SOTO・スライドガスマッチの火がつかない時は【寒冷地用ガス】がおすすめ!

こんにちは、シズワです。

ぼくがキャンプで愛用しているライターは、伸びる火口とタフそうな外見が人気の『SOTO・スライドガスマッチ』。

ターボライタータイプのスライドガストーチと共に、アウトドアでは定番のライターです。

ただ、『なかなか火がつかない』という意見をよく目にします。

でも不良や不具合を疑う前に、まずはガスを替えてみて

すべてとは言えませんが、それで解決するケースも多いと思います。

目次

スライドガスマッチ/トーチは便利カッコイイ!

スライドガスマッチは、日本の火器メーカーの雄、SOTOこと新富士バーナーの製品です。

兄弟分のスライドガストーチとあわせ、キャンプ好きなら知らない人はいないんじゃないか?ってくらいの定番アイテムですよね。

約1,500円とライターとしては非常に高価なのですが、使ってみると『人気もなっとく!』の良さがあります。

ぼくがスライドガスマッチに魅力を感じるのは、この3点。

  • 火口が伸びる
  • 燃料を充てんできる
  • アウトドアライクな外見

場面によってはすごく便利だし、長い目でみればコスパだってイイ!

とてもおすすめ出来るアイテムです。

普通のライターのようなユラユラした炎が出るスライドガスマッチと、

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥1,510 (2021/10/17 20:25:00時点 Amazon調べ-詳細)

風に強い、ターボライターのようなバーナー炎を出すスライドガストーチがあります。

火口が伸びる

火口が無段階で伸び、最長約75mm。

固形燃料やアルコールストーブなどに着火するとき、とても便利です。

『にゅん!』と伸びるギミックがそそる!

燃料が充てん式

使い捨てではなく、燃料を充てんする方式です。

カセットガスやライターガスを使用します。

長い目でみれば経済的だし、なにより、ライターを廃棄するのって面倒じゃないですか?

その手間がないだけでもイイ!

ライターの廃棄はしっかりガスを抜いたあと、各自治体のゴミ区分に従い処分します。そのまま捨てるのは大変危険です。

アウトドアライクな外見

タフそうな見た目は存在感があり、なんと言ってもカッコイイ!

焚き火などに火をつけるとき普通のライターでは気分がでませんが、こいつならバッチリ。

アウトドアの道具』って感じが溢れてます。

普通のライターより一回り大きなサイズも、グリップが良くしっかりと握れてぼくは好き。

寒冷地用ガスで火つき良好に

キャンプではとても人気のスライドガスマッチ/トーチですが、『なかなか火がつかない』という声をよく耳にします。

何回もカチカチしないと点火しないのは、実際にぼくの持つ個体でも体験しました。100円ライターの方がまだつくよ!ってくらい。

でも、それで不良と判断するのはちょっと待って!

その前に、使用するガスを替えてみて下さい。

びっくりするくらい、すぐ点火するようになります。

それでもつきが悪いときは、30秒間握る。人間はけっこう暖かい。

もちろん中には良くならない、本当の不良もあるかと思いますが、ほとんどの個体はこれで改善するんじゃないかと思います。

寒冷地ガスをつかおう

スライドガスマッチ/トーチに入れるガスは、CB缶と呼ばれる、いわゆる普通のカセットガスです。

コスパの良さが特徴ですが、スライドガスマッチ/トーチに使う場合、よくホームセンターなどで3本200~300円くらいで売っている安いものではダメです。

少し寒くなると、すぐつかなくなってしまいます。

このCB缶、じつは寒冷地用のガスがあるのをご存じですか?

パワーガスとかゴールドガスという名称で、低温に強い『イソブタン』や『プロパン』が配合されています。

これらのガスを使えば、スライドガスマッチ/トーチは低温時でもしっかり着火するようになりますよ!

違う種類のガスを補充する場合は、もとのガスをしっかり使い切ってから入れましょう

他社製のガスでも大丈夫ですが、保証の観点からもSOTOのモノを使うのが安心です。

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥814 (2021/10/17 20:25:01時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
新富士バーナー(Shinfuji Burner)
¥285 (2021/10/17 20:25:02時点 Amazon調べ-詳細)

ぼくが使っているのは、イワタニのパワーゴールドです。このガスを入れるようにしてからは、-3~4℃の冬キャンプでもちゃんと着火するようになりました。

created by Rinker
Iwatani(イワタニ)
¥988 (2021/10/17 20:25:03時点 Amazon調べ-詳細)

コスパが良いのはTOHO。

created by Rinker
東邦金属
¥708 (2021/10/17 20:25:04時点 Amazon調べ-詳細)

ただ、いくらガスを寒冷地用に変えても、圧電着火方式は【気圧・気温】が下がると火がつきづらくなるので、万全ではありません

マッチやファイヤースターターなどと併用するのが安心です。

まとめ

ぼくも初めは、寒くなるとだんだん火のつきが悪くなるスライドガスマッチに、「これダメじゃん」と思いました。

でもガスを替えてみたら安定してつくようになり、評価は一変。

「これは良いものだ!」

と感じています。

ちなみに、ぼくが『バーナータイプのトーチ』ではなく、『ライタータイプのマッチ(ややこしいな!)』を愛用する理由は、勢いのあるバーナー炎より、柔らかな火で着火する方が好きだから。

完全に好みです

アウトドアでの使用であれば、風に強いスライドガストーチの方が使い勝手は良いと思いますが、スライドガスマッチだって、【火を手で被う】【風上に背を向ける】等で問題なく着火できます。

というか、この一手間が好きなだけです。

どちらにせよ、両タイプともギミックビジュアルで、アウトドア心を鷲掴みにしてくる良い道具です。

なかなか火がつかなくて「不良かな?」と判断する前に、寒冷地用のガスを試してみて!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる