ワークマンで焚き火用の皮手袋を【ワークグローブWG-800】

今年の初めに、焚き火用のグローブを新調しました。

購入先はおなじみの『ワークマン』。

熱や火の粉から手を守るだけでなく、薪を集めたり、ナイフや斧で怪我したりしないようにと、身を守るための重要なアイテムです。

目次

焚き火用グローブをさがしにワークマンへ

以前使っていたものは、ホームセンターから800円くらいで購入した溶接用の皮手袋です。

安物でしたが、しっかり役目を果たしてくれました。

何度も一緒にキャンプに出かけて行き、すっかり手に馴染みきったグローブはもはや相棒。

値段なんて関係なく、ぼくのキャンプシーンには欠かせない存在だったわけなんですが、・・・なくしました。

『破れた』とかなら殉職みたいでまだ恰好もついたんですけど、『無くしました』。

どっかで落としたんでしょうか?

いつの間にか無くなってました。

『相棒だったんじゃないのかよっ!』って話ですよね。

そりゃまぁ、ちょっとはショックでしたが、引きずっていても仕方がない。

とっとと前を向き新たな出会いを求め、なにかと頼りになるワークマンへ向かいました。

ウェア系なら、とりあえずワークマンへ行けば何とかなるハズだからです!

ワークグローブ・WG-800

やはりワークマン。

丁度良さそうな皮手袋がありました。

ワークグローブ【WG-800牛床革オイル内縫い内綿付き手袋】です。 

サイズは【M】と【L】の2種類、お値段は795円。

牛革性で、スウェードのような手触りです。

開封直後は細かな粉のようなものが出ましたが、外で数回『ポンポン』としたら落ち着きました。

今回、Mサイズを購入したのですが、指を曲げたときに少しきつい気がします。

ぼくの手を測ってみると、

  • 手首から中指の先まで:約19cm
  • 中指の付け根から先まで:約12cm
  • 手のひらの幅:約18cm

このくらいの手の大きさだと、Lの方が良いかも。

そもそも細かい作業をする手袋ではないので、ピッタリのサイズより、多少大きい方が使いやすいかもしれません。

内綿が付いているので、着け心地は大変良いです。

内綿があると多少の防寒効果も感じられます。

先代のグローブは内側も皮だったんですが、けっこう違うもんですね。

縫い目はすべて内縫いになっています。

ロゴの類もまったく無いおかげで、すっきりした見た目です。

うん、シンプルで好み。

お安いわりに、親指の付け根にもちゃんと当て布(当て皮?)がしてあります。

ここが擦れて破れやすいんですよね。

まとめ

実際に何度か焚き火で使いましたが、なかなか良いです。

  • 薪をくべる
  • 火のついた薪を動かす
  • 熱々の鉄フライパンを持つ
  • 火中のクッカーを掴む

などは問題なく出来ました。

いわゆる焚き火用として売られているグローブだと、バックパックに入れて持ち歩くには少々ゴツいので、こういう作業用の皮手袋のほうが僕の用途には合っています。

このグローブならバックパックはもちろん、上着のポケットにも入ります。

これで約800円。

やっぱりワークマンへ行ったら何とかなった!w

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる