須賀川市市民の森で紅葉キャンプ~木々に囲まれた快適空間

暦は11月に入り、ここ東北はもう晩秋と言える時期。磐梯山はうっすらと白くなりました。

そんな会津地方と比べ、まだ比較的に暖かい中通りは須賀川へ、紅葉キャンプに行ってきました。

目次

須賀川市市民の森キャンプ場

今回お邪魔した須賀川市市民の森は、宇津峰中腹に位置するキャンプ場。

その名から分かる通り、市営の施設ですので料金は格安です。

料金・利用時間

1泊620円
IN/12:00 ~ OUT/翌12:00

所在地・電話

須賀川市塩田字音森20
0248-79-2187

利用期間

4月29日~11月10日

テントサイト

区画・全22サイト
車の乗り入れは不可
リヤカーの貸出し有り

出典:須賀川市HP

須賀川市市民の森・秋の紅葉キャンプレビュー

今回のキャンプ地は22番サイト。管理棟から一番奥の位置になります。

山の中腹だけあり場内は全体的に傾斜地で、その中に平坦な区画サイトが段々畑のように連なっています。

車やバイクの乗り入れは出来ず、管理棟の駐車場に止めてから歩きでサイトに向かう事になります。

管理棟から離れるほど登りになるので、リヤカーを借りられるとは言え、荷物の多い場合は少し大変かも知れません。

各サイトは概ね十分に広く、ソロでは持て余すくらいでした。ツールームテントでも大丈夫そう。

2つの区画がくっついた様なサイトも幾つか見かけたので、グループでの利用も良さそうです。

サイトの地面は土、というか、細かい砂利?砂?。ペグが手では入って行かない位には固く締まっています。

草地と違って夜露が少ないのは有難いですが、反面、雨の日は道具が汚れそうかな。

森の中だけど見通しが良く、子供連れも安心して過ごせそうです。その代わりサイト間の目隠しが無く、また間隔も近いのでプライベート感は低め。

平日で空いていたので快適でしたが、ぼくと同じ様な完ソロ好きには繁盛記は辛いかも知れません。

炊事場は十分な大きさのものが場内に2か所。とてもキレイに掃除されていました。

洗い場・テーブル・かまどのあるオーソドックスなタイプ。

洗剤やタワシなどの備え付けはありません。

灰は指定のドラム缶に捨てることが出来ます。ありがたい。

トイレは建てて間もないのか、小綺麗なログハウス風の建物になっています。

こちらも清潔に掃除されていました。

バイオトイレだそうで、中はこじんまりとした個室になっています。トイレ臭のしない、ほのかにおがくずの匂いがする不思議なトイレです。

木々が多く茂る場内は、見事な紅葉に包まれていました。

ブラブラと歩ける道も整備されていて、読書の合間に散歩が捗ります。

西音森山頂まで約40分、その先の宇津峰山頂までは約60分のハイキングコースが伸びているので、キャンプついでに登ってみるのも面白そう。

ぼくはグダグダ過ごしたいので行きませんが...。

上空ではときおり風の吹く音がしていましたが、キャンプ場は谷間にあるおかげか、サイトにはさほど吹き込んできません。

下が土ということもあり、安心して焚き火が出来ます。

この日は気温もたいして下がらず、ずっと快適に過ごせました。

まとめ

公共施設なので格安で利用でき、そのうえ居心地の良いキャンプ場でした。

こういう市営とか町営とかのキャンプ場は、フリーサイトはともかく区画となると、「絶対キャンプに興味ない人が設計しただろ」的な所も多いのですが、ここはちゃんと「キャンプ場」です。

いたずらに森を切り開き過ぎず、木々に囲まれとても気持ちが良い。軽登山できる山のふもとと言う立地もしっかりと活かしています。

混雑時は分かりませんが、空いている平日ならぜひリピートしたいところです。

ネコ館長にもまた会いたいし!

残念ながら今年はもう終わりなので、次は来年かな。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる