冬の寝袋を快適に! ウォーターボトル湯たんぽ

こんにちは、shizuwaです。

寒くなればなるほど外で寝たくなる病に侵されています。

不治の病かもしれません。

目次

冬キャンプの寝袋をより快適に

『外で』とは言っても、震えながら寝るのが好きなわけではありません。やっぱり睡眠は、ポカポカと心地よいのが一番です。

冬キャンプの睡眠でもっとも重要なアイテムは寝袋でしょう。快適な夜を過ごせるかどうかはココに掛かっています。

ですが、それが全てという訳でもありません。

寝袋をサポートする色々なアイテムを使うことで、快適性を格段に上げることが出来ます。

その中でも、もっとも効果を実感できるのは、湯たんぽ

どんなに暖かい寝袋でも、寒い夜は入った瞬間ヒヤッとしますよね。

あれが苦手な人も多いのでは?

そこで、あらかじめ湯たんぽを仕込んでおけば寝袋の中はポカポカです。入った瞬間から暖かいのは感動もの。

カイロでも良いのですが、お湯の暖かさは柔らかくて、やさしく、心地いい。

コンパクトなソロキャンプでの湯たんぽ

湯たんぽといえば、どんなものをイメージしますか?

ぼくはあれですね、銀色で波打ってる金属の容器。THE 湯たんぽ!って感じのアレです。

昭和が懐かしいお年頃です。

ウォーターボトルを湯たんぽに

ネットやお店を見ると、最近はホントにいろんな種類の湯たんぽが売っています。

樹脂製の扱いやすいものだったり、かわいいものだったり。

でも、どれもそれなりの体積で、コンパクトに行きたいソロキャンプにはちょっと荷物

そこでよく知られているのが、ウォーターボトルを使う方法。やり方は簡単。ボトルにお湯を入れ、タオル等で巻くだけです。

使うボトルはナルゲンが有名ですが、ぼくはモンベルをおすすめします。

ナルゲンとモンベル ボトルの違い

同じ1ℓのボトルだと、

  • ナルゲン トライタンボトル
    縦21cm×径9cm
    耐熱温度 : 本体100℃/キャップ120℃
    耐冷温度 : 本体-20℃/キャップ0℃
  • モンベル クリアボトル
    縦25cm×径8cm
    耐熱温度 : 本体90℃ / キャップ 100℃
    耐冷温度 : 本体0℃ / キャップ 0℃

『ナルゲンは短く太い』

『モンベルは長く細い』

という違いがあります。

モンベルの方が細長い形状のため、狭い寝袋の中でも邪魔になりません。

ウォーターボトルとして使う場合はどちらでもよいのですが、湯たんぽとしてなら、ぼくはモンベルが断然使いやすいと感じます。

ナルゲンのほうが耐熱温度が100度とより高く良さそうに感じますが、沸き立ての熱湯を使うわけではない(後述)ので、モンベルの90度でも問題はありません

ウォーターボトル湯たんぽの作り方

お湯を沸かし、ボトルに入れます。1ℓの容器なら800mlくらいが良いです。

焚き火のついでに沸かしましょう。

熱いお湯を入れすぐに蓋をしてしまうと、蒸気で内圧が高まり、ボトルを傾けた時に漏れることがあります。少し冷ましてから入れましょう。

ボトルの耐熱が100℃でなくてもよい理由です。

蓋を閉めたらタオル等で包みます。さらにビニール袋やジップロックに入れると万が一のときも安心です。

あとは寝袋に入れて準備はOKです。

1ℓなら翌朝までほのかな暖かさが残ります。ボトルのお湯は再度沸かし、コーヒーを淹れたり朝食を作るのに使えます。

氷点下の朝は水が凍っていることが多いので、すぐに使える湯たんぽのお湯が便利です。

まとめ

ぼくは、冬のキャンプをするまでは、湯たんぽって使ったことありませんでした。

なんなら「古くさいなぁ~」なんて思っていたくらい。「古の知恵だろ?」みたいな。

でも使ってみたら、その快適さは素晴らしい!のひとことです。

ぜひやってみて下さい!目からウロコの気持ち良さですよ。

くれぐれも、寝袋は濡らさないよう、気を付けて!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる