アウトドアスパイスの大本命!? GABAN『アウトサイドハーブスパイス』

こんにちは、シズワです。もちろん肉は大好きです。

このところ、アウトドアスパイスが大人気。手軽なのに本格的な味と香りが、焚き火料理にぴったりですよね。

様々な製品が登場し、目移りしてしまうほど盛り上がっています。

そんな中ついに、スパイス界の王者『GABAN』がアウトドア向けの製品をリリース!

『アウトサイドハーブスパイス』を今年の3月に発売しました。

目次

GABAN『アウトサイドハーブスパイス』

キャンプで肉、食べたくない?

焚き火にスキレットや鉄板をのせて、豪快に肉を焼いて食べたくなる衝動!

キャンパーなら、身に覚えがあるはず。

そんな場面にピッタリなのが『アウトドアスパイス』。

どんな素材にも合い、1本だけでしっかり味が決まる手軽な調味料です。

スモーキーな焚き火調理を引き立てる、スパイシーで香り高い味付けは、アルコールとの相性もバッチリ。

キャンプの夜にうってつけな、まさにアウトドア向けのスパイスです!

GABANがアウトドアスパイスを発売

今年、GABANがアウトドアスパイスを発売しました。

それが『アウトサイドハーブスパイス』。

GABANといえば、ブルーのボトルでお馴染みの大手スパイスメーカー。

だれもが一度は目にした事があるはず。

「ついに本命がきた!」って感じですね。

使って楽しい!アウトドア用の万能調味料


スーパーなど食料品関係のお店ではなく、スポーツ用品店のアウトドアコーナーで見つけました。

「なかなか見つからない」という人は、そういった場所を探すと良いかもしれません。

早速、スキレットで厚めの牛ステーキを堪能。

これ1本だけで出来上がるのがアウトドアスパイスの良いところ。

ぼくは結構、味覚のストライクゾーンが広めで、大概のものは美味しく頂けます。

その基準も「美味い」か「不味い」くらいしかない大雑把な舌の持ち主。

そんな自分でも、ハーブの複雑で深い味わいと、しっかりとした香りが鼻に抜けるのをはっきり感じます。

大きめで不揃いの粒が確かな存在感。

これは間違いない!

たっぷり豪快に振りかけ、鉄板やスキレットでの焚き火調理で、細かいことは気にせずガッツリと味わいたい。

もちろん、肉以外でも美味しい万能調味料です。

家庭用の調味料と比べるとお高くて購入をちょっと躊躇ったけど、使ってみてそれも納得の深い味。

これだけ色々と入っていれば、そりゃ高価にもなるよね。

でもキャンプ好きで肉好きなら、このGABANに限らず「一度は味わってみても損はないよ」ってくらい、アウトドアスパイスは楽しくてオススメです。

調味料のレビューで「楽しい」って感想は、我ながら「どうかな?」と思いますが、実際に使ってると楽しいんですよ!アウトドアスパイスって。

なんだろうねコレ。

ともかく、「流行ってるだけあるな」と思いました。


created by Rinker
リベルタ
¥1,620 (2021/10/20 08:11:47時点 Amazon調べ-詳細)

GABANはなぜかアマゾンにしかなく、それも2個売り。でもあまり塩辛くなく、ついつい使いすぎてすくに無くなってしまいそうなので、これはこれでアリかも。

3大アウトドアスパイスといえば、『ほりにし』『黒瀬のスパイス』『マキシマム』。初めての人は、3本セットで食べ比べてみるのも面白いのでは?

created by Rinker
西部頭髪
¥1,480 (2021/10/20 08:11:50時点 Amazon調べ-詳細)

ぼくが次にほしいのはコレ、サワークリームオニオンスパイス。あのポテトチップスの味になるらしい。気になる!

スパイスを揃えたら必要になる調味料入れ。ソロで使うコンパクトな調味料を持ち運ぶなら、シンプルなコチラはどうでしょう。その名も『ミニマル野郎』!

スパイスだけでなく、ケースにもこだわりたいならノースフェイス。間違いのないカッコよさ。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる