北欧発のOD缶用風防【オプティマス】ウインドシールドとプリムスP-153の相性

オプティマスのクリップオンウインドシールドという風防を購入しました。

キャンプ調理の天敵といったら風。

そう風。

アウトドアの火源はたいてい風に弱く、だからこそ風防(ウインドスクリーン)というアイテムがある訳です。

最近、ダイソーが500円で売り出してちょっと話題になってましたね。

従来のウインドスクリーンは言うなればただの可動板なので、どんなクッカーやストーブにも使える反面、風が強いとパタパタ倒れたりして、風防なのに風に弱いという矛盾を抱えた道具でもあります。

一方、オプティマスのクリップオンウインドシールドは使えるクッカーやバーナーに制限があるとは言え、その矛盾を完全にクリアしている(と思われる)。

ながらく「ほしい物リスト」にチェックしていましたが、この夏、ついにポチりました。

目次

オプティマス【 OPTIMUS  】とは

アウトドア趣味のない人にとっては、オプティマスと言ったら

この人(?)じゃないかと思います。

40半ばの僕的には「コンボイ司令官」の方がシックリくるんですけどね。

でも今回はこの頼れるリーダーの事ではありません。

オプティマス【 OPTIMUS 】はスウェーデンのメーカーで、ストーブやクッカーが知られています。

もはやロマンの塊でしかない様な、ガソリンストーブのスベア123Rもこのメーカー。

他にも、鮮やかなライムグリーンがポイントの、北欧らしいデザイン性の高い製品が並びます。

個人的にはNOVAが欲しい。

created by Rinker
オプティマス(OPTIMUS)
¥25,850 (2021/10/19 11:46:20時点 Amazon調べ-詳細)

風除け(ウインドスクリーン)の必要性

絶対に欠かせないかと問われれば、なくても何とかなる道具ではあります。

荷物で壁を作る・厚手のアルミホイルで代用する・テントの前室で調理する・などなど対策のしようはある。

ただ、ちょっと面倒だし、所詮は簡易の風除けなので効果もイマイチ。

アウトドア用のバーナーは、風が当たると体感で分かるほど火力が下がってしまいます

なのでウインドスクリーンは、荷物に余裕があるのなら持って行きたい道具です。

あれば間違いなく快適度は上がりますよ。

オプティマス・クリップオンウインドシールドの特徴

素材 アルミ(アルマイト加工)
高さ 10.3cm
直径 11.5cm

オプティマスのクリップオンウインドシールドは従来の板型と違い、 筒を半分に切ったような形状をしています。

使う時は、OD缶の首(?)の所に挟み込むようにセットします。

ワンタッチでとても簡単。

ガス缶に直接取り付けるため移動も楽だし、けっこうガッチリと固定されるので、なにかの拍子にズレるような事はありません。

ウインドシールドを掴んで持ち上げても大丈夫です。

収納時はクッカーの外側にセットすれば、荷物を増やすことなく持ち運びが可能なのも大きな利点。

反面、使用時の直径が約12cmなので、それ以上の大きさのクッカーやバーナーは使うことが出来ません。

なので、深型クッカー専用と考えていいと思います。

長所

  • ガス缶に直接固定するため安定感がある
  • セットが簡単
  • 包み込むような形状なので防風性能が高い
  • スタッキングできて持ち運びが楽
  • オプティマスのマークがカッコイイ!

思った以上に安定感があり、とても使いやすいです。

単体だと大きく感じますが、スタッキングできるので収納性は良好。

装着すると、抜群の防風性能なうえ見た目も変わって、違うバーナーになったみたいで楽しい。

短所

  • 直径12cmまでのクッカーしか使えない
  • 火に近いので熱くなる
  • 分離型バーナーには使用不可
  • ガス缶のスタビライザーがないと少し不安

「短所」というより「仕様」かな。分かってて買っているので問題ない。

はっきり短所と言える部分は、思いつきません。

道具によって「使える・使えない」がはっきり分かれるので、よく調べてから購入が必要です。

スタビライザーはあった方が安心です。110サイズ缶なら必須レベル。

created by Rinker
プリムス(PRIMUS)
¥778 (2021/10/19 17:22:36時点 Amazon調べ-詳細)

プリムス P-153との相性

オプティマスのクリップオンウインドシールドプリムスP-153の相性ですが、一言でいえば、問題ありません。

P-153のゴトクを広げることは出来ませんが、代わりにウインドシールドがクッカーの外側を覆うので、安定性に不安は感じません。

そもそも12cmまでのクッカーであれば広げなくても大丈夫です。

P-153だと、火力調整ツマミを手前にすると点火装置が奥に行ってしまいます。本体が冷めている時なら問題ありませんが、使用直後など、冷めないうちに再点火する場合は注意が必要です。

番外

ぼくはキャンプでご飯を炊くとき、BE-PAL付録のミニ焚き火台で自動炊飯しています。

風が強い場合はテントの前室を使っていましたが、なんとなく、オプティマスのウインドシールドに入れてみたところ...

ちょうどイイ!

まとめ

このクリップオンウインドシールドは、ソロ用の深型クッカーに特化した風防です。

とにかく使い勝手がよく、セットが簡単、風で倒れない、スタッキングも出来ると、文句ありません。

心配だったP-153との相性も問題なし。オプティマスのマークもカッコイイ。

所有欲を満たす風防ってのも、なかなか無いんじゃないでしょうか。

「もっと早く買っておけばよかった」と感じた道具でした。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる