ダイソー【カラビナ付き2WAYランタン】が意外と便利だった!

ダイソーで、ちょっと使えそうなランタンがあったので買ってみました。

商品名は『カラビナ付き2WAYランタン』。

ランタンとしてもライトとしても使えて便利。

調光機能はないけれど、そのかわりボタン一つのシンプル簡単操作。

明るさもソロなら問題ないくらいで、メインとしては物足りないけど、サブの明かりとしては上々です。

板状なので持ちやすく、とても使い勝手が良くて、思わず気に入ってしまいました。

目次

ダイソー【カラビナ付き2WAYランタン】

最近ぼくがキャンプに持って行っている灯りは3つ。

メイン照明はゴールゼロとヘッドライト。

それと、手元を照らす用の小さなライト。

あわせて読みたい
意図せずレギュラーに! USB充電ミニライトが便利 海外のオークションサイトから格安で購入したミニライトが、思いのほか便利で気に入っています。 はじめは「おまけ」程度に考えていたのですが、今じゃすっかりレギュラ...

この3つです。

以前はここに、もうひとつ。 充電式のLEDランタンがありました。

永らく愛用していたのですが、2~3時間で消えてしまうほどにバッテリーがヘタってきてしまい実用性がなくなったので、残念ながら引退してもらいました。

というワケで、現在の明かりは上記の3つ体制です。

こじんまりとしたソロキャンプを楽しむ分にはコレで不足はありません。

サイトの隅に暗闇が残っているくらいのほうが、ぼくは好みだし。

ただ、ちょっと不便に感じるときもありまして・・・。

それは、ズバリ夜の撮影。

いやね、やっぱり光らせたいじゃないですか?

我がキャンプサイトを!

ところがこのライト構成では、テント本体かリビング空間(焚き火周り)のどちらか、一か所しか光らせることが出来ないのです。

暗闇の中でカメラの操作をするわけですから、ヘッドライトは常に頭に装備状態。

で、照明にゴールゼロを使ったら、あとは小さなミニライトしか残らない。

ところがコレでは、テントやリビングを照らす灯りとしては、どうしても力不足なのですよ。

如何ともし難い事実です。

で、次なるランタン候補として、ブラックダイアモンドの『リモジ』が欲しかったのですが、けっしてお安くはないので、後回しになっておりました。

created by Rinker
BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)
¥4,730 (2022/05/17 11:19:27時点 Amazon調べ-詳細)

そんなとき、たまたまダイソーで見かけたのが、『 カラビナ付き2WAYランタン 』。

「あれ!?、これ意外と良さげじゃね?」

と買ってきた次第です。

スペック

サイズ 140(長辺)×50(短辺)×22(厚み)
重さ83g(電池含む)
電源単4電池3本
機能ライト(白色)・ランタン(暖色)モード切替
明るさライトモード(31ルーメン)・ランタンモード(52ルーメン)
可動時間10時間

レビュー

形は平べったい板状をしています。

本体自体は小さくはないのですが、この形状のおかげで携帯性は悪くないです。

荷物の隙間に、スルッと入る感じ。

前面はランタンの発光部です。

ランタンは暖色系の明かり。

先端はライトモードの発光部。

こちらは視認性の良い白色。

ちゃんと色味を分けているあたり、気が利いている。

ON/OFF、ならび切り替えは、ひとつだけあるボタンで操作します。

押すごとに【ライトモード】ー【ランタンモード】ー【消灯】を繰り返します。

『カチッ』としたクリック感で、操作性は良好。

単純だけど、非常に分かり易くてイイ。

上部はカラビナになっていて、様々な場所へ取り付け可能です。

これが地味に便利な要素。

バネもしっかりしていて、『不意に開いてしまう』なんてことはありません。

電源は、単4乾電池3本。

充電池も使用可能でした。

ライト・ランタンどちらでも10時間もつので、1泊のキャンプなら十分な容量です。

ただ、蓋を開けるのにネジを回す必要があるのが、ちょと面倒かな。

100均全般に言えることですが、それほど上質なネジじゃないので、そのうちナメそうで心配です。

明るさはライトモードで31ルーメン、ランタンモードで52ルーメンとあります。

さほど明るくはありませんが、ソロなら十分と感じます。

これ1個でキャンプする訳じゃないしね。

光が本体前面に集中するので照らす方向を調整しやすく、なかなか使いやすいです。

トレッキングポールにカラビナ部で引っ掛けたら、ちょうどよい灯りでした。

プチカスタム

思いのほか使い勝手が良く、

「けっこう良い買い物だったんじゃね?」

と思っていましたが、ちょっと気になる部分もひとつ。

発光部が前面にあるため、光が眩しいのです。

そこで、同じダイソーに売っていた『窓ガラス目隠しシート』を貼ってみました。

これ、要は曇りガラスにするためのシールみたいなモノ。

適当な大きさに切り取って発光部に貼り付け、細部はカッターで仕上げ。

ものの5分で出来上がりました。

なんか、見た目にもよりランタンっぽくなった気がしないでもない。

眩しさも軽減されて大満足。

なんだか愛着まで湧いてきました。

気に入った!

本当は、本命のリモジを買うまでの繋ぎのつもりだったけど、

「しばらくはコレでいいかな?」

って気分になってしまいました。

けっして『出来が良い』わけじゃないんですが、なんか具合が良いんですよ。

小さくはないんだけど、板状だから持ちやすく取り回しが良かったり。

調光機能もありませんが、そもそもそこまで明るくないので、とくに不便は感じません。

サイズといい明るさといい、なんというか、程よくシンプルで扱いやすいんです。

もちろん、色々な機能のついたメインの明かりが別にあってこそですが、サブとしてなら、このシンプルさがとても良い具合です。

なんだかんだで、気に入った!

リモジを買うのは、もうちょっとあと。

created by Rinker
BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)
¥4,730 (2022/05/17 11:19:27時点 Amazon調べ-詳細)
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる