これだけは持っておきたい!便利な道具 シングルチタンマグの魅力

こんにちは、コーヒー大好きshizuwaです。

いちばん好きな豆は『ネスカフェゴールドブレンド』です。

ごめんなさい。『好きな豆』とか言ってみたかっただけです。一周回って結局インスタントの手軽さに落ち着きました。

目次

持っておくべき!シングルチタンマグ

多種多様なキャンプ道具のあふれる昨今、選ぶ楽しみは尽きないけれど、どれをチョイスしたら良いか迷ってしまうこともあります。

そんな混迷の時代においても、『これはもっとけ!』と声高に主張したいアイテムがシングルチタンマグです。

キャンプにマグは必需品、実にいろいろな商品が売られています。

手軽なシングル、保温のダブル、樹脂製はデザインが豊富でおもしろい。本当にたくさんの選択肢がありますが、どれを選ぼうがマグとしての使用に問題はありません。

なんなら100均でも十分です。

でも、どんなマグを使っていようと、別途持っておくと良いのがシングルチタンマグ。

とても便利に使えるアイテムです。

シングルチタンマグが便利な理由

火に掛けられる

湯を沸かす、温め直すなど簡単なクッカーとしての用途にも使えます。これが思いのほか便利。

コーヒーが冷めても、また温めればいいだけですからね。

ただ、『チタンは飲み口が熱くならない』という話をよく聞きますが、そんなことありませんよ。例え中身が3割くらいの量だとしても、沸騰するほど火に掛けていたらチタンといえども熱々になります。

複数の用途がある

上にも少し書いたとおり、マグ以外にもちょっとしたクッカーとして使えるのが便利。

同じように複数の用途がある道具としてシェラカップがあります。違いは、皿よりなのがシェラカップ。コップよりなのがシングルマグ。

サイズが豊富

かわいい小さなものからマグとしては余裕の大きさまで、多くのサイズが販売されてます。

だいたい220ml~600mlくらいでしょうか。

コーヒーやお茶を飲むだけなら300ml以下の容量で十分ですが、お酒も入れる場合は400mlは欲しい。クッカーとしても期待するならもっと大きめがいいかな。

こんな具合に用途に合わせて選べるのはモチロンなんですが、手持ちのクッカーとのスタッキングもやり易いのが良いところです。

気分が上がる

チタンはロマン!

要は、軽く邪魔にもならないコップ兼クッカーだから持っといて損はないよ!ってところです。

おすすめは日本メーカー

最近は中国製の質も上がり十分実用に耐える品質になりました。でも、あくまでぼくが目にした範囲での話ですが、細部の仕上がりはまだ日本メーカーに分がある気がします。

価格もたいして変わらないので、ここは日本のメーカーをオススメしたい。

スノーピーク

王道です。定番中の定番なので安心です。個人的にスノーピークは取っ手が持ちやすい。

現在のラインナップは220ml・300ml・450mlの3種類。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥2,420 (2021/10/17 08:00:16時点 Amazon調べ-詳細)

EPIgas

ガスストーブとランタンの老舗、EPIガスはフタつきのマグを出しています。

このフタが『ピタッ』と合う様はさすがの精度。

容量は、330ml・400ml・500ml。

created by Rinker
イーピーアイ(EPI)
¥2,373 (2021/10/17 08:00:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
イーピーアイガス(EPIgas)
¥2,493 (2021/10/17 08:00:17時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
イーピーアイガス(EPIgas)
¥2,600 (2021/10/17 22:28:06時点 Amazon調べ-詳細)

フタつきの500mlはちょっとしたクッカーとしても使い勝手が良い。

ベルモント

チタン製のクッカーやカトラリーが豊富なベルモントは新潟の会社。個人的にチタンレンゲが気になってしょうがない。

エバニュー

チタンクッカーで有名なエバニュー。赤がワンポイントになっています。実は大正時代創業の超老舗。

まとめ

例えすでに使っているカップがあったとしても、クッカーのひとつとして持っておきたいシングルチタンマグ。

個人的なおすすめはEPIガスです。

アウトドアで使用するものだけに、フタがあるのはやはり便利。他も合うフタは売っていますが、専用品が最初から付いているのは上記4社のなかではEPIだけです。

容量は300ml以上がおすすめ。

小さいと火に掛けたとき不安定で、『クッカーとしても使える』という利点が薄くなるからです。

まぁ、いろいろ書きましたが、最終的には好みで選びましょう。

好きでやっている趣味なのだから、『これがイイ!』という直感がいちばん。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる