ソロの1合炊飯が捗る エバニュー アルミクッカー550FD

キャンプに出掛ける前日、毎度のように『何を食べようか』と頭を悩ませる。

潤沢とは言えない予算の中で節約する必要もあるし、行先によっては荷物も限られる。

さぁどうするか。

楽しくもあり、悩ましくもある。

そうして考えが中々まとまらない時は、だいたい鍋に落ち着く。

ほぼ家にある材料で間に合うし、失敗もまず無い。

安定の着地点。

美味しく頂けない鍋を作る方が、難しいというものだ。


そうと決まれば、米がいる。

実は、キャンプでご飯を食べることはそう多くない。

研いだり炊いたり蒸らしたり、面倒なんだもの。

そのまま食べれるパンと比べたら、洗い物だって確実に一つ増えるし。

でも、鍋の時は必ずご飯が欲しくなる。


炊飯した後のクッカーって、後始末が結構たいへん。

大抵いつも、洗わずにウェットティッシュとアルコールでキレイにするんだけど、こびり付いたご飯はなかなか取れない。

なので、使った後かるく流すくらいにして、そのまま持って帰ってくるコンパクトなご飯専用のクッカーを用意している。

固形燃料での炊飯専用なので、汚れないのも利点。

ちなみに、いつか寿命の来るテフロン加工は使わない主義だ。

キャンプでお米を食べるのは夕食のときだけ。

1合も炊ければ十分なので、この小さなエバニュー550FDがちょうどいい。

この中にチタンマグを入れ、550FDを900ミリの深型クッカーにスタッキングすれば、手軽な鍋クッカーセットが完成する。

鍋+ご飯で夕食をとり、食後のコーヒーまで洗い物をすることなくスムーズにこなせる、コンパクトなセットだ。

炊飯すること自体あまりないので出番は多くないけど、『ソロ炊飯専用』という1点突破の尖った運用から、けっして外せないウチの重鎮。

目次

エバニュー アルミクッカー550FD使用レビュー

前置きが長くなりましたが、ここからは実際の使用レビューを。

実物はかなりコンパクト。容量が550mlなので、ちょっと大きめのマグくらいですからね。たぶん、想像しているよりさらに小さいですよ。

一人前の炊飯や、スープなどにちょうど良いサイズです。

中には、110サイズのガス缶が収まります。

炊飯

~1合位までがやりやすいかと思います。

個人的には、0.5~0.7合が丁度良い感じ。

上手くやれば1.2合くらいまで大丈夫そうですが、試したことはありません。

固形燃料を使用しての自動炊飯も簡単にできます。

550FDに限ったことではありませんが、吹きこぼれはありますので場所には注意が必要です。

炊飯に使用する際の欠点は、蓋の形状から重しを載せ難いこと。

中央に取っ手があるので、載せる場所があまりありません。

マグ等を利用すると簡単です。

スタッキング

550FDはオーソドックスな形状なので、スタッキングがやりやすいのも長所です。

とくに、ソロでよく使われる900mlの深型クッカーとの相性が抜群。

お米を食べるときは、この3つをスタッキングして持ち出すことが多いです。

左から

  • EPIガス シングルチタンマグ500ml
  • アルミクッカー550FD
  • エバニュー チロルコッヘル深型Wの小鍋(900ml)

チロルコッヘル深型Wはもう売っていませんが、同じくエバニューのアルミクッカー900FDや、スノーピークのトレック900がほぼ同サイズです。

マグの中には、調味料やお米を入れています。

まとめ

大きさ的にマグと被るからか、このサイズのアルミクッカーはなかなか無いので、意外と貴重な存在ではないでしょうか?

割と厚みもあり、ご飯が美味しく炊き上がります。

安いので気軽に使え、900mlのクッカーにちょうど入るから持ち出しやすい。

競合するライバルの居ない、唯一無二の製品だと思うんだけど、あまり売れてなさそうなのは知名度だろうか?

エバニューのアルミクッカー550FDは、キャンプで炊飯を良くする人にはぜひ使ってみてほしい、隠れた良品です。

created by Rinker
エバニュー(EVERNEW)
¥1,936 (2021/10/20 00:58:18時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる