キャンプに玉子を1個だけ持って行きたい! ケースは【たまピヨ】がおすすめ

キャンプに玉子を1個だけ持って行きたい時って、困りませんか?

エバニューやロゴスといったアウトドアメーカーから、玉子を運ぶためのエッグホルダーが販売されていますが、小さいものでも2個入りです。

でもソロだと「一つだけで良い」という場合が結構ありますよね。

2個入りのホルダーだと無駄に荷物になってしまって、ちょっと不満でした。

なので今回、以前より気になっていた、玉子1個用のケースを購入してみました。

目次

キャンプに玉子は便利な食材

殻があって持ち運びしやすいし、常温で保存が可能。

割れにさえ気を付ければ、玉子は実にキャンプ向けの食材です。

調理は簡単で茹でても炒めてもOK。とりあえず玉子をプラスしておけば料理のグレードが1段上がったような気になる。

ぼくは鍋やうどんを食べることが多いので、毎回かならず持って行きます。

エッグホルダー(玉子入れ)はだいたい2個用

持ち運びには、ロゴスの2個入りトレックエッグホルダー。

これを使うようになってから、玉子の扱いは断然ラクになりました。

あわせて読みたい
キャンプにタマゴを安全に! ロゴス・トレックエッグホルダー テントの設営も終わり、荷物を広げてみたら『中で卵が割れていた!』なんて経験ありませんか? もしなくても、その時の絶望たるや想像に難しくないでしょう。 そんな惨...

ほかの食材と一緒にして、荷物の中へ適当に放り込んでおけるので、とても助かっています。

もっと早く購入すべきだったと思いました。

でもソロだと、1個だけでいいって時が結構あるんですよね。

そんな場合は空いたもう1個分のスペースに調味料などを入れるか、もしくは無理に2個食べるかしていたのですが、ついに気づいてしまったのです。

これ無駄じゃね?

いやね、普通に2個使う時だってあるから、別にイイかと思っていたんです。

でも一度気になりだすと、やっぱり気になる。

1個用のエッグホルダーが欲しいな、と。

アウトドア用品では残念ながら見つからなかったので、お弁当用のたまごケースを購入しました。

ゆでたまごケース【たまピヨ】レビュー

購入したのはこの製品。

サイズは約φ5.7cm×H7.5cm。

玉子をそのまま大きくしたような、シンプルな造形です。

この表情にやられました。

使い方はいたって単純。本体を回して上下の▽と△を合わせれば、パカッと開きます。

子供でも問題ないくらい、扱いは簡単です。

その割にきっちり締まるので、何かの拍子に開いてしまう、なんてことは無さそう。

下パーツの方には、玉子を抑えるためのゴム(シリコン?)が付いていて、中に入れた玉子が動かないようになっています。

こんなんで大丈夫?と思ったけど、玉子が入った状態で振ってみてもカタカタしなかったので、ちゃんと役目は果たしているようです。

放り投げてみたり、座布団の上に落としてみたりしましたが、割れることはありませんでした。

本来はゆでたまご用のケースですが、生卵でも問題なさそう。

意外と防御力はあるようです。

まとめ

ソロキャンプで、「玉子を1個だけ簡単に持って行きたい」という要望を叶えてくれる、たつみやのたまピヨ

もともとは、ゆでたまごを入れるお弁当用品ですが、アウトドアにも十分対応できるポテンシャルを持っています。

それでいて、この可愛さ。

ぼく、40半ばのオッサンだけど、荷物から取り出したとき思わずニヤケてしまいそう。

荷物をコンパクトにしたいソロキャンパーやライダーさんにはもちろん、雑貨好きにもオススメです。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる