11月の裏磐梯で冷たい雨キャンプ unigearタープはやっぱり優秀

11月も半ば過ぎ。初冬の裏磐梯へキャンプに出掛けてきました。

行先は、いつもの「みちのくキャンプ場」。

湖畔でこそないものの広々とした場内からは磐梯山がよく見えて、わりと空いていてのんびりと落ち着ける、いちばんお気に入りの場所です。

初日は雨と、強めに吹く冷たい風。

一転、翌日は雲ひとつない晴天と、「終わり良ければすべて良し」なキャンプでした。

目次

unigearタープで雨も快適

天気予報では雨は午後に上がり、夜には晴れへと回復に向かう見込み。

ですが13時の時点では、止む気配は全然ありません。

この時期の雨キャンプは嫌だな、とは思いましたが、止まないものは仕方がない。

タープの中にテントをすっぽりと入れ込み、本をお供に雨雲が通り過ぎるのを待ちました。

タープ下の空間は風も当たらず意外に快適。設営さえ乗り切れば、雨のキャンプはけっこう楽しいものです。

時折日が差しますが、依然空は暗いまま。

しばらく籠って過ごします。この時間は嫌いじゃない。

雨の降るさまを眺めながら、ぼーっとするのが雨キャンプの醍醐味です。

コーヒーが美味い。

この日に用意したタープは、去年アマゾンで購入した格安の「unigear」。サイズは3m×4mと、ソロとしては比較的大きなもの。

あわせて読みたい
格安!unigear(ユニジア)タープのレビュー・ループが多く色々な張り方が楽しめる! こんにちは、shizuwaです。 unigear(ユニジア)というメーカーのタープを購入しました。 いわゆる中華アイテムというやつですが、これがなかなか良い具合。 ループが多く...

ループやハトメが多く、色々な張り方が出来てとても便利。なにより値段が安く、かつ品質も悪くない。

DDタープの代用品として、こいつは「大当たり」な買い物でした。

タープ下でポテトチップスなぞ食べつつノンビリしていると、いつの間にか雨は上がっていた。

11月の裏磐梯は冬のはじめ

裏磐梯の11月は、普通に雪も降る時期です。

雨が止んだとはいえ、風は冷たい。

ようやく晴れた空を見上げていると、「ゴオッ」と音がして木々が揺れる。

温度計の表示は4℃くらいだけど、風が吹くと体感はマイナスだ。寒い!

薪き割りしてても寒い。

けど、コーヒーが美味い。

風がある時の焚き火は控えるようにしています。

言うまでもなく、危ないです。火の粉が舞うようなら止めたほうがいい。

予報通りなら、このあと風は収まるはず。

あたりは雨でビチャビチャだ。

今回は問題ないと判断する。なにより、火を熾さないとご飯が作れない。

ガス缶忘れちゃったよ。

いや、あるにはあるけど、あと何回点くか分からんような、使い切ろうと持ってきたスカスカのやつが一本だけ。

毎回、忘れ物がなくならない。

薪グリルの暖かさ

ユニフレームの薪グリルは傑作だと思う。品切れ状態が続くのも納得できる。

リンクを張ろうとネットショップを見たら、どこも定価より高くなっていたので止めました。

はやく供給されるといいな。

ぼくがバックパックキャンプの時に使っているのはベルモントのTABI。

あわせて読みたい
ベルモントTABIの使用レビュー 【地べたスタイル】にこそオススメしたい焚き火台! バックパックで持ち運べる軽量コンパクトな焚き火台が欲しい!と考えたとき、候補に挙がってくるのが、ベルモントのTABI。 チタン製の超軽量な焚き火台です。 でもお値...

対して車が横付けできるオートキャンプの時は、薪グリルです。

火が暮れる頃には風も止んで、焚き火には丁度いい環境になりました。

辺りはかなり濡れているので、延焼の心配はありません。

気温は3℃付近まで下がっていましたが、薪グリルの前は快適そのものです。

この頃になると酒も進んで、料理の写真などほとんどない。

ブロガーは大変なんだなと毎回あらためて思うけど、じゃあ撮影しようとは思わない。

だって、調理を失敗したら元も子もないじゃない?

熱いうちに食べたいじゃない?

あくまで、自分が優先のブログです。

とりあえず、焚き火と熾火を一台で簡単に使い分けらけるのが、薪グリルのすごいところ。

調理特化は伊達ではありません。

ホント、傑作だと思う。

翌朝~まとめ

翌日は朝から良い天気。風もなく穏やかです。

タープの水滴は凍っていました。

明け方の気温は、たぶん0℃付近だったんじゃないかな?

このくらいなら、マットと寝袋さえきちんとしたのを持っていれば、快適に過ごすのは難しくありません。

気温が下がれば下がるほどテンションは上がる。

不思議な冬キャンプの魅力を感じるのは、まだまだこれからです。

11月の裏磐梯は、もう冬の気候です。

もしキャンプに訪れるなら、それなりの装備を忘れないように注意しましょう。

夜の寒さに凍えては、楽しむものも楽しめなくなってしまいますからね。

10月いっぱいで営業を終えるキャンプ場が多いので、事前確認を忘れずに。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる