繰り返し使える固形燃料・ニチネントップの手軽さがステキ!

こんにちは、静かなキャンプが大好きなシズワです。

『静か』といえばアルコールストーブ。

無音で揺らめく炎に癒されますよね。

でも、そのつど燃料を入れるのが面倒だったり。

そこで固形燃料です!

普通の固形燃料は1回使い切りですが、繰り返し何度も使えるビッグサイズがあるって知っていましたか?

アルコールストーブのような静かで穏やかな炎と、燃料補充の必要がない手軽さで、ソロキャンプとの相性はなかなかです。

素朴な使い勝手で、なんだかすごくイイ感じの道具ですよ。

目次

繰り返し使える固形燃料

ぼくが使っているのは、ニチネン・屋外用トップ丸缶250g。

created by Rinker
ニチネン(Nitinen)
¥440 (2022/11/29 16:51:11時点 Amazon調べ-詳細)

青い固形燃料でおなじみ、ニチネンの製品です。

サイズは250gと600gの2種類。

ソロキャンプで使うなら250gがいいでしょう。

ちなみに、250gと600gの内容量の差による違いは、燃焼時間ではなく火力の強さだそう。

600gのほうが火力が強いかわりに燃焼時間は短いです。

ニチネン・屋外用トップ丸缶250g

  • 直径 / 10.2cm
  • 高さ / 6.5cm
  • 容量 / 250g
  • 燃焼時間 / 約150分(中ふた使用時約200分)
  • 主成分 / メタノール

サイズ的には、アウトドア用ガスのOD缶250より少し小さいくらいです。

思ったほどコンパクトでもないけれど、これひとつで完結するので、とても手軽。

ゴトクと火力調整用の中蓋が付いています。

燃料の揮発を防ぐため、蓋はガッチリとハマっています。

素手で開けるのは難しいので、なにか道具が必要。

コインでもOK。

中にはピンクの固形燃料がぎっしりと詰まっています。

使用方法は、ここに火を着けるだけと簡単。

付属のゴトクは、指で押し曲げて使います。

一見、「こんなんで大丈夫?」と不安になるものの、使ってみると意外と丈夫。

ソロ用のクッカーくらいなら問題なく支えられます。

形状にもよりますが、直径12cm位までのクッカーなら、ワリと安定して乗りますよ。

火力調整は中蓋をのせるだけ。

細かな調整はできませんが、まぁ、そもそもそういう道具なので。

多少弱火にはなりますから、沸騰した後の煮込みとか、炊飯なんかにはちょうどいいです。

じつにシンプル。

消火は、蓋を逆さまに被せればすぐに消えます。

その後、完全に冷えたのを確認したら、蓋をキッチリ閉めておきます。

隙間があると、燃料が揮発してしまうのでキッチリと。

未開封時ほどの長期保存は無理ですが、ある程度はもちますので、数度のキャンプにわたって使用可能です。

再度使用するときは、燃料の表面が固まっています。

このままでも使えないわけじゃないんですが、燃えずらいです。

突くと簡単に割れますから、ナイフ・木の枝・ペグ等を使って取り除きましょう。

主燃料のメタノールは身体に有害なので、口に入らないよう注意!

ニチネントップのメリットは『手軽さ』

このニチネントップ、使い勝手はアルコールストーブに近い印象。

燃焼音がしないので、静かに炎を眺めながらお湯が沸くのをじっくりと待つ、みたいなシチュエーションに癒されます。

また、(ガス・ガソリンにくらべ)火力が弱い、風に弱いといった特徴も同じです。

では、アルコールストーブとなにが違うのか?というと、ズバリ手軽さ

置いて火を着けるだけなので、設置も撤収も手間要らず

とにかく手軽。

ぼくはアルコールストーブも嫌いじゃないんですが、あまり使いません。

あわせて読みたい
お蔵入りしてしまった道具 トランギア・アルコールバーナー TRB25 買ってはみたものの、結局使わなくなってしまう道具ってありますよね。 お蔵入りってやつです。 ぼくにとって、アルコールストーブ(バーナー)もそのひとつ。 4~5回は...

1~2回なら良いんですが、何度も使うには面倒だし、お酒が入って酔ってくるとひっくり返しそうでちょっと怖い。

なので今は、ほぼデイキャンプ専用になっています。

ニチネントップだと、このあたりの不満点はほぼ解消!

この手軽さが最大の利点です。

ニチネントップのデメリットは『使い切るのが難しい』

もともと火力の強い火器ではないのですが、繰り返し使って中身が減ってくると、さらに火力が弱くなるのがちょっと不便。

中身が3分の1くらいになったころから、体感できるほど弱くなります。

完全に使い切るのは難しいかもしれません。

使用例

何度かキャンプで使っていますが、イイ感じです。

火力はほどほどなんですけど、コーヒー飲んで、鍋やラーメンを食べてといった用途なら、なんの不満もありません。

ソロでこじんまりと使う分には、冬以外ならメイン火源としても問題なさそう。

ただ風にはちょっと弱いので、風防は用意した方がいい。

道具然とした、ちょっとレトロな見た目も素敵。こういうの大好き。

さらに、中国製のチタンウッドストーブにINしてみたら、ウマい具合に入りました。

薪を使って底上げしたらなおピッタリ。

あわせて読みたい
必ず持って行くレギュラー装備!TOMSHOO チタンウッドストーブ キャンプでは、だいたい焚き火で調理しているshizuwaです。 燃え盛る炎へ豪快にフライパンを突っ込むのは本当に楽しいし、熾火でじっくりと料理に向き合うのも好きです...

風防・ゴトクとして完璧なうえ、熱がこもるのか煙突効果か、火力がかなり上がった印象です。

ウッドストーブ本体も、焚火と違い下部は熱くならないので、容易に動かせて便利。

いいコンロになりました!

クッカーのサイズによっては、ウッドストーブの外側だけを使って風防にするのもイイ感じ。

こちらの方が、点火・消火は圧倒的にやりやすい。

まとめ

こういう缶入りの固形燃料、昔からあるみたいですね。

温故知新じゃあないですけれど、使ってみると、シンプルさ故の使い勝手の良さにあらためて驚きます。

命の危険の心配のない遊びのキャンプだからこそ、こういう味わいを求める道具を選ぶのもまた一興。

単純に、こいつで調理している時間は、なんだかほっこりしてきます。

ホームセンター等でも普通に売っているので、入手性が良いのも利点。

そしてなにより、この手軽さはいいですよ!

created by Rinker
ニチネン(Nitinen)
¥440 (2022/11/29 16:51:11時点 Amazon調べ-詳細)
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次