神々しさがハードロック!雪原と月明かりのソロキャンプ

3月上旬。

ついに、待ち望んだ晴れのキャンプがやってきた。

天気予報を見れば、2日にわたって雲マークすら出ていない、完璧なる快晴が続くとある。

そのうえ風は1mの微風ときた。

もう、出発の前日からウキウキですよ。

行先は裏磐梯。

いつもの『みちのくキャンプ場』に向かいます。

車を停めて、身に着けた装備を運転モードから雪原モードに変更したら、バックパックを背負って未除雪地帯に突入。

3月の雪は、もう固く締まって足が沈むこともない。

スイスイと100mも進んで行くと、なじみのポイントに到着です。

振り返ればこの景色!

抜けるような青空の下、磐梯山がキレイに映える。

とりあえず1枚パシャリと撮って、モニターを確認しながらコレに擬音をつけるのならば

ワンピースのおなじみ『ドーン!』

はたまたジョジョの『バァーン!』が良いか

とりあえず設営前の軽い昼食を食べながら、ちょっと真面目に考えた。

で、結論は、いつのまにか忘れてたw

どうでも良いことを、どうでも良く楽しむのもまたキャンプ。

年齢を重ね、その時間の貴重さと得ることの難しさを実感している、今日この頃です。


この時期ともなると、積もった雪はもうずいぶんと硬い。

踏み固める必要もないほどで、設営はあっという間。

体力的には助かるけれど、冬の終わりが近づいているのを実感します。

ちょっと寂しいなぁ。

季節が移るということは時が進むというコト。

日々たのしい出来事もあるけれど、おいそれとは表にだせぬ悩みの一つや二つも抱えちゃうお年頃。

当然、時間だけではそれらを解決し得ないという事実もわかっていて、袋小路に迷い込んでるような気分も少々感じたり。

憂鬱さが心にチラリとわいてくる。

そんなとき・・・

見上げてみれば、バカみたいに澄み渡った空にいろいろ吸い込まれそうで、何だかどうでも良くなった。

晴れの効能は強烈だ。


いつもどおり、本を読んだりボーッとしたりして過ごすけど、なにせこのお天気の良さです。

テントに籠る必要も、風除けのタープも要らない。

オープンエアーが最高に気持ちイイーーー!

些細な事とか、ホンットにどうでもよくなってくるよね。

不意にラジオから80年代の曲が流れてきて、ほんの少しノスタルジックな気分に引っ張られた、心地の良い午後でした。

この冬から使い始めたギア、エアーマットをイスに変えるエアチェアの座り心地はかなりイイ。

created by Rinker
シートゥサミット(SEA TO SUMMIT)
¥6,380 (2024/05/21 03:54:48時点 Amazon調べ-詳細)

クレイジークリーク系の座椅子より座面が広く、クッションも効いていて、包まれるような感じです。

雪の上なら、パンクの心配も少ないだろうしね。

今後は、雪中キャンプのレギュラー装備になりそう。

そこに座っての青空読書が時間を忘れるほど気持ち良くて、恒例の雪上散歩に出かけたのは、もう午後の4時をすぎた頃。

すこし歩いただけで、日暮れの気配が見えてきた。

こうなると暗くなるのはホントに早い。

普段なら焚火や夕食の準備をしていて、ぶらぶら出歩くことはあまりない時間帯です。

だからでしょうか?

ながく伸びる森の影に、いつもとはちょっと違う新鮮さを感じるなぁ。

1時間ほど遅いだけなのに、印象は違ってくるもんだね。

視点を変えて新たに見えてくるモノもある。

そういうのって、普段の反対側などではなくて思いのほか近い場所、実はほんの少し隣にズレただけの、影になって目に入りづらいような部分にこそあるんだろうな。

すっかり慣れてマンネリさえ感じていたキャンプでも、こうして新鮮味が残っているんだもの。

捨てたもんじゃないよね、いろいろと。


キャンプの楽しみと言えば、食。

本日のメイン食材は、餅でも食べてみようかと。

妻さんから処分依頼を承った、賞味期限の近い鏡餅を持ってきました。

毎年食べる機会を逃してしまいがちだけど、今年はちゃんと頂きます。

と思ったらコイツが硬くて、なかなか切れやしない。

いつも調理に使っている折りたたみのビクトリノックスでは、文字通り歯が立ちません。

餅ってこんなにカチカチになる物質だったっけ!?

『サトウの切り餅』はいつだってスッと切れるのになぁ・・・。

仕方がないので、フルタングナイフ出して叩き切ってやりました!

まさか、餅をバトニングするコトになるとはねw

今夜のメニューは、この餅を入れて、お雑煮です。

ユニフレームのミニロースターで炙ると、なんでもとにかく美味くなる。

お手軽でいいよなぁコレ。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥2,420 (2024/05/21 08:03:22時点 Amazon調べ-詳細)

ある程度焼き目が付いて、おこげの良い匂いがしてきましたよ♪

あとは、あらかじめ火を通していた具材とあわせ、完成です。

お味のほうは・・・

美味い!

いままでは、キャンプで餅といえば『おしるこ』だったけど、お雑煮も相当ウマいな。

簡単だし、これ気にいった!


いつのまにか、太陽は姿を消していました。

一番星、見っけ!

澄んだ空が、青から藍に変わってきた。

もうすぐ、夜になる。


昼間の暖かさは一変した。

雲のない空は暖気をどんどん吸い上げて、気温は加速度的に下がっていく。

放射冷却というヤツだ。

日中は10℃くらいあったのに、あっという間に氷点下まで落ち込んだ。

その冷え込み速度は体感的に分かるほどで、刻一刻と冷たくなっていく空気の感覚が面白い。

こういう夜は大気が澄み渡り、きれいな濃紺の空が広がる。

もう、なにもかもぶっ飛ぶくらいの神々しさ。

幻想的な月の美しさを想起させる曲に、ドビュッシーの『月の光』があるけれど、この時ぼくの頭の中に流れ出したのは、なぜかディープパープルの『ハイウェイスター』!

あたりに人影はなく、この雪原にいるのは自分ひとりだけ。

その事実に心がぶるりと震え高鳴る。

煌々とした月明かりの下、氷点下の夜をテントひとつで過ごすというシチュエーションは、クラシックではなくROCK!なのです。

自分でもよくわからんけどw

振り返ると、深い藍色に染まる夜闇の中、月光に照らし出された磐梯山の姿がはっきりと浮かび上がる。

そして変なテンションで盛り上がるオジサンがひとり・・・。

まぎれもなくロックでしょ、コレはw

静かに眺め、しんと佇んでいると、枝を巡らせた木の影が、時の流れとともにゆっっっくりと動いているのが見て取れる。

世界がすすむ、実感がする。

車で走ること1時間、スノーシューとバックパックで歩くこと3分。

それでこの自然が織りなすワンシーンの中に身を置いて味わえるのだ。

だから雪中ソロキャンプはたまらない。


翌朝。

ほんの少しの雲が空を覆っているものの、引き続き穏やかな良い天気。

気温は-6℃ほど。

放射冷却の影響か、この時期としてはまずまずの冷え込みだけど、思ったほどは下がらなかった。

キラキラのダイヤモンドダスト見たかったなぁ。

明るくなるにしたがって、ぐんぐん暖かくなってきました。

春が近いのを感じます。

のそのそとテントから這い出し、雪の上にクローズドセルマットを敷いて腰を下ろしたら、さぁ朝食だ。

いつものカレーメシに、ちょっとお高いソーセージ。凍ってシャリシャリになったうの花を添えて。

うん、やっぱりキャンプの朝は、こういう手抜き飯が好きです。

食べたらササッと片付けて、温泉によって帰る予定。

今期の雪中キャンプはこれで最後かな?

気持ちの良い晴天も満喫したし、美しい月夜も堪能したし、思い残すことはありません。

さて、次は春のキャンプになるのでしょうか?

4月に入れば、冬季休業していたキャンプ場も、だんだんと営業を開始します。

どこに行こうか、たのしみです。

最後までお付きあい頂きありがとうございました。


  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次