【クーラーボックスの夏対策】100均で保冷力を底上げ!

キャンプには欠かせないクーラーボックス。

夏はとくに重要ですよね。

種類・値段・性能と、幅広い選択肢のあるアイテムですが、皆なにかしら持っていることでしょう。

ところで、そのクーラーボックス、保冷力には満足していますか?

目次

夏キャンプ・クーラーボックスの重要性

キンキンに冷えたビールが飲めない夏キャンプなんて、ただのガマン大会である。

そのくらい、クーラーボックスは大事ですよね。

保冷力は、あればあるほど良い。

美味しいビールが欲しければ、オーバースペックなんて言葉に逃げてはいけない無情な世界です。

ただ、その保冷力はお値段と比例しており、優れたクーラーボックスはなかなか強烈なプライス。

そうそう買えません。

そこで、安くてソコソコのクーラーボックスに少し工夫をし、真夏のキンキンビールを手に入れましょう。

100均グッズで保冷力を上げる

ぼくが夏場に使うのはサーモスのソフトクーラー。

熱中症対策に飲み物がふえるので、他の季節より少し大きめの15Lを持って行きます。

安いわりには保冷力もあり、真夏以外でしたら充分な性能ですが、その肝心な真夏には少し力不足。

温くはなりませんが、キンキンともいきません。

そこでぼくは、100均に売っているものを使い、保冷力の底上げをして使用しています。

方法その1

やっている事は実に単純。

内部を100均で売っている銀シートで被うだけです。

簡単ですが効果は大きい。

まず、クーラーボックスの底板は適当な大きさにカットした銀シートで包みます。

切り方がやっつけ仕事だけど気にしないで!

本体内側にも、適当な大きさにした銀シートを2重に折って入れます。

100均の銀シートは薄いので、3重にしても良いかもしれませんね。

これだけで保冷力はかなり上がります。

方法その2

こちらの100均の保冷バッグ。

350㎜缶が6本入るサイズ、おそらく5Lくらいと思われます。

これに飲み物と保冷剤を入れ、先ほどのクーラーボックスにINします。

それ以外の部分にも保冷剤と食材等を入れます。

これでソフトクーラーの中は、100均保冷バックが強冷、それ以外は弱冷となりました。

強冷スペースはかなりの保冷力になりますが、サイズ的に500ml缶やペットボトルを入れづらいのが難点。

番外

さらに保冷力がほしいとき、または強冷スペースを多く取りたいときは、100均保冷バッグの代わりに、イグルーのミニシティトート9(7L)を使います。

これがちゃんと入る。

ここまでやると、保冷力はそこら辺のハードクーラーボックス以上になりますよ。

ロゴスの氷点下パックと併せて、真夏でもドリンクが凍りつき、冷凍したペットボトルは翌朝まで氷が残ったままです。

イグルー以外の小型クーラーバッグでも良いのですが、7Lという絶妙なサイズはなかなか見かけません。

あわせて読みたい
【イグルー】クーラーバック ミニシティトート9はお手軽ソロキャンプに丁度いい こんにちは。キャンプへ行く最大の目的はビールをおいしく飲むこと!のshizuwaです。 そのために欠かせないのはクーラーボックス。ほぼ一年中お世話になる重要なアイテ...

ちなみに、荷物は少ないけど強冷にしたいときは、このミニシティトート9の中に100均保冷バッグを入れることもできます。

まとめ・一番大事なのは保冷剤

非常に簡単で単純なやり方ですが、効果は絶大。

ソフトクーラーだけでなく、もちろんハードタイプのクーラーボックスにも使える方法です。

持って行く物や気温などで「その1」から「その3」まで使い分けますが、気温30度くらいなら「その1」だけでも十分。

びっくりするくらい保冷力が上がりますよ。

ただそれも、中に入れる保冷剤によりけりです。

定評のある氷点下タイプのものを使いましょう。

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥970 (2021/10/19 18:02:22時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥1,736 (2021/10/19 21:36:31時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる