やっぱり最高!フォレストパークあだたら連泊ソロキャンプ【1日目】

キャンプのスタイルは皆それぞれ。

ぼくはと言えば、いつもはまるで映えのない、質素で簡素なシンプルさを楽しんでいますが、ときどき金に糸目を付けない豪華なソロキャンプを嗜みます。

それが年に数回の、フォレストパークあだたら温泉キャンプ。

ちょっと良いお酒をのんでみたり、高いお肉を貪ったり。

普段は使わない大きめの道具を持ち出して、快適性全振りの、ゆったりのんびり吞んだくれライフを満喫するのです。

映えないのは相変わらずだけどね

秋はキャンプに、そして温泉にも最高の季節。

3日間ほど時間を確保して、そのフォレストパークへ、恒例の豪華な温泉ソロキャンプへ行ってきました。

目次

年に数回の恒例キャンプ!【フォレストパークあだたら】で温泉ソロ

自然の豊かさと文明の便利さが絶妙に調和するフォレストパークあだたらは、質素なスタイルを好むぼくが、唯一利用する高規格キャンプ場です。

高規格の利便性はそのままに、出来るだけ自然に寄り添うスタンスが大好き!

そして温泉も最高です。

前回泊ったとき、すっかり連泊の良さに目覚めてしまいました。

あわせて読みたい
連泊の良さが分かった!フォレストパークあだたらで初めての連泊ソロキャンプ こんにちは。基本的にキャンプは1泊派のシズワです。 連泊にはさほど興味はありません・・・でした。 というのも、手間も荷物も増えるから、ちょっと敬遠していました。...

もちろん今回も連泊、2泊3日の予定です。

いつものように、ダンロップの4人用テント【VK40】を持ってきました。

やっぱり、山岳テントは設営がラクでいい。ラクなの大事。うんすごく大事。

4人用とはいえ大きすぎるコトはなく、210×210cmのサイズはソロでゆったりするのに丁度いい大きさです。

高さが120cmあるのもありがたい。

年のせいか、最近は腰痛が気になるのです・・・。

テント内は寝袋のほか、座椅子とテーブル、セラミックヒーターを設置して、すっかり寛ぎの空間。

テントの外には前室代わりに、普段なら雨の日くらいしか出番のないユニジアの4×3mタープを張って、のんびりすごす準備は万端です。

あわせて読みたい
格安!unigear(ユニジア)タープのレビュー・ループが多く色々な張り方が楽しめる! こんにちは、shizuwaです。 unigear(ユニジア)というメーカーのタープを購入しました。 いわゆる中華アイテムというやつですが、これがなかなか良い具合。 ループが多く...

2ルームのような囲まれた安心感はありませんが、やっぱりぼくは、オープンタープの解放感が好き。

さあて、2泊3日、羽を伸ばすとしましょうか。

フォレストパークあだたらの心地良さ

できるだけ静かにすごしたいので、キャンプするのはほぼ平日です。

もちろん今回もそう。ぼっち気質なのは、自覚ありw。

多くのキャンパーさんで賑わうフォレストパークも、数年前までは平日ならCサイトに数組のみと、とても静かな環境だったのですが、今はブームの真っ盛り。

Cサイトの他に、Eサイトも解放されていました。

とはいえ混雑というほどでもなく、管理がしっかりしているおかげで騒ぐ人もおらず、相変わらずの快適さ。

高規格は頻繁に来る気にはならないけれど、たまの贅沢キャンプとして、やっぱりココ好きだなぁ。

そしていつもの散歩タイム。

場内の森はすっかり秋が色濃くなって、日陰は肌寒くぶるりと冷える。

でも、それが心地良い。

ぼくはもともと散歩が好きで、気付けば3時間歩いていた、なんてこともあるくらい。

それはもはやトレッキングでは?

って気もするけれど、あてもなくブラブラするのが良いのだから、やっぱり散歩なのだと思う。

そのお供にと、一時期はイヤフォンに凝ってみたりもしたっけなぁ。

でも結局、使わなくなってしまった。

当たり前だけど、その場には『その場の音』がちゃんと存在してて、それに意識を向けて耳を傾けるのを退屈と感じなくなったのは、いつからだろう?

『空気の波』としての音だけでなく、たとえば植物のグラデーションや、雲を抜ける陽の移り変わり、肌を撫でる風の温度など、視覚や触覚で感じるリズムにも音はある。

もちろん嗅覚も。

直接耳に響くわけではなく、なんというか、脳で感じる音の感覚、みたいな?

ちょっと抽象的だけど。

その感覚がね、フォレストパークはいつも心地良いのです。

おでんと焼き鳥、ラジオの夜

散歩をしたり本を読んだり、いつものキャンプのようにまったりとした時間がすぎていく。

けれど、そのまったりの純度が段違いに高いのが連泊の良さ。

それに身をゆだねるのが許されるのも連泊の良さ。

要するにね、何もしていないのですよ。

だからね、写真もないのです。

ブロガーとしてそれってどうなのよ?』とは思うけれど、ぼくはブロガーの前にいちキャンパーとして、この時間を最大限に満喫したいのです。

言い訳ですゴメンナサイ

というわけで写真が無いもんだから、時間は飛んで、夜。

夕食は久しぶりに持ち出した『キャプテンスタッグ・カマドスマートグリル』での卓上炭火調理です。

使ったのは1年以上ぶりだけど、やっぱりイイ道具だなぁと思う。

おでんと焼き鳥を、ビール飲みながらじっくりと調理していきます。

最近は、スーパーでも『ご当地おでん』なんてモノが手に入って、いろいろ食べてみるのも面白い。

created by Rinker
真富士屋
¥1,000 (2022/11/29 18:34:28時点 Amazon調べ-詳細)

けっこう違いがあるもんですね。

焚き火の炎で豪快に調理するのもアウトドアっぽくて良いけれど、こうやって卓上でチマチマやるのも楽しいです。

熱々のおでんをハフハフと頬張っていると、焼き鳥がじゅうっと火の通り具合を知らせてくる。

ワリと忙しい。けど、なんだかノンビリ。

そんな炭火とのやりとり。ビールの味わいは、確実に10倍は増しています。

おでんと焼き鳥はさらに倍。

もう美味すぎて、お隣さんにこの感動を伝えたいほど!

行動には移しませんけどねw

いつもの携帯ラジオでは電波の入りがイマイチなので、親父からちょっと大きめのラジオを借りてきてみたら、これが大正解。

「こんなにも違うものか!」

ってほど、しっかり受信してくれます。

ソロにとってラジオは防犯アイテムも兼ねていて、自分のサイトを離れる際テントの中でつけっぱなしにしています。

なので地味に重要アイテム。

ここまで受信具合に差があるのだと、買い替えも考えてしまうなぁ・・・。

created by Rinker
東芝(TOSHIBA)
¥3,900 (2022/11/29 19:19:54時点 Amazon調べ-詳細)

けれど単1乾電池を3本も使うから、ちょっと重いのが難点。

まぁ、車なら関係ないか・・・。

寝袋に包まりながら、聞くともなしに聞いていると、やがて穏やかな睡魔がやってくる連泊キャンプ1日目の夜。

2日目に続きます。

あわせて読みたい
やっぱり最高!フォレストパークあだたら連泊ソロキャンプ【2日目】 キャンプに来ると、ときおり無性に食べたくなるのが、朝甘味。 あんみつとかドーナツとか、フレンチトーストなんかも魅力的だけれど、寒さを感じる時期にはやっぱり、お...
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次