冬のキャンプには冬用のガスを!寒冷地用のOD缶を準備しよう

冬、気温が氷点下になってくると、普通のOD缶(ガス)では火が点かなくなってきます。

雪が降りしきる中、「お湯が沸かせない!」なんてことになったら、ちょっと大変。

冬キャンプのガスは、寒くても使える『寒冷地用のOD缶』を準備するのがおすすめです。

目次

OD缶にも種類がある

OD缶とは、アウトドア用ガス器具に使用するガスカートリッジのこと。

ガスバーナーや、ランタンに使います。

キャンプでお湯を沸かしたり調理をする場合は、このOD缶にガスバーナーをセットする訳です。

必要な時にサッと使えるため、とても便利。

アウトドアショップに行くと各社のOD缶が並んでいるのを見かけますが、メーカーの違いやサイズ以外にも、じつは使用環境に合わせた種類があるって知ってましたか?

※サイズの違いについてはコチラ

あわせて読みたい
OD缶(アウトドア缶)のサイズ選び ソロに適した大きさは? OD缶とは、アウトドア用の火器に使うガス缶のことです。 小・中・大と3種類あるのですが、慣れないうちは 「どのサイズがいいんだろう?」 と悩みがち。 春夏秋冬、OD缶...

大きく分けて3種類

OD缶には、パッと見で分かるサイズの違い以外にも、じつは、気温で使い分けるべき種類があります。

大きく分けると3種類。

  • 暖かい時期用のレギュラータイプ
  • 0℃前後でも使えるオールシーズンタイプ
  • 氷点下でも安定した火力の寒冷地用タイプ

レギュラータイプ

スポーツ用品店やホームセンターでもよく見かけるのがこのタイプ。

暖かい時期に使うガスで、気温が一桁になると火力低下が実感できます。氷点下ではほぼ役に立ちません。

気温の下がる朝方には、『ぜんぜん火が点かない!』なんてことも。

冬キャンプには向かないモデルです。

オールシーズンタイプ

配合比率により、寒さに強くなったガス。

プリムスのパワーガスや、コールマンのスーパーガスなどがこのタイプです。

0℃くらいでも割と安定して使えますが、氷点下になると少し火力が落ちてきます。

とはいえ、お湯を沸かす程度なら大丈夫だし、テント内や前室なら冬キャンプでも使えます。

各メーカーから出ていますが、EPIのパワープラスがもっとも寒さに強い感じ。

主観だけどね
created by Rinker
イーピーアイ(EPI)
¥458 (2021/10/17 22:04:24時点 Amazon調べ-詳細)

寒冷地用タイプ

とにかく寒さに強いガス。

雪中だろうが-10℃だろうがガンガン使える頼もしいヤツ。

プリムスのウルトラガスとか、EPIのエクスペディションがそうです。

ただ寒さには強いけど、そのかわり暑さに弱いデリケートさん。気温が高いと使えません。

専門店じゃないと売っていないこともあり、入手性に難があります。

created by Rinker
イーピーアイ(EPI)
¥607 (2021/10/17 22:04:24時点 Amazon調べ-詳細)

プリムスは店頭販売のみだけど、EPIならネットでも買えます。

気温に応じたOD缶を選ぼう

冬キャンプでは、レギュラータイプのガスは役に立ちません。もし持って行ってしまったら、きっと絶望に打ちひしがれる事になるでしょう。

冬には寒さに強いタイプを

冬キャンプに使うなら、オールシーズンタイプか寒冷地用タイプになります。

どちらが良いかはケースバイケースなので一概には言えませんが、キャンプのスタイルや環境に応じて使い分けるのがベスト。

目安としては、

【オールシーズンガスがおすすめ】
  • 気温が0℃付近
  • ワンポールテントなど、幕内で火器が使える
  • 暖房を使用する
  • 雪の積もらない、比較的温暖な地域
【寒冷地用ガスがおすすめ】
  • 気温がずっと氷点下
  • ガスバーナーを外で使う
  • 雪中
  • 東北・北海道や、標高の高い寒冷地

ざっくりではありますが、こんな感じで判断すれば良いかと思います。

ちなみに、ぼくの冬キャンプは寒冷地用のガスを持って行きます。

暖房を使わないし、猪苗代や裏磐梯の冬には、オールシーズンタイプでは少し力不足です。

火器とガスは同メーカーがいいの?

OD缶もガスバーナーも、各社とも同一メーカーで揃えるよう案内しています。

ですので、できれば自分の持っている火器と同じメーカーのガスを選ぶが良いと思います。

しかし、どうしても違うメーカーのガスが使いたい場合、合わないのかと言うと、そんなことはありません。

一応、違うメーカー同士でもだいたい使えます。

ただ、メーカーは「大丈夫」とは言っていないし、何かあったとき保証対象外になってしまうので、オススメは出来ません。

自己責任になるので、そのことを留意しておきましょう。

まとめ

キャンプを始めたばかりだと、意外と知らないガスの種類。

冬には寒さに強いタイプを使わないと、最悪お湯も沸かせなくなってしまいます。

朝、キーンと冷えた空気の中、楽しみにしていたホットコーヒーが飲めなかった無念さは想像を絶しますよ!

OD缶も寒さ対策をして、冬のキャンプを楽しみましょう。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる