格安!unigear(ユニジア)タープのレビュー・ループが多く色々な張り方が楽しめる!

こんにちは、shizuwaです。

unigear(ユニジア)というメーカーのタープを購入しました。

いわゆる中華アイテムというやつですが、これがなかなか良い具合。

ループが多く色々とアレンジができ、けっこうタフな作りなので、DDタープやアクアクエストの代わりに検討しても良いタープです。

ぼくは主に雨キャンプで使おうかと思って、3×4mのXLサイズをを選びました。

ソロ用途としてはゆったり過ごせる大きさです。

格安なお値段だったこともあり、消耗品くらいの気持ちで買ったのですけども、予想外に良い品で大満足!

コストパフォーマンス抜群のタープでした。

目次

unigear(ユニジア)のタープがなんか良さそう

これまで雨キャンプでお世話になっていたのは、バンドックの名品・ミニヘキサゴンタープ

今でこそ5000円オーバーですが昔は3000円ちょっと。

これでポールまで付いているんですから、脅威のコスパアイテムでした。

いまでも十分お買い得だけどね。

濡れたまま片付けたり下で焚き火をしたりと、かなりラフに扱っていたこともあり、だんだんとヘタリが見えてきました。

こんな適当な主人で申し訳ない。

そこで、あらたに雨キャンプ用タープを新調することにしました。

購入するにあたっての条件、というか希望はこんなとこ。

  • サイズは3×4mくらい
  • 有効面積の広いレクタタープ
  • ループの数が多い
  • 消耗品のつもりなので、安いとうれしい

値段さえ気にしなければ、まっさきに候補となってくるのはDDタープアクアクエスト

ただ、確かに間違いはないんですが、ラフに使うには少々お高い。

1万円くらいしますからねぇ・・・。

と思っていたところ、アマゾンさんがそれらと一緒に紹介してきたのがユニジアのタープです。

コスパの良い中華タープ

unigear(ユニジア)。聞いたことのないメーカーですが、どうやら中華アイテムのよう。

以前は安かろう悪かろうも多かった中華ですが、最近は品質もどんどん上がり、決して安いだけではなくなってきた印象です。

このタープも、みたところ条件にはぴったり。しかもタイムセールでまぁ安いこと!

「あれ、これいいんじゃね?」

と、このユニジアが一気に筆頭候補へと躍り出ました。

unigear(ユニジア)・DDタープ・アクアクエストで迷った

雨キャンプ用のタープを購入するにあたって考えていたのが、【DDタープXL】【アクアクエストのサファリ・ラージサイズ】

どちらも、ぼくの希望にはピッタリのアイテムです。値段以外は・・・。

この2つとunigear(ユニジア)を比べてみました。

サイズ

DDタープには3m×4mのサイズがなく、一番近いのが 3m×4.5mのXL。雨用タープは大きいにこしたことはありませんが、ソロなら3m×4mあれば十分

unigearタープXLDDタープXLアクアクエスト
大きさ3m×4m3m×4.5m3m×4m
重さ1200g1020g970g
耐水圧3000mm3000mm20000mm
ループ数181919

重さ

アクアクエストが【970g】で最も軽く、unigearが【1200g】で一番重い。

しかしその差は230gです。登山するわけでもないし、このタープを使う時は車横付けなので問題ありません。

誤差の範囲内です。

耐水圧

unigearとDDタープは共に【3000mm】アクアクエストは【20000mm】!

目安として、傘の耐水圧が【500mm】程度だそうです。

タープとしては3000mmあれば十分

unigearとDDが劣っているのではなく、アクアクエストが異常なのです!スゲーな20000mmて。

ループ(グロメット)数

unigearは【18か所】。DDとアクアクエストは【19か所】

unigearだけ中央上部についていません。

『この場所にないと困る』という人は検討してから決めましょう。必要かどうかよく分からない人は、気にしなくて大丈夫です。たぶん。

それにしても、「こんなとこケチるなよ」と言いたい。

値段

DDタープとアクアクエストがだいだい【1万円】くらい。

たいしてunigearは、タイムセールで【3000円】 安い!

unigear(ユニジア)に決定

unigearタープにした理由。それはもう、値段の安さ。

僕にとってタープは消耗品

雨の日はタープ下で焚き火をします。あまり炎を立てずチロチロ燃やしますが、穴をあける危険性は常にあります。

unigearが5000円以上するなら他の候補も考えますが、3000円なら穴があいても諦めがつくと言うもの。

値段が安いというアドバンテージはとても大きいです。1万超えのタープの下で焚き火をする気にはなりません。

ちなみに、雨キャンプの定番ポリコットンタープは、重いし乾かすの面倒だしでぼくは使いません。

使用レビュー

購入したのはグレーのXL。

サイズ300cm×400cm
収納サイズ36cm×21cm
重さ約1200g
材質210Dオックスフォード生地+シルバーコーティング
耐水圧3000mm
付属品ガイロープ(400cm×6本)・アルミペグ(18cm×6本)

商品説明では収納サイズ36cm×21cmとなっていますが、実際は30cm×直径14~15cmといったところ。割とコンパクト。

ロープなどを結びつけるループ(グロメット)数は18か所。真ん中欲しかったなぁ。

出典:Amazon

外見。見た目も質感も、意外なほど上出来です。

タグもカッコいい!旗がゴルフにしか見えんけど、デザインしようとした意気込みは認めよう。

3000円で買ったもんだから、どんなのが来るのかちょっと心配でしたけど、ちゃんと普通でした。ちゃんと普通。

中にはタープ本体と、ペグ・ロープが入った収納袋がひとつ。

ペグとロープは6本ずつで、自在はプラスチック製の3つ穴タイプ。

収納袋はタープ本体と同じ素材で、裏側はしっかりシルバーコーティングしてある(笑)

タープの生地は厚めで丈夫そう。

レビューで散見されたグロメットの不具合はなく、取り付けもしっかりしています。

でもこの辺りは、個体差があるかもしれませんね。

裏面はシルバーコーティングになっています。剥がれなどは無し。

シームテープも貼ってあります。多少の雑さはあるけど、他の海外メーカーと比べても大して変わらないんじゃないかな。

総じて出来のよさに驚いた。キチンと造られている。最近の中華製はここまで来たのかと素直に感心できる製品です。

これが3千円ソコソコで買えてしまうのだからスゴイなぁ。

雨の日に使ってみた

さっそく使用してきました。この日は夜から雨の予報。テストするには丁度いいタイミングです。

外で見ると明るい色合いに感じますが、実際は収納袋と同じ色です。

結構強めに引っ張っても破れるようなことはありませんでした。生地が適度に厚いので、ペラペラせずかえって張りやすく感じます。

シルバーコーティングの面はモロ銀色、けど全然気になりません。焚き火の熱やランタンの明かりをけっこう反射してくれるので、雨用タープとしてはありがたいです。

撥水性もちゃんとあって、このくらいの傾斜があれば小雨程度なら溜まることなく流れてくれました。前部分のポールを外し三角屋根にすると、雨粒は勢いよくタープ上を滑り落ちていく。

19時頃から本格的に降り始め、翌日の帰るときまでずっと雨が続いていましたが、もちろん染みたり漏れたりはありません。 一晩明け、朝もしっかり雨をはじいていました。

付属のロープも問題はなし。自在は手持ちのものに変えましたが、そのままでも構わないでしょう。

ペグはアルミ製でかなり軽い。このサイズのタープには頼りないけど、先端がちゃんと尖っているので一応使えます。

今回はウイング部分のロープに使ってみて、曲がったり抜けてしまうような事はありませんでした。ただ、風があるときはこのペグでは無理だと思う。別に用意したほうが良いです。

遮光性も良好

晴れの日に使ってみたところ、遮光性も良好です。

濃い影が出来ました。

布地付近は熱を感じるものの、座っていれば伝わってきません。

シルバーコーティングがしっかり仕事をしています。

日陰となったタープ下は、風も抜けて快適そのもの。

グロメットが多いからいろいろ形を変えられて、時間と共に変わっていく日の動きにも対応できます。

ワンポール風にしてソロテントをイン

ポール1本でワンポールテント風に。

内部空間は意外と広く、ソロテントならすっぽり入ります。

写真だと全面が大きく開いているように見えるけど、実際は3方向からの風が防げるようになっています。

中に居るとけっこう暖かい。

あわせて読みたい
今年はもう雪がない!4月初めの裏磐梯で完ソロキャンプ こんにちは、shizuwaです。 いろいろと大変な時ですが、絶対に人に会うことはない所へ、ソロキャンプに行ってきました。 支障のない範囲で、出来るだけ普段と変わらず行...

まとめ

アマゾンの評価では微妙なコメントも見られましたが、品質はとくに問題なく、僕的には非常に満足度の高い商品でした。

もしかしたら当たりはずれがあるのかもしれません。それでも、「中華製もここまで来たか!」というのが感想です。

ループが多くアレンジが豊富なので、DDタープやアクアクエストを検討しているけど、「ちょっと高いな」と購入をためらっている人にオススメです。

あとの問題は耐久性ですが、このタープは雨のとき以外あまり出番はないと思われるので、検証できるのは少し先になりそうです。まぁこの値段なので、一年でダメになっても文句はありませんけどね。

メイドインチャイナ、見直しました。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる