スノーペグは雪中キャンプの必需品!『GeerTop』の製品がリーズナブルでおすすめ

冬の雪中キャンプにスノーペグは必須です。無くても何とかなりますが、雪が深いと普通のペグではなかなか大変。

固定も難しいし、雪の中に落とすと、見つけるのは諦めるレベルで見つかりません。

そこでスノーペグの出番です。

最近は安い製品もあり、実用性は十分。今回はアマゾンや楽天でよく見かける『GeerTop』のスノーペグをレビューします。

年に数回程度の使用なら、値段の高いMSRのブリザードステイクより、断然オススメです。

目次

雪中キャンプにはスノーペグ

外で遊ぶことにどっぷりハマった人たちの冬の醍醐味、雪中キャンプ。

まったく興味のないウチの妻さんからは「意味わかんない」とか言われますが、僕にはたまらなく楽しい時間です。

雪の中で焚き火してご飯つくってビール飲むとか、日常じゃありえないシチュエーションが魅力。

楽しすぎて震える

そんな魅力いっぱいの雪中キャンプですが、普段とは違う道具が必要になってきます。

スノーペグも、そのひとつ。

当然のように雪は地面よりずっとやわらかく、普通のペグではほとんど効果がありません。

すぐに抜けてしまい、「テントが飛んでった!」なんて悲劇に見舞われるかもしれませんし、非自立式の場合そもそも張ることさえ出来ません。

なので、雪でも保持力のあるスノーペグが必要になってくるのです。

雪を越えて地面までペグが届く程度の積雪なら必要ありませんが、ある程度積もっている場合はぜひ準備したい道具です。

雪にも砂にも使えます

スノーペグは地面にくらべ柔らかい雪でもしっかり効くように、表面積が大きかったり、すごく長かったりといった形状をしています。

雪のほか、やはりペグの効きにくい砂地にも有効で、ビーチにタープを張るときなども活躍します。

さらには幅広い形状をいかして、簡単なシャベルとしても代用可能。

代表的なスノーペグは、MSRの【ブリザードステイク】。

他メーカーから出ているのも、だいたいこんな形状をしています。

リーズナブルなGeerTopのスノーペグ

ブリザードステイクはさすがのMSR品質でとてもカッコイイのですが、お値段が少し気になるところ。

命を預ける登山使用ならともかく、年に数回の雪中キャンプ程度では、なかなか購入に踏ん切りのつかない価格です。

最近は安いスノーペグも多く見かけるようになってきたので、レジャー用途ならそちらがオススメ。

ぼくが持っているのも、『GeerTop』というアマゾンではおなじみのリーズナブルメーカーの製品です。

こちらなら、MSRの約半額で購入できます。

GeerTopのスノーペグ レビュー

  • 全長:31cm
  • 全幅:3.5cm
  • 重さ:47g
  • 素材:アルミニウム

サイズから分かるように意外と大きいペグです。この大きさで雪でもしっかりと保持力を発揮します。

持ってみると、見た目のサイズから想像するよりずっと軽くて驚きます。そのため本体のアルミは少々うすく、強度はあまりなさそうです。

とはいえ、雪や砂に使う分には何も問題ありません。

土に使ったことはありませんが、たぶん無理でしょうね。

曲がっちゃうと思う

大きいペグですが、軽いのとスタッキングで重ねることが出来ることから、持ち運びはしやすいです。さほどスペースはとりません。

スノーペグの使い方

この手のスノーペグは、横にして寝かせて使う機会もあります。

まずペグ本体の穴にロープを通し、雪を掘ってペグを横にして埋めます。

雪に埋めたらしっかりと踏み固め、ロープをテントに自在結びでつないで、テンションを掛けて出来上がりです。

もちろん、雪が硬く締まっている場合は、普通に縦に刺してもOKです。

まとめ

フィールドの状況に合わせペグを使い分けるのは、快適なキャンプを楽しむのに欠かせないコツ。

地味な道具ですが、とても重要な役割です。

ある程度の積雪がある雪中キャンプには、スノーペグを準備しましょう。

普通のペグでも『2本をクロスさせて埋める』とか、方法はあるんですが、いかんせん面倒です。

しかも、雪の中に落としでもしたら、びっくりするくらい見つかりません。

1本あたり400円程度で買えるなら「安いものだ!」と、雪の中に落としたペグを30分間さがした事のある僕は思うのです。

結局見つかりませんでしたし!(涙)

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる