ワークマン【グリルパン】焚火調理がたのしい万能な鉄フライパン!

こんにちは、シズワです。

たいして料理もしないのに、気になるクッカーがあると購入せずにはいられない困った性癖を持っています。

今回は、ワークマンから発売されている『グリルパン』を買ってみました。

言ってみれば鉄フライパンの一種なんですが、これがけっこう何でもできちゃう。

ソロならメインクッカーとしても活躍できる便利さです。

なにより焚火調理が似合うのは、やっぱりテンションあがるよね!

目次

ワークマン【グリルパン】レビュー

ワークマンのグリルパンは、一言でいえば鉄製の深型フライパン

スキレットより軽く、通常のフライパンより蓄熱性がある】という、良いとこどりの調理器具です。

その特徴はこちら。

  • 径18cmで一人用にぴったり
  • 深さがあり調理の幅が広い
  • 取っ手が外せて皿にもなり、収納性も良い
  • 鉄製で蓄熱性があるから料理が冷めない
  • 直火・ガス・IHと熱源を選ばない

ソロキャンプで何度か使ってみたところ、ワリといろいろ出来てけっこう便利。

ナベにもフライパンにもなるっていうのが、その理由。

さらに鉄製だから焚火との相性も抜群ときてる。

これをメインクッカーとするのも、なかなか面白いです。

ワークマン・グリルパンの公式ページ

コスパの良いワークマンらしく、価格は税込み2,500円とリーズナブル!

スペック

内容は、【本体】・【ハンドル】・【蓋】のセットになっています。

本体サイズ約幅193×高さ45×奥行210mm
蓋サイズ約幅190×高さ14×奥行190mm
本体・蓋サイズ約幅193×高さ53×奥行210mm
底厚1.2mm
内寸法約径180×深さ43mm
容量約1.2リットル
材質【本体】鉄 【蓋・ハンドル】ステンレス
本体重さ約430g
蓋重さ約130g
ハンドル重さ約35g
全体重さ約595g

製造元は株式会社高儀。

新潟の工具メーカーさんですね。

ホームセンターでよく製品を見かけるので、知っている人も多いのでは?

キャンプ関係だと、ノコギリの『シャークソー』が有名です。

created by Rinker
髙儀(Takagi)
¥1,581 (2024/06/18 19:53:13時点 Amazon調べ-詳細)

ソロにちょうどのサイズ感

手に持ったサイズ感はこんな感じ。

ハンドルを差し込む部分だけ出っ張っていますが、だいたい直径19cmなので、そこそこコンパクト。

黒々として重そうだけど、見た目のわりに意外と軽いです。

  • 内寸【(約)径18cm・深さ4.3cm】
  • 容量【(約)1.2リットル】

深さのある形状なので、調理中に具材がこぼれなくて良いです。

もちろん、煮る・茹でるといった使い方も可能で、鍋としてとても使いやすい。

一人分であれば、ラーメンや焼きそば、鍋料理、副菜としての炒め物やステーキなど、だいたいなんでも過不足なく調理できるサイズ感です。

まだ試してないけど、すき焼きなんて良さそうだなぁ。

素材は鉄

材質は鉄。

蓄熱性・耐久性があるので、キャンプでの直火調理で使いやすい素材です。

それでいてスキレット(鋳鉄)より軽く取り回しやすいのが良いところ。

ただ鉄は錆びやすいので、使用後はよく洗い水気を飛ばし、食用油を塗るのは必須です。

ファイバーライン加工

内部にはファイバーライン加工なるものが施されています。

表面を凸凹させて、『こびりつきにくく、油なじみがいい』というモノだそう。

実際、ソーセージやベーコン程度なら油なしでも大丈夫でした。

肉も脂身が多い部位なら、加熱時ににじみ出る油でワリと大丈夫。赤身は試してないけど厳しいかな?

ノンオイル目玉焼きはさすがにダメでした。無理せず油を使いましょう。

フッ素などの表面加工ほどじゃないけれど、普通のフライパンと比べたらこびりつきにくいのは確かです。

外せる取っ手

取っ手は、溝に差し込んで使うタイプ。

本体と

蓋と

取っ手の両端が、それぞれに対応しています。

立ち上がり気味に付くので、フライパンみたいに振るとか、そういう使い方には向きません。

あくまで、持ち上げるだけです。

なにがなんでも振りたい人は、市販のクッカーハンドルを使いましょう。

ちゃんと持てますよ。

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥1,815 (2024/06/18 19:53:13時点 Amazon調べ-詳細)

スタッキングは難しい

内部の高さが4cm程度なので、クッカー等を重ねて収納する『スタッキング』はちょっと難しいです。

ただ物は入れやすく、皿やアルコールストーブ、食材など潰れたら困るものなど、いろいろと収納できて便利。

個人的には、皿とケトルを入れるのが好みです。

皿はダイソーの16cm、その下にゴトク。

ケトルはトランギア0.6L。中にデミタスカップとアルストが入っています。

これを展開すると、ミニマムセットの出来上がり。

これらをバンダナに包んでバックパックへIN。蓋は閉まらないので持っていきませんが無問題です。

created by Rinker
エバニュー(EVERNEW)
¥2,027 (2024/06/18 19:53:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
trangia(トランギア)
¥2,432 (2024/06/18 12:44:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
trangia(トランギア)
¥2,187 (2024/06/18 22:43:49時点 Amazon調べ-詳細)

キャンプで使ってみた

実際にキャンプで何度か使っていますが、けっこう良いです。

まずサイズ感。メインクッカーとしてもイケます!

直径18cmで深さもあるから、メインの食事も難なく調理できるのが良い。

焼きそばやチャーハンなんかも、こぼれることなく作れます。

鉄鍋としても使いやすく、これまたちょうど一人用サイズの鍋料理が出来上がります。

そこはかとなく旅館チックで大変よろしいw

鉄製なので、もちろん直火は大得意。

ガスやアルコールストーブでも大丈夫ですが、焚火での調理がたのしくてオススメ!

やっぱり鉄はロマンありますよね。もう見た目だけで旨そうです。

ファイバーライン加工のおかげで、ちょっとした温め程度なら油がいらないのも便利。

弱火でじっくり加熱すれば、パイもカリカリですよ。

とにかく多用途に使えます。

まとめ

このグリルパン。

べつに前々から『欲しい!』と思っていたわけでなく、店頭で見かけて衝動買いしたモノです。

そういうのって一度使ったら満足しちゃって、あとは出番がなくなるケースが多いのですが、こいつは何度も使っています。

理由は単純。

鉄フライパンと鉄鍋が合わさったみたいで、便利さもさることながら、なにより『使っていて楽しい』クッカーだからです。

サイズや重さも、バックパックで無理なく持っていける程度ってのがまた良い。

そして、コンパクトなウッドストーブとの相性が良好ってのがさらに良い!

焼きと茹での両方できて、さらに焚火で使える鉄製。

取っ手も外せるし、ソロにちょうどのサイズ感。

欲望と衝動にまかせ手に取ったのは、なんら間違いではなかったと、あのときの自分をほめてあげたい。

そんな気分になるギア、ワークマンのグリルパンでした。


  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次