【エバニュー・広口ポリ角ボトル100ml】がアルコール燃料入れに良い!

キャンプでのアルコール燃料入れとして、【エバニュー・広口ポリ角ボトル100ml】が使いやすくて気に入っています。

『サイズ感』『荷物のなかでの収まりの良さ』『丈夫さ』『メモリ』『手にしたときの感覚』『お値段』と個人的にはベストに近い。

ちょっと注ぎづらいとこはありますが、このタイプのボトルはどれも似たようなモノなので、欠点ってほどでもない。

100点満点とはいかないけれど、80点くらいにはお気に入りの道具です。

目次

エバニュー 広口ポリ角ボトル100ml

この製品の名称は【広口ポリ角ボトル100ml】

created by Rinker
エバニュー(EVERNEW)
¥440 (2023/02/05 15:04:25時点 Amazon調べ-詳細)

スペックは以下のとおりです。

  • サイズ : 胴寸46mm 口内径31.8mm 全高93.5mm
  • 容量 : 100ml
  • 質量 : 20g
  • 目盛 : 10ml刻み
  • 耐熱温度 : 75度
  • 耐冷温度 : 0度
  • 素材 : 本体/高密度ポリエチレン キャップ/ポリプロピレン パッキン/熱性エラストマ

エバニューの説明によると、

『頑丈なHDPE(高密度ポリエチレン)製のボトル食品・アルコール燃料・液体調味料などを安全に運搬が出来る』

という製品です。

本体のラベルには『HDPE multiuse bottle』とあり、これを直訳すると

『高密度ポリエチレン製の色々なコトに使える容器』

となります。

実際そのとおり、なにを入れても問題なく、漏れもなく確実に運べるボトルです。

調味料などを入れるだけなら、100均でも良い製品がたくさんある。

なのにあえて、この【エバニュー・広口ポリ角ボトル100ml 】の購入を考えるのは、『アルコール燃料を入れたいから』という理由も、けっこう多いのではないかと思います。

ぼくもそのクチで、アルコール燃料入れとして購入し、その目的でのみ使っています。

アルコール燃料入れとして

材質は、本体がポリエチレン、蓋がポリプロピレン 。

どちらもアルコール耐性のある素材です。

エバニューさんが、公式にアルコール燃料入れとしての使用を認めてますからね。

100均などの容器を「たぶん大丈夫だろう?」って心配しながら使っているより、精神衛生上、たいへん良いです。

公式を信じてアルコールを3カ月間くらい入れっぱなしにしてますが、とくに問題はないです。漏れも揮発もありません。

バッチリよ!

手に持った時のサイズ感はこんな。

容量は100mlとありますが、メモリがそこまでなだけで、もっとたくさん入ります。

ただ、入れすぎると当然注ぎずらくなりますから、実用量は120mlくらいが妥当かな。

アルコールストーブを調理のメイン火器として使うなら、一つでは少し心許ない量ですが、焚火やガスなどのサブとしてであれば十分です。

10ml刻みのメモリが便利

本体側面のメモリは10ml刻み。

アルコールストーブは使用する燃料の量で燃焼時間を調整するため、細かいメモリがあるのはとても助かります。

『このくらいの量でこれくらいの時間燃える』って判断できますから。

エバニューのチタンアルストのように、途中消火の出来ないモデルではとくに有難い。

けどまぁ、燃焼時間とか、慣れてくれば量らなくても感覚的にわかってくるものですけどね。

それでも、メモリは有るにこしたことはない。

広口の使い勝手

製品名に『広口』とあるように、開口部が大きいです。

開口部の内径は、31.8mm。

広口はとても入れやすいし、内部を洗うこともできるのは良い点です。

ただ同時に、ちょっと注ぎずらいかな、とは思う。

少しだけ注ごうとすると、口をつたって少し垂れることも多いです。

でもそれは、ナルゲンなど使ったときも同様だったので、この手のボトルでは仕方ないのかもしれません。

収まりの良い角型ボトル

こういったボトルは円筒形をしているモノが多いですが、この【広口ポリ角ボトル100ml】の本体は四角い形状になっています。

見事に正方形。

円と角のどちらが良いかは、まぁ個人の好みでしょうけれど、ぼくはこの角形が好きです。

手にしたときに、なんだか『しっくり』する気がするし、

倒れても転がっていかないし、

パッキングした時の収まりも良いような気がします。

『気がする』というのは、ほぼ同じサイズの円筒形の容器を使っていたときも、とくに不便は感じなかったから。

なので『角型のほうが良い』と思うのは、ちゃんとした理由があるワケではなく、個人の感覚的な印象です。

なんとなく、好き。

でも、その感覚的な印象って、とっても大事だと思うのです。

いわゆる、フィーリングが合うってやつでしょうかね?

スタッキング

持ち運びは、僕の場合、クッカーの中に入れてしまうことが多い。

前述しましたが、手持ちのクッカーとの収まりが良いんですよ。

うん、ぴったり気持ちいいー!

ボトル自体は頑丈なので、漏れや破損を気にする必要なく、荷物の中へ『ポイッ』と適当に放り込んでも大丈夫。

いまのトコ、なんの問題もおきてません。

なんですが、やっぱりね、パッキングとかスタッキングとか、いろいろ組み合わせたくなるじゃないですか?

で、手持ちのクッカーでいろいろ試した結果、キャンプで【広口ポリ角ボトル100ml】を使うときは、こんな感じのセットを持ち出すことが多いです。

右上から

  • 広口ポリ角ボトル100ml
  • 100均調味料ボトル60ml(コーヒー・お茶などが入っています)
  • Air Stove L FK-0005(アルスト五徳)
  • エバニュー・チタンマルチディッシュ
  • トランギア・TRB25
  • エバニュー・デミタスカップ
  • エバニュー・400FD
  • エバニュー・チロルコッヘル小※絶版

キレイに収まるスタッキングが出来上がると、なんだかテンション上がります!

created by Rinker
エバニュー(EVERNEW)
¥2,500 (2023/02/05 01:12:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
エバニュー(EVERNEW)
¥1,540 (2023/02/05 08:39:01時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
trangia(トランギア)
¥2,700 (2023/02/05 10:56:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
GK CGK
¥2,900 (2023/02/05 01:15:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
エバニュー(EVERNEW)
¥2,610 (2023/02/05 08:39:02時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

アルコール燃料入れをどうするかは、意外と悩ましいトコロですよね。

なにを使うは人それぞれで、ググってみても、まさに十人十色な様子。

なかなか決定的に『これ』というのが見つかりません。

キャンプスタイルにもよりますしね。

アルコールストーブはサブ火器扱いのぼくとしては、いまのところ、この【エバニュー・広口ポリ角ボトル100ml】【リンデンパウチ100ml】が2強。

気分と装備によって使い分けています。

created by Rinker
エバニュー(EVERNEW)
¥440 (2023/02/05 15:04:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
リンデン(Linden)
¥800 (2023/02/04 23:50:38時点 Amazon調べ-詳細)

現状この2つですっかり満足しているので、しばらく買い替えることもなさそうです。

とくに広口ポリ角ボトルは、同サイズのナルゲンにくらべて安価なうえ(自分の環境では)入手性もよく、10ml刻みのメモリが便利なためお気に入りです。

耐熱温度などのスペックはナルゲンのほうが上だけど、アルコール燃料入れとして使うぶんには関係ないしね。

それに、なんと言ってもエバニュー好きだしw

ぶっちゃけ100均の調味料ボトルでも問題はないんですが、やっぱりお気に入りは使っていて気分があがります!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次