【会津の無料キャンプ場】三ノ倉高原キャンプ場 喜多方の静かな山の中

こんにちは、shizuwaです。

GW連休最後の5月5日、6日。家族サービスも終わり、ソロで動けることに。

できるだけ人の居なそうなところへキャンプに行くことにしました。

目次

喜多方の奥へ

喜多方市のはずれ、高台にある三ノ倉高原。

夏には辺り一面を山吹色に染め上げる、広大なひまわり畑で有名です。

レストハウス脇からダートに入り、ちょっと登ったところにキャンプ場があります。

四輪やオフ車なら問題ない道ですが、大型のオンロードやアメリカンは少し厳しいかも。車でも車高の低い場合は、悲しい思いをするかも知れません。

ここには年に数回くるけれど、ほとんど人に会ったことはない。完ソロ好きとしてはとても有難い場所です。

三ノ倉高原キャンプ場

無料で利用でき、申し込みも必要ありません。スキー場の中腹にあたる場所なので眺めも良い。

トイレは、この手の無料キャンプ場としてはまだマシな部類だと思います。

ただ夏は虫の巣になってることも。紙はあったりなかったりなので、持参した方が安心です。

炊事場もわりと立派だけど、水は飲用不可

こちらも夏になると草が伸びて、腰あたりまでの藪に包まれ近づくのが難しくなります。

場内の明かりはとくに無いのでライトは必須。この時は炊事場の明かりも点かなかった。

去年の秋ごろに来たときはちゃんと点灯したんだけど...。

全体的に施設(と言っても炊事場とトイレだけ)は無料にしてはキレイだと思うけど、管理キャンプ場とは比べるべくもないので、女性には厳しいかもしれません。

それに、なんだか年々劣化してきているようです。

時期によってはブヨやアブが大量にいるので虫よけ対策は必須です。多いときは、車から出るのをためらう程。

もう「ブワーッ」って寄ってくる。

場合によっては中止の決断を!

基本、野営場なので野生の動物にも注意が必要です。ここにくる途中で見かけるクマ注意の看板は伊達ではありません。

喜多方の山間部はクマの目撃が多く、毎年被害もでる場所です。ゴミや食べ物の管理には細心の注意を払いましょう。

運が良ければ、ハクビシンに会えるかも!

地面も注意が必要です。一見草地で良さそうだけど、その土の下には石がゴロゴロしています。鍛造ペグでもないと歯が立たちません。

夜は本当に真っ暗。

結構な山の中だしソロになる確率が高い(と思う)ので、そういうのが好きな人じゃないとちょっとキツイかも。

オフシーズンはトイレと水場が利用できなくなります。5月頃~10月頃が利用できる時期のようですが、毎年微妙に変わるのでよく分かりません。

オフシーズンでも雪のない時期ならキャンプ自体は可能ですが、11月頃には林道が閉鎖されるので、晩秋の利用は問い合わせた方が良いかもしれません。

近くに沢はありますが、谷になっており水を汲むのは無理でしょう。

色々書いてしまったけれど、無料キャンプ場なんてそんなもの。

自分にはお気に入りの場所です。

三ノ倉キャンプ場の問い合わせ先

三ノ倉のレストハウス「山小屋くらら」で詳細を教えてくれますが、冬季以外は高原の花が咲く時期しか営業していません。

その時期はキャンプ場も間違いなく利用できるので、あまり問い合わせる意味はないかも。

オフシーズンなら、平日は役場に問い合わせても良いでしょう。トイレなど水場が稼働しているかどうか、林道が通れるかくらいは分かります。

休日はどうしようもありません。準備をして、とりあえず行ってみるしかないでしょう。

行ってみて無理そうなら、すぐ近くの中山森林公園キャンプ場を利用する手もありますよ。

三ノ倉高原キャンプ場 野営レビュー

去年の秋以来、約半年ぶりの三ノ倉です。

冬季はスキー場のゲレンデとなるため、このくらいの季節にならないとキャンプで使用できない場所なのです。

決して広いとは言えないサイトですが、基本ひとは居ないので好きなように張れます。

さっさと設営を進めます。ペグがスムーズに入るのは最初の数センチだけ。すぐにゴロゴロっとした石に阻まれます。そこに鍛造ペグをハンマーで強引に叩き込む!

う~ん快感!

5月の陽気は、日中なら半そでで居られるくらいに暖かくなってきた。でも日が傾くと途端に冷えてくる。

まだまだ寒さは健在だ。

けれど、ときおり焚き火に惹かれて飛んでくる虫の存在が春を感じさせる。

そんな季節のうつろいを実感できるのもキャンプのいいところ。

日も暮れてきたので、テントに入ってラジオを流す。クマよけも兼ねてボリュームはちょっと大きめで。ここは喜多方市内にほど近い山の上。 ローカル局のFMきたかたがよく入ります。

ラジオを聴きながら程なく就寝。

翌朝は撤収後、三ノ倉でキャンプしたときのお決まりコースである熱塩加納の共同浴場によって帰路につきました。

今回のキャンプまとめ

  • 場所:喜多方・三ノ倉高原キャンプ場
  • 時期:5月初旬
  • 最高気温:20度
  • 最低気温:7度

気温は喜多方市内より、-1~2度と思っておけば大丈夫。

それよりも、地面下の石とブヨ対策が問題かな?

温泉

ちかくに温泉がけっこうある。

  • 熱塩温泉 山形屋
    とてもきれいな旅館。日帰り入浴が利用できる。
    800円 12時~18時
  • 熱塩温泉 下の湯 オススメ
    熱塩温泉の共同浴場。示現寺前に駐車できる。近くの雑貨屋のおばちゃんに料金を払う。
    雰囲気良いが半混浴なので注意。
    200円 9時~16時
  • 熱塩加納保健福祉センター「夢の森」
    近くて安いが、老人ホームの臭いがするのでオススメはしない。
    300円 9時~20時30分
  • 喜多の郷「蔵の湯」
    道の駅併設の温泉。他3か所より少しだけ遠いけど、車やバイクなら大差はない。
    風呂は広い。車中泊者多い。17時以降は安くなるが混む。
    値段の差が気にならなければ、16時~17時が空いてて良い。
    500円(17時以降300円) 9時~20時

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる