ようやく!雪を存分に楽しむ冬キャンプ【裏磐梯】1月の雪中完ソロ

1月28日。

薄めの雲がゆっくりと動く、とても静かな朝。

前日に吹いてた強い風は、予報の通り、夜半過ぎに止んだみたいだ。

よかった、これならキャンプに行ける。

1日ずらして正解だったな。

どの季節でも、キャンプでいちばん辛いのは風なのだ。

なかでも冬はとくに辛い。

氷点下のなか風速5mとか吹かれると、もうテントに籠るしかなくなってしまう。

まぁ、それはそれで楽しかったりもするんだけれどね。

でもやっぱり、穏やかなお天気がいちばん。

風のない今日ならば、気持ちの良い、落ち着いたキャンプが出来そうです。

目次

1月末の裏磐梯・完ソロ雪中バックパックキャンプ!

というワケで、今シーズン2回目。

裏磐梯へソロキャンプに行ってきました。

本当は前日の予定だったので、荷物はもう準備済み。

あとは車に乗り込むだけ!

ひと月ぶりとなる裏磐梯。

前回に来たときは雪が少なく、ちょっと不完全燃焼気味でした。 

けれど今はもう一月の末、冬真っ盛り。

大丈夫、今回はちゃんと積もってる!

積雪は60cmくらいかな。

例年と比べたらぜんぜん少ないものの、雪の上を歩く感触はちゃんと味わえる。

しばし、フカフカとした雪上散歩を楽しみました。

やっぱり新雪はたまらない。

さあ、いつもの場所に到着したし、ザックを下ろして設営を始めよう。

ひと仕事だ!

汗冷えしないよう上着を脱いで、頭と首に手ぬぐいを巻き、あとはひたすらスノーシューでぺったんぺったん踏み固め。

あらかたスペースが出来上がったら、今度は片膝ついて、平坦さをチェック&さらにチェック。

芝目をよむゴルファーみたいじゃない?なんて思ったり。

ゴルフしたことないけどね。

雪の上の凸凹は滑ってしまうぶん、土の地面よりも厄介なのです。

だから念入りに。

仕上げにスノーショベルで平らにならして、テント建てたら完成です。

あと、出入り口前に、足を入れる穴を掘るのも忘れずに。

この一連の作業がけっこう疲れるんだけど、『雪中キャンプに来た!』って気分になるから意外と好き。

日々の労働は大っ嫌いだけど!w

冬の完ソロはとても静かに

翌日が月曜ということもあり、まわりには自分以外だれもいません。

そう、完ソロってやつですよ!

雪は音を吸うからか、人のいない無風の雪原は、驚くほどしんとしています。

おなじ完ソロでも、無雪期よりもずっと静か。

見渡せば、空も地も似たような灰色で抑揚がなく、人によっては陰鬱とも感じられそうな雰囲気。

うん、嫌いじゃないです。

性格的に完全内向型なもんで、こういうの、ひたすら自分の世界に浸れて、けっこう好き。

そしてたまに顔を見せる青空が、吸い込まれそうに美しい。

冬の青の鋭さに、ちょっと体の奥のほうが、ぶるっと震えたような気がした。

けっして寒いわけじゃない。

甘味がやめられない

毎度毎度のことですが・・・。

ぼくのキャンプの楽しみ方は、読書とコーヒー、ぶらりと散歩。

飽きもせず、いつものお決まりです。

今回はある程度雪が積もったので、林の中へ入って行ける。

でもまずは、腹が減ってはなんとやら。

軽く昼食をとるとしよう。

気温が低いと体温を維持するためか、普段よりエネルギー消費が多い気がするんだよなぁ。

だから夏ごろよりも確実に肉の付いたこのお腹は、そのエネルギーを蓄えるための自然の摂理だ。

と、ありがちな言い訳をしてみるものの・・・

今回も甘いやーーーつ!

大好きな、ヤマザキ・ホワイトデニッシュショコラ。

ミニロースターでちょっと炙ってやれば、外側は熱々のパリパリで、その下のパン生地はふんわりと温かく、中は冷たいチョコがパキッと音を立てる。

そのあとの濃い目のコーヒーがたまらない。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥2,420 (2024/06/18 17:19:18時点 Amazon調べ-詳細)

いつもの僕です

積雪があるとは言っても、例年と比べればずっと少ない。

中途半端に雪の積もった林の中は、一面真っ白とはいかず、雪面から余計なものがいろいろ飛び出している。

なんだか寒々とした雰囲気。

それを『埋もれていてほしいものが埋まってないから』と理由づけるのは、こちらの身勝手というもの。

自然には、人の世の『見ないふり』なんて理屈は通じない。

いつだって手厳しいのだ。

笹が出ていて歩きずらいんですけど!、なんて文句を言ってもしょうがないよねw

まぁ、水辺を見て満足したので、あとはテントに帰ってのんびりとすごそう。

つぎに来るときは、もうちょっと積もってたらうれしいなぁ。

汗を吸って湿っぽくなった手ぬぐいを外したら、あとはもう動かない。

だらだらとした時間を存分に楽しむのみですよ。

コーヒーはさっき濃い目を飲んだから、今度は紅茶にしておいた。

最近、「カフェインをもうすこし控えるように」と妻さんからしつこく言われているのです。

もちろん、彼女がそう警告するのは決して嫌がらせな訳ではない、と分かってますので、ちゃんと言いつけは守ります、はい。

本とお菓子を用意して、文字通り、午後のティータイム。

目の前にあるのがコーヒーじゃないのはいささか不本意ではありますが、こうなったら全力でお紅茶を堪能してやろうじゃないか!

と意気込んで、茶葉をじっくり蒸らしていると、ふわんとやさしげな良い香り。

クッカーの蓋をソーサーに見立てたら、なんだか少し優雅な雰囲気が漂ってきた気さえします。

「いまの自分は映えているんじゃないだろうかっ!?」

そう思って、咄嗟に自撮りしてみたら・・・

いつもの僕でした。

すみません、勘違いだったようです。

ラジオから流れる競馬中継の、なにやら興奮したアナウンサーの声が、ちょっぴりむなしく響いていました。

なんだか寒くなってきた

やがて日も暮れて、焚き火台に炎が上がると、急にお腹がすいてくる。

焚き火=ご飯という図式が、すっかり体に染みついてしまっているみたい。

これを『キャンプあるある』だと、自分は勝手に思っています。

今回の夕食は餅。お雑煮です。

この時期は、妻さんから鏡餅の消費指令が下るので、だいたい餅を持ってきます。

日中からずっと冬の冷気にさらされ続けていたその餅は、思いのほか硬い。

たしか前回は、フルタングナイフでバトニングして叩き切った記憶があります。

今回そのフルタングナイフは持ってきておらず、軽めのナイフが一本あるだけ。

全っっっ然、切れませんでした。

仕方がないのでそのまま網で焼くことに。

すぐに美味しそうな、焼けたお米の匂いがしてきました。

やっぱり直火は火力あるなぁ。

ところが・・・

膨れていく餅を眺めながらお酒を堪能していたら、いつのまにか炎に飲み込まれ、真っ黒になってしまいました。

焚き火から目を離すのは厳★禁!(笑)

焦げを除いてちゃんと食べましたよ

夜の冷気にあてられたのか、なにやら背中がヒンヤリする。

ふと後ろを振り向くと、煌々とした月灯り。

頭上はすっきりと晴れ、薄く広がった墨汁のような空に、点々と輝く星のまたたき。

そういえば、天気は明朝にかけ回復傾向だったっけ。

なんて思い出しながら、立ち上がってテントに向かうと、またぶるっとした震えが来た。

暖かな焚き火から離れたとたん、冷たい空気がまとわりついてくる。

テントにぶら下げた温度計を確認すると、気温は-6℃まで下がっていました。

明日の朝は、放射冷却かな。

快晴と放射冷却

テントから顔を出し、「ふぅ」とひとつ、深呼吸。

息は掴めそうなほど濃い真っ白な塊となって、青白い景色のなか、しばらく溶けずに漂っている。

快晴だ。

気温は-9.9℃。

惜しい。もうすこしで-10℃だったのにな。

まぁ、裏磐梯で放射冷却になると、このくらいの気温はめずらしくない。

低温時の雪はサラサラとして、湿っぽさのかけらもないから、サッと払えばすぐ落ちる。

だから冬キャンプは、より気温が低いほうがラクだと思う。

寝袋の中でヌクヌクだった身体がちょっと冷えてきた。

とりあえず、暖かいものでも飲もう。

やっぱり日本の朝は緑茶ですよ。

コーヒーではなく、ジャパニーズグリーンティー。

琥珀色した魅惑の飲み物はガマンです(涙)

とにかく良い天気なので、無駄に早起きなojisanは、ブラブラと朝散歩に勤しむ。

そのうち、陽が上ってきました。

とたんに体感温度も急上昇。

磐梯山の輪郭も、くっきりはっきり見えてきた。

同時にテンションも上がってきた!

太陽って偉大だねw

朝食にインスタントラーメンを食べて、思い残すことは何もなし。

存分に雪中キャンプを満喫しました。

撤収!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • sizuwaさん、おはようございます。

    雪中完ソロキャンプ、おめでとうございます!
    雪原の中の無暖房キャンプ、sizuwaさんの真骨頂ですね。

    月景色、早朝の輝く雪面、磐梯山、
    贅沢な景色です。

    いつもの僕。
    テントの前に「ちーん」と座って
    コンパクトに収まってるお姿。
    笑ってしまいました。

    カフェイン、私も控えております。
    かつては1日に3-5杯ほどコーヒーを飲んでいましたが、
    加齢とともに色々と出始め。苦笑。

    刺激物を少しずつ減らしていこうと。
    金色の飲み物はやめられないため、
    琥珀色をやめることにしました。

    すると。
    外出の際、時折飲むコーヒーのおいしいこと!
    これはこれで良しってことにしています。

  • さめじろうさん、こんにちは。

    完ソロ、のんびりできて最高でした。
    やはり自分はぼっち属性なんだと、あらためて認識した次第です。

    コーヒーを減らすようになってしばらく経つんですが、じつのところ、あまり体調に変化はありません。
    どうやら自分は、カフェインに影響を受けづらい体質のようです。

    それでも、さめじろうさんと同じように、たまに飲むときの美味しさは倍増しました!
    結果スターバックスに行く回数が増えてしまって、良いのか悪いのか?って状況ですw

    でも、スタバでコーヒー飲みながらブログ書いてるとすごく捗るので、ぼくも、これはこれで良しっと思うことにします!w

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次