ソロキャンレポ【8月の裏磐梯】木陰が心地よい夏キャンプで、昆虫観察が本気でたのしい

8月はじめのよく晴れた昼下がり。妻さんから待望のGOサインが出た!

というわけで、ソロキャンプに行ってきました。

とても暑い日が続いていたのもあって、行き先は涼しい裏磐梯。

日中は木陰に張ったオープンタープの下ですごし、夜はフルメッシュのテントで快適に眠る。

昆虫図鑑を片手にしての虫探しが、思いのほか面白い!

猛暑の街中を脱出し、高原の夏キャンプを楽しんできましたよ。

目次

真夏の裏磐梯ソロキャンプ

暑い季節のアウトドアは、正直あまり好きではありません。

着込めば何とかなる寒さと違って、屋外での暑さはほぼ対処のしようがないですからね。

耐えるにも限界がある!

なので夏にキャンプへ行こうかと思ったら、少しでも涼しい場所に向かうのがイチバンです。

ここ福島県でもっとも涼しいキャンプ場と言ったら、おそらく浄土平野営場。

平地より10℃くらい低い気温は、夏に行くとすごく快適です。

あわせて読みたい
浄土平野営場で星降る夜を! 夏でも涼しい高地キャンプ 夏は大好きだけど、暑いキャンプはキライなshizuwaです。 お盆も過ぎましたが、まだまだ危険な気温の日々が続いていますね。 平地のキャンプ場では暑さのあまり死にかね...

でも今年は『1週間前の予約が必要』となっているので、今回は見送り。

そんな先のことは分かりませんよ!

ということで、結局いつもの裏磐梯に行ってきました。

高原の裏磐梯は夏キャンプにうってつけ

標高約800m、北日本型の積雪寒冷地である裏磐梯は、浄土平ほどではないものの十分涼しい場所になります。

なんと言っても避暑地ですからね。

夏のキャンプ地としてはピッタリです。

とは言え、8月の日射しはさすがに暑くて耐えられない!

涼しげな木陰の下にタープを張って、の~んびりします。

太陽の軌道から日陰の出来る場所を考えて、「どこがいいかな?」と設営地を探すのも、夏キャンプの面白さ。

自然の中はまったくの無風なんてことは滅多になく、だいたい常に風の流れは感じられるので、木陰にオープンタープで心地良くすごせます。

あたらしく準備したポータブル扇風機を試してみたりしつつ、まったりとしていました。

あわせて読みたい
小さなポータブル扇風機をキャンプで使った感想は、【電動うちわ】と思えば良し! コンパクトなポータブル扇風機を買ってみました。 もちろんキャンプで使うためです。 直径約10cmほどのホントに小さなヤツで、設営後とか汗をかいたときの『一時的な涼...

結果、残念ながら扇風機はイマイチでしたけどね。自然の風の方がまだ涼しい。

対して手ぬぐいは安定の使い勝手。

首に巻いておくとサラリとして快適です。

汗で湿っぽくなったら水で絞って干しておけば、夏だと乾くのもあっという間。

あわせて読みたい
アウトドアに手ぬぐいがイイ! キャンプで使える魅力がたくさん ここ数年、キャンプにはタオルではなく、手ぬぐいを持って行っています。 サラリとした手触りと、すぐに乾く速乾性、タオルよりずっとコンパクト。キャンプにぴったりな...

大人の昆虫観察が存外たのしい!

いつものように本を読んだりして過ごしていましたが、ずっとそればっかりでは流石に飽きる。

そう思って今回は、子供からポケット昆虫図鑑を借りてきました。

created by Rinker
小学館
¥1,045 (2021/10/17 21:17:56時点 Amazon調べ-詳細)

それを手に、ブラブラと散歩しながら虫探しです。

これがなかなか面白い!

キャンプしてると蚊とかブヨにばっかり注目しちゃうけど、他に目を向けてみるとけっこう新鮮。

一生懸命ちょこちょこ動くちいさな虫が、思いのほかカワイイのです!

