無暖房冬キャンプのキーアイテム バラクラバは欠かせない!

『バラクラバ』って知ってます?

いわゆる目出し帽とか呼ばれているやつで、目の部分だけが空いている被り物(?)です。

ウインタースポーツで使ったりもしますよね。

あれが冬のキャンプにおいても、超有能な防寒具なのです。

目次

とにかく暖かいバラクラバ

何だかよく分からないけど、本格的な雰囲気が滲み出ていて、身に着けるのにちょっと躊躇うバラクラバ。

created by Rinker
モンベル(mont-bell)
¥2,494 (2021/12/01 23:07:50時点 Amazon調べ-詳細)

ガチすぎて恥ずかしいと思うかもしれませんね。

ウチの妻さんも、ぼくがコレを被ると未だに笑い出します。

いいかげん慣れてよ…(涙)

しかし、バラクラバは見た目に違わず、非常に暖かい優れた防寒具なのです。

顔の周りをピタッと覆うので、『ニット帽+マフラー』などよりも、ずっと暖かいですよ。

とくに、冷たい風が吹いたりする場面では、バラクラバの威力は絶大。

冬の無暖房キャンプでは、とても心強いアイテムです。

もう見た目とか言ってらんない

就寝時はとくに効果的

冬キャンプをしていて、とくにバラクラバの有難さを実感するのが就寝時。

気温がマイナス10度も近くなると、どんなに良い寝袋でヌクヌクになっていても、とにかく顔が寒いのです!

寝袋の隙間から入ってくる冷気で、耳も痛いです。

さらには、吸い込む空気が冷たすぎて眠れません。

バラクラバは、そんな無暖房冬キャンプの諸症状に効果バツグンなのです。

結露対策になる

冬のキャンプは結露がつきもの。

呼吸に含まれる水分で、テント内や寝袋の首元が結露して濡れてしまいます。

これが不快ったらありゃしない!

でもバラクラバを被っているとマスクしてるようなものなので、放出する水分を減らせて、結露がずいぶんマシになります。

地味にデカい恩恵です。

まとめ

身に着けるのに、ちょっと勇気が必要なバラクラバ。

ゲレンデならまだしも、キャンプではまだまだあまり見かけない防寒具です。

完ソロならいいですが、人目があると少し恥ずかしいですよね。

でも、勇気を出してその一歩を踏み出してみましょう!

すっっっごい快適ですよ!!!

ぼく的には、無暖房ですごす冬キャンプ三種の神器のひとつです。

【バラクラバ】【ハクキンカイロ】【湯たんぽ】!

どうしても恥ずかしい場合は、ネームバリューのあるブランド物はどうでしょう?

少しはマシかもしれませんよ?

コメント

コメント一覧 (2件)

  • shizuwaさん、こんにちは。

    こちらはもっと暖かいですが、冬は換気しつつ石油ストーブ使ってしまいます。
    (就寝時は消してます)

    雪中暖房なしキャンプ、尊敬します。
    shizuwaさんのキャンプスタイルは、本当に自然と近いですね。

    足元が掘ってあるのは風除けの工夫ですか?
    そして、天ぷらガード。やっぱり素敵です。笑

  • 雪中暖房なしキャンプは、装備さえ揃っていればけっこう平気なモノです。
    天ぷらガードとか(笑)

    テント付近に熱源がないから、雪が溶けてびちゃびちゃになる事もなく楽なのです。

    足元が掘ってあるのは風除けもありますが、座りやすいからです。
    掘りごたつみたいなモノですね。

    また、身体の雪への接地面を少しでも減らす為でもあります。
    ちなみに、穴の底には枝を敷いて、足裏の冷え対策をしています。

    こういう小技を考えるのが楽しかったり。
    天ぷらガードは、使ってみたら意外に優秀でした(笑)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる