【会津のキャンプ場】裏磐梯 みちのくキャンプ場で静かなソロを過ごしてきた

こんにちは、shizuwaです。

広範囲で夏日となった6月1日、裏磐梯へキャンプに行ってきました。

目次

裏磐梯へ行こう

裏磐梯はリゾート地、沢山のキャンプ場があります。

週末ともなれば大勢の人が訪れ、昨今のブームもあってどこのキャンプ場も賑わっています。

そんな中、ソロ好きのぼくが行くのは「みちのくキャンプ場」。週末にもかかわらず完ソロです。

湖畔ではないけれど磐梯山がよく見える、お気に入りのキャンプ場です。

裏磐梯 みちのくキャンプ場

小野川湖と秋元湖の間にあるキャンプ場です。おそらく知名度が低いためか、いつも空いていて週末だろうが確実に泊まれるありがたい場所です。

裏磐梯といえば風光明媚な湖畔のイメージですが、残念ながらサイトから湖は望めません。

代わりに、高台に陣取ってテントを張れば、正面に磐梯山を眺める展望の良さがあります。

人の少なさも相まって、抜群の解放感が味わえます。

ひろい場内はよく手入れされていて、きれいに刈り込まれた芝生が気持ちいい。

全面フリーサイトだけど、適度にはえた木や段差のおかげで良い具合に視線が遮られ、多少ひとが居たとしても気にならない。トイレや炊事場も清潔だし、コインシャワーもあります。

ただ、ここはあくまで「野営場」なので、ゴミや炭を捨てるところはありません。自身で管理して持ち帰りましょう。もちろん売店やレンタルもないので、忘れ物には気を付けて。

ところどころにハンモックが使えそうな樹もあります。ここで揺られたら気持ちいいだろうなぁ。

場内はほぼ平坦で、北に行くほど高台になります。多少、ゆるい傾斜のついた場所もありますが、そもそも広いうえ場所は選び放題なので問題にはならないでしょう。

料金は1000円。

料金は2000円になりました。それでも裏磐梯では安いほう。設備のキレイさと快適度を考えたら抜群のコスパです。

完ソロ! みちのくキャンプ場レビュー

今回は、キレイに咲いたピンク色の花の脇にテントを張りました。

磐梯山を眺めることは出来ない場所ですが、いつも見てるので別にいいです。地元ですから(笑)

トイレの鍵を開けにきた管理人さんに、花の名前を教えてもらったけど忘れてしまった。でもキレイだからいいや。

今日はこの花を眺めながら一杯やろう。

料金もこのエリアにしては格安だし、ホントいつも空いてるのが信じられない。

お盆などのハイシーズンはさすがに人は居るけれど、それでも混雑というには程遠い。

やはり知名度だろうか?

誰もいない草原に春蝉の声が広がる。

風に乗って白い綿毛が舞っている。

白昼から酒に酔うおっさんが独りたたずむ。

本を読む。飽きてきたらフラフラと辺りを徘徊する。本を読む。どこまでも続くループ。

場内のはじっこの方、周りの森の近くに行けばソロで使うくらいの薪は拾える。

日中は半そでで気持ち良いくらいだったが、日が沈むにつれ気温が下がりやがて息が白んでくる。昼間の風の心地よさと夜の焚火の暖かさと、どちらも堪能できるこの時期の裏磐梯はとても好きだ。

気温は夜半には6度くらいまで下がっていた。星がよく見える。

そういえば浄土平野営場に泊まったときはすごく星空がキレイだった。今は立ち入りることができないが、いつか再開するのだろうか?

翌日も良い天気。気温もグングン上がってゆく。セミのボルテージもグングン上がる。朝露に濡れたテントが乾くのも、あっという間だ。

見事に晴れた2日間。雨キャンプもキライじゃないけど、やっぱり高原の青空は格別に気持ち良かった。

今回のキャンプまとめ

  • 場所:裏磐梯エリア
  • 時期:6月はじめ
  • 最高気温:21度
  • 最低気温:6度

裏磐梯の6月の平均気温は、【最高20.7度】【最低10.3度】です。今回は月初めという事もあり、最低気温が6度まで下がりました。

裏磐梯エリアの気候は、北日本型の積雪寒冷地です。日中は暖かくとも朝晩はとても冷えるので、装備には注意が必要です。

今回は、-4度対応のダウンシュラフを使用しました。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる