アルストゴトク探しの旅『Lixada・三角薪ストーブ』編

アルコールストーブ(アルスト)のゴトクに使ってみようと、Lixadaの『三角薪ストーブ』を購入しました。

本来は焚き火用ですが、レビューによるとアルストにもちょうど良いとのコト。

シンプル&堅牢な作りで風防にもなると、なかなか高い評価です。

実際に何度かキャンプで使用してみたところ、確かにとても扱いやすい。

アルストのゴトクとしては、けっこう良いと思いました。

リーズナブルでコスパもいいしね。

ただイマイチな点もありまして、個人的には「これなら100均でいいや」って印象です。

目次

Lixada『三角薪ストーブ』

今年はアルコールストーブ(アルスト)をよく使っています。

数年間お蔵入りしていたのがウソのように、ほぼ毎回持ち出しておりました。

使ってみると楽しい!

そしてそれに伴って、アルストのゴトク探しの沼にハマってしまい、いろいろ試している最中です。

今回購入したのは、Lixadaの『三角薪ストーブ』というギア。

スペック

  • 使用時サイズ:(約)17.3cm×18.6cm×8.3cm
  • 収納袋サイズ:(約)20cm×13cm×1cm
  • 重さ180g
  • 材質:ステンレス鋼(厚み約1mm)
  • 付属品:収納袋

販売元のLixadaは、アマゾンを眺めているとよく目にするメーカーさん。

おそらく中国メーカーかと思われます。

キャンプギア関連だと、小型焚き火台の扱いが多いです。

いちおうHPはあるものの、企業情報の記載はありませんでした。

けどまぁ、よく聞く名だし評価も悪くない。

個人的には、数多くある中国メーカーの中ではマトモな方で、わりと安心して購入できる印象です。

アルストのゴトクとして使ってみる

この三角薪ストーブ、商品説明によると、本来は小枝などの焚火で使うものらしい。

名前に『薪』って入っているくらいだからね。

ただ底板のない構造上どうしても直火になってしまうので、キャンプ場などではちょっと使いずらいかな。

出典:Amazon

ステンレスプレート等で地面から離してやれば大丈夫かと思うけど、それならはじめから焚火台を持ち出した方が手っ取り早い。

そのため、レビューを見ても焚火で使用している人はほとんど見当たりません。

いっぽう、「アルコールストーブ(アルスト)のゴトクにちょうど良い」という意見がとても多く、ぼくの購入目的もまさにコレ!

  • 高さがちょうどよく
  • シンプルで使いやすく
  • 風防にもなる
  • 燃料の補充、消化が容易
  • 丈夫で重いクッカーでも大丈夫

という声がよく見られました。

アルストのゴトクとしては上々な評判。

期待が高まりますよ!

使用感

自宅やキャンプで何度か使ってみた感想は、『使いやすいけど、イマイチな点も目に付く』といったところでした。

使用したアルストはトランギアのTRB25です。

created by Rinker
trangia(トランギア)
¥2,290 (2024/05/21 10:24:22時点 Amazon調べ-詳細)

良い点、悪い点と感じた部分はこちら。

良い悪い
シンプルで扱いやすい本体が大きい
どんなクッカーでも乗る風防効果が低い
畳むとコンパクト熱でゆがむ
ベストな高さ火力

良かった点

扱いやすい

構造がシンプルで可動部もなく、組み立ても単純。

アルストのセットも、ただ置くだけなので一瞬。

全面が大きく開いているから、消火や火力調整がやりやすい。

とにかく扱いがとてもラクです。

もし汚れても、入り組んだ部分がないから掃除が簡単。

どんなサイズのクッカーでも安定

ゴトクの幅が広いから安定感がとてもよく、大小どんなサイズのクッカーでもちゃんと乗ります。

底の径が小さくて不安定になりやすいシェラカップもバッチリ。

十字ゴトクよりも安定します。

ただ、このゴトクの広い幅は欠点にもなっています(後述)。

畳むとコンパクト

畳んだ状態だとけっこうコンパクト。

薄いので、荷物になりません。

バックパックスタイルにはありがたい!

高さがちょうどいい

トランギアのアルスト『TRB25』に限定した話になりますが、ゴトクの高さがちょうどイイです。

TRB25はアルスト上部とクッカー底面の間隔を4~5cmにするのがベストだそうです(有志調べ)。

公式情報ではないので「間違いない!」とは言い切れませんが、実際ぼくもいろいろ試した結果、同じ結論に至りました。

Lixada『三角薪ストーブ』は、この間隔が4cmくらいになってちょうど良いのです。

悪かった点

大きい

本体が意外と大きいです。

アルストのゴトクとしてなら、この3分の2くらいのサイズで良いなぁ。

フィールドホッパーなど、コンパクトなテーブルではちょっと使いづらいです。

右にあるのがLixadaの三角薪ストーブ。
比較として左にあるのがセリアのコンパクト薪ストーブ。

底板がないから地面直置きは出来ず、必ずテーブル上で使うことになるので、こじんまりと行きたいソロキャンプではちょっと不向きかな。

風防効果は低い

正直、風防効果は低いと感じました。思ったほど風を防ぎません。

本体が大きめなぶん隙間も多いのか、ちょっとした風でアルストの炎がよく揺れます。

さらに、本体側面に開いている穴からけっこう風が入ります。

まぁこれは、本来の使い方である『焚き火』で使用した場合の通風孔でしょうから、正しく役目を果たしているとも言えます。

なので仕方ない。

でも耐熱テープとかアルミホイルなどを使えば、塞ぐのは簡単だと思います。

熱で歪む

火を点けていない状態だと非常に頑丈なんですが、アルストに着火すると、熱とクッカーの重さで本体がハの字に変形します。

潰れてしまうことはないと思うけど、精神衛生的に良くないです。

アルストの上で潰れたら大惨事ですからね。

マグやシェラカップ程度なら大丈夫。16cmフライパンでも大丈夫。けど容量900mmのクッカー満タンだとけっこう変形しました。スキレットなどを使うのはちょっと怖そう。

火力

何度か使ってみて感じたのが、思ったほど火力が出ません。

セリアの『コンパクト薪ストーブ』を底上げして、アルスト上部とクッカー底面を4cmにした状態と比較した感想です。

理由はおそらく、

  • 風の影響
  • 幅広のゴトクで炎が遮られる

あたりかなって思います。

風の影響は、先ほど書いたように風防効果がそれほど高くないため、よく炎が揺れているから。

ゴトクは、厚み約1mm幅12mmあるので、これが邪魔になっているのかも知れません。

とはいえ、調理できる火力はありますよ。

総評

使用する前は、

「これでアルストのゴトク探しも終わりか!?」

ってくらい期待していたんですが、そうはなりませんでした。

すっごく扱いやすいのは確かなんだけど、イマイチな部分が気になります。

高さはバッチリなんだけどなぁ~。

セリア「コンパクト薪ストーブ」でいいや

『Lixada・三角薪ストーブ』は、以前購入した『セリア・コンパクト薪ストーブ』と形状はほぼ同じ。

使いやすさなどの利点は共通です。

さらに、三角薪ストーブはアルスト上部とクッカー底面までが約4cmと、理想的な間隔。

なので一見セリアの上位互換のようですが、実際の火力は大差ありませんでした。

風の影響を受けやすいのと、幅広ゴトクによる火力ロスが原因かなぁ?

正直、これならセリアでいいやって感想です。

まとめ

期待したほどではなかっただけで、じゅうぶん使えるゴトクだとは思います。

ハの字に変形するのはちょっと怖いですが、ソロで使うくらいのクッカーなら潰れることは無さそうだし。

これでもう少しコンパクトなら、使い続けたかもしれません。

欠点は、ひとつひとつはどれも決定的というほどではないものの、それらが合わさると無視できない程度には気になってしまい、3~4回使った時点で次が欲しくなりました。

なにより、火力でセリアのコンパクト薪ストーブと大差なかったのが敗因ですね。

さぁ、気を取り直して次いってみよう!w


  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次