外で靴がなくなるのはほんとヤバいです。

なかなか想像つかないと思いますが、それまで心地よく優しかった自然が急に牙を剥く感じ。

ズボンとかパンツも違う意味で危険だけど、物理的に身動きがとれないという意味で、靴はそれ以上にヤバいかもしれません。

あれはたった一度の経験でしたが、それ以降のぼくの行動を変えてしまったほど、強烈なインパクトの出来事でした。

今振り返れば、毛虫程度なら『ブーツの中にビニール袋を入れてから履く』とか対処法も思いつきますけど、あのときは動転してそんな余裕なかったなぁ。

それに『動物に持って行かれる』『派手にぶっ壊れちゃう』など、物理的に履けなくなるような事態が起きないとも限らない。

あんな思いはもう二度とゴメンだねっ!ってわけで、ぼくは靴をかならず2足準備していくのです。

最近は、クルクルッと小さく丸めてコンパクトになるシューズしようかな?とも思案中。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次