大人になってからの昆虫観察もわるくない。

草原を飛ぶ虫を追いかけて、とまった隙に一眼レフでパシャリと撮影。

気分はすっかりハンティング。

あわせて読みたい
ソロキャンプと一眼レフカメラの組み合わせが最高にたのしい! こんにちは、じつはカメラ好きのシズワです。 ソロキャンプに一眼レフを持って行くようになって一年になりました。 キャンプにカメラを持ち出すようになったのは、ブロ...

図鑑で調べて名前が分かると、とたんに可愛く思えてきます。

もともと『生き物が好き』ってものあるけれど、かなり本気で楽しめました。

暑い夜の焚き火はチタンウッドストーブ

日が傾き始めると幾分涼しくはなったものの、『ひんやり』とまではいかない。

さすが8月の夏盛り。

焚き火で暖まるような気分にはなりません。

それでもやっぱり火は熾したい。

ぼくのキャンプの楽しみは半分がのんびり読書、もう半分は呑みながらの焚き火調理ですから。

暑い夏キャンプでは、少量の薪で済む小型のウッドストーブをよく使います。

近くに居てもあまり熱くなく、かつ扱いやすいのです。

【TOMSHOO チタンウッドストーブ】を愛用していましたが、一回り大きなサイズの【ヤエイワーカーズ Titaniumu mini fire stand】を購入してみました。

あわせて読みたい
ヤエイワーカーズ『Titanium mini fire stand』 使いやすい絶妙サイズのチタン製ウッドストーブ Yaei Workers(ヤエイワーカーズ)のチタン製ウッドストーブ『Titanium mini fire stand』を購入しました。 アマゾン等でよく見かける中華製チタンウッドストーブと形は...

ほんの数センチ大きくなっただけでも、使い勝手はずいぶん変わるなぁ。

鉄板を乗せて肉を焼いてみたところ、火の管理がやりやすくてイイ!

そのぶん収納サイズが大きくなるけど、それでもまだ十分にコンパクトです。

こいつは買ってよかったなぁ。

お安いし、軽量装備が好きな人にはオススメです。

この日は夜になっても暖かく、ずっとTシャツ短パンで平気でした。

寝袋も、中華の薄い夏用だけで問題なし。

あわせて読みたい
【安いけど使える中華寝袋】化繊の封筒型が年中活躍!使用4年目のレビュー アマゾンでよく見かけるこちらの中華寝袋。封筒型・コンパクト・格安といった特徴をもつ商品です。 夏の寝袋として、そして冬の重ねとして4年使っていますが、なかなか...

楽でイイんだけど、ちょっと肌寒いくらいのほうが気持ちは良いよね。

翌朝も引き続きの快晴。

早朝からTシャツ短パンで居ても寒くないような時期は、裏磐梯ではほんのひとときです。

しょっちゅう来てるぼくでも、年に1・2回くらいなもの。

次はもう、上着がいるかな。

まとめ

梅雨の明ける7月下旬からお盆前の8月中旬ころまでの時期、普段は涼しい裏磐梯でも、一日を通して『半袖短パン』ですごせるくらいの気温になります。(例外の日はあります)

夏ってやつですね。

不快な虫は多いし汗でベタベタになるしで、「キャンプするにはイチバン向かない季節なんじゃないかな」と個人的には思っています。

あわせて読みたい
【キャンプでシャワーがなくても】使い捨てのウェットタオルがしっかり拭けてオススメ こんにちは。ものぐさだけど、割とキレイ好きのshizuwaです。 ところで、シャワーのないキャンプ場に行ったとき、体の汚れはどうしてますか? 夏はもちろん、あまり汗の...
あわせて読みたい
キャンプの虫対策はしっかりと! 最強の虫除けアイテムを揃えよう こんにちは、昆虫大好きなシズワです。今回は、ぼくが愛用している対虫道具を紹介します。一般的に市販されているものの中では、最強クラスの効き目を持った製品を使っています。どれにするか迷ったら、とりあえずこれらを揃えておけば間違いないオススメ装備です。

でも、鮮やかな色彩のコントラストや冷えたビールの猛烈なウマさなど、夏ならではの良さだってモチロンあります。

平地より気温が数度低い裏磐梯は、夏キャンプを楽しむのにオススメのエリアですよ。

ただ、真夏とはいえ不意に冷える日もありますので、防寒着は忘れずに遊びに来て下さいね。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる