キャプテンスタッグ【アルスター火消しつぼMサイズ】シンプル・丈夫・ソロキャン向け焚き火アイテム

キャンプで焚き火をするならば、必ず持っておきたい、持たねばいけない。

火消しつぼは、今や必須ともいえるアイテムになりました。

灰や燃え残りはそのままにしておけないし、灰捨て場のあるキャンプ場でも、そこまで運ばなければいけません。

焚き火台のまま持って行こうとすると危ないし、風で舞った灰をかぶってしまう、なんてことも。

服につくと、とにかく落ちないんですよねぇ。

そんなときに必要なのが、火消しつぼ。

キャプテンスタッグの【アルスター火消しつぼ】は、

  • シンプル
  • 丈夫
  • リーズナブル

    と、実用性重視ならベストなギア。

    使ってみればわかりますが、炭や灰の始末がとても簡単になりますよ。

    目次

    シンプルしっかり【アルスター火消しつぼ】

    ソロキャンプに!アルスター火消しつぼ・Mサイズ

    ぼくがオートキャンプのときに使っているのは、キャプテンスタッグのアルスター火消しつぼ・Mサイズ。

    オシャレさを微塵も感じさせない、実用性成分100%で作られた、古き良き鹿番長テイストのアイテムです。

    実際、ずいぶん昔に購入したので、所有しているのは旧モデル。

    現在は新モデルになっていますが、オシャレさが無いのは変わりません(笑

    MとLの2サイズありまして、ソロ向けなのはMサイズ。

    本体は【外径175×高さ165mm】、すこし大きめのクッカーのような外見。

    蓋にロックや密閉機構はなく、ただ上に乗っているだけですが、ちゃんと消火します。

    シンプルで丈夫

    本体の材質は、熱やサビにつよいアルスター鋼板。

    アルスター鋼板とは、鉄にアルミメッキを施した鋼板で、耐熱性・耐食性に優れています。

    とくに洗ったりもせず、もう7年くらい使用していますが、まだまだ健在。

    とても丈夫です。

    その役目から、ラフに扱うことが目に見えている道具ですから、頑丈なのはすごく助かる。

    炭を入れると本体はすごく熱くなるので、地面を焼かないように、取り外し可能な脚が付いています。

    さすがに草地はダメですけれど、地面ならそのまま置けるから便利。

    ちなみに現行モデルだと脚が長くなっているので、ワリとどこでも置けそうです。

    とまぁ、アルスター火消しつぼは、ひじょうにシンプルな製品。

    それゆえにとても使いやすい。

    オシャレさはないけれど、必要十分

    燃やす前の薪の大きさからくらべると、

    「こんなサイズの火消しつぼで大丈夫?」

    と思うかも知れませんが、ソロならじゅうぶん。

    ぼくはユニフレームの薪グリルで焚き火をするときに、このアルスター火消しつぼを使います。

    けっこうガッツリと、4~5時間焚き火した後の灰もちゃんと入りますよ。

    シンプルで使いやすいアルスター火消しつぼですが、唯一の不満点はフタを固定できないところ。

    たまに車の中でひっくり返って、灰をぶちまけています。

    火は消えているものの、掃除がタイヘン。

    そんな経験をした人が、ぼく以外にもいたのでしょう。

    現行モデルは、ちゃんと蓋が固定できるようになっています。

    脚もより高くなるなど、使い勝手が増しているようです。

    現行アルスター火消しつぼ・Mサイズのスペックはこちら。

    製品サイズ(約)205×195×高さ220mm(本体:外径175×高さ165mm)
    重量(約)セット640g
    材質(品質)本体・ふた:アルスター鋼板、スタンド・ハンドル・つまみ:鉄(クロムめっき)
    仕様/その他セット内容:本体x1・ふたx1・スタンドx1・ハンドルx1
    買い替えちゃう!?

    最近は火消しつぼも色んな製品がありますが、機能を優先するならば、シンプルで丈夫、そしてリーズナブルな『アルスター火消しつぼ』がオススメです!

    まとめ

    場所や地域差はあるかもしれませんが、ひと昔前までは、焚き火やBBQ後の炭を埋めるのはワリと一般的でした。

    いけないコトだという意識も風潮も、とくになかったと思います。

    けれど今になって、それは間違いだったとハッキリ言えます。

    炭はいっけん自然の物の様だけど、じつは土に還らない。

    そうして長年かけて埋められた炭がたまってしまい、使えなくなった野営地があちこちにあると聞きました。

    キャンパーとして、それは悲しい。

    正直、遊びにまでルールだモラルだ言うのはあまり好きではないんですが、やっぱり、最低限の心遣いってのはありますからね。

    自然のなかに捨てられた焚き火跡や炭を見るのは、たしかに気持ちのいいものじゃない。

    ちゃんとした後始末のためにも、火消しつぼは、やはり必須の道具だなって思うのです。

    そんなに高価でもないしね。

    焚き火シートとあわせて、持っておくと安心です。

    created by Rinker
    ZEN Camps
    ¥3,980 (2024/06/19 02:46:42時点 Amazon調べ-詳細)
    テントトリップ
    ページが見つかりません。 | テントトリップ 猪苗代や裏磐梯を中心に、のんびりとシンプルに過ごすソロキャンプの様子を伝えるブログです。ギアのレビューやソロのノウハウなど、キャンプにまつわるアレコレを発信。ソ...

    ちなみに、バックパックキャンプのときは、コンパクトな袋状のものを使っています。

    あわせて読みたい
    バックパックにも入るコンパクト火消し壺! 中華製アッシュサックの使用レビュー こんにちは、シズワです。 焚き火後の炭の処理に、『アッシュサック』なるものを買ってみました。 要は耐熱性の袋でして、ここに炭を入れて消火したのち持ち帰るという...
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    目